« 本田から生まれた数多くの選択肢 | トップページ | 成長を続ける韓国のダイナモ、朴智星 »

ベッカムの負傷、さまざまな感情

2010/03/16(火)

2010年3月15日:日曜日、ACミランでプレーしていたデビッド・ベッカムが脚を負傷したとき、世界中のサッカーファンの嘆きとため息が聞こえてきそうだった。 一見してすぐに、負傷は深刻なものだと分かった。誰とも接触していなかったからだ。それに、ストレッチャーの上で苦悶する彼の姿がすべてを物語っていた。彼のワールドカップは開幕を待たずして終わってしまったのだ、と。

たくさんのベッカム・ファン――私もその一人だが――は、南アフリカで代表チームの一員としプレーすることなく、彼の国際的なキャリアがこんなふうに終わってしまうことを残念に思っている。もちろんそれは、驚異的な回復や、ありえないような復活劇がないという仮定の上での話だが。
ただし、ベッカムがスリーライオン(イングランド代表のエンブレム)を身に着けないことを多くのベッカム崇拝者が悲しく思っている反面、彼がワールドカップ代表の地位を獲得できなくなったことを喜ばしく思う人も多くいるだろう――ここで言っているのは、英国メディアの話である。
まさにそうなのだ、日本の読者のみなさん、私は冗談を言っているわけではない。このような発想は、自分たちのスター選手を崇拝し、良いときも悪いときも一貫して支えようとする日本のファンにはなじみがないのは分かっている。

私は、2006年のワールドカップ・ドイツ大会おいてイングランドの試合を4試合観戦したが、一部のイングランド・メディアによるアンチ・ベッカムのコメントには驚かされた。連中はベッカムに対する嫌悪と軽蔑を隠そうともせず、ベッカムはもともとインチキのイングランド代表であり、他の代表選手と同じフィールドでプレーする資格がないという論陣を張っていた。
イングランドの新聞記者二人が殴り合いをしそうになったこともあった。一人がベッカムに襲いかかろうとし、もう一人がベッカムを守ろうとしていたのだ。私はそのときに、ベッカムが南アフリカ大会代表になった4年後が思いやられる、と暗鬱な気分になった。

もっとも、今ではそのような心配も無用となり、メディアがベッカムにまつわる騒動ではなく、サッカーそのものに集中できるようになったのは、ある意味では救いでもあるかもしれない。でも、連中のことだから、他のもっとばからしいネタを発見して、そちらに注意を向けるようになるのだろう、と私自身は思っているが。

私の場合、クラブと代表への貢献により、ベッカムがサッカーの巨人であることに変わりはない。1998年、私はサンテチエンヌでのアルゼンチン戦で彼が退場処分を受けたシーン――愚かで無分別であったのは認めるが、レッドカードを出されるような行為では決してなかったというゲリー・リネカーの意見を私は支持する――を目撃したし、その4年後の札幌ドームでは、アルゼンチン戦の決勝点となる、彼の炎のPKも見た。

これから、ベッカムの苦境を嘲笑い、彼の負傷を祝い、そうなって当然だと語る人々が登場するだろうが、そうしたこと自体が、メディアと一般の人々の考えがいかに乖離しているかを示しているのである。それは、先週、ミランのメンバーとして彼が戻ったときのオールド・トラフォードの反応、それから日曜日、彼の負傷に対するクラブ上層部の反応を見れば明らかだろう。
ホントを言えば、彼のタトゥーだけは好きになれなかったけれど……。

固定リンク | コメント (9)

コメント

人様のブログで、話題と関係無い選手のコメントをするのは迷惑行為です。
そんなに自分の意見を主張したいなら自分自身でブログをすれば?

中村や本田の話しは関係無いですよ。

投稿: 力抜けよ | 2010年3月21日 (日) 13時32分

>みんな俊輔のCLや強豪国相手の活躍に熱狂したんだろうに。

因みに何戦で熱狂したのか教えて欲しい
CLもフリーキックだけでしょ
ミラン戦では消えてたからイタリア紙に「中村は寝てた」だの「セルティックは10人で戦っていた」とか馬鹿にされてた事ばかり憶えているけど

四年前のドイツではブラジル戦で失点の起点になってた事も憶えているし、この前の代表のオランダ遠征でオランダの監督に名指しで穴だと指摘されていた事も記憶に新しい


投稿: | 2010年3月21日 (日) 07時14分

今回の怪我ギャラクシーの人にはどう写ったんだろう

投稿: ★ | 2010年3月19日 (金) 05時13分

口を閉ざせとか意味不明(笑)

選手に対する敬意がないわ。
中村は別に暴行したとか不倫したわけじゃないだろ。

本当に器が小さいわ

投稿: プリズナー | 2010年3月19日 (金) 00時17分

中村はリスペクトされたいなら口を閉ざした方がいい。
ついでに代表も引退した方がいい。チーム、主に内田の、足を引っ張ってる。

投稿: 7743 | 2010年3月18日 (木) 18時12分

>本田さんマジかっけー
 茸ショボ

日本にも同じようなのが最近大量発生。

上り坂の本田と下り坂の俊輔という構図に分かり易い反応。

みんな俊輔のCLや強豪国相手の活躍に熱狂したんだろうに。

もちろん代表の選考とかは、その時の実力や状態で判断されるべきなのは当たり前。

ただ一部の人達は今まで楽しませてくれた選手への、最低限のリスペクトが足りないんじゃないの?

投稿: ゲル兄 | 2010年3月17日 (水) 14時24分

私も、今回の記事、とてもおもしろく読みました!

本当に、ベッカムのタツゥーは好きになれませんね。

どういうきっかけで、かれはタツゥーを入れはじめたんでしょうか?

投稿: 吉川 | 2010年3月17日 (水) 13時06分

嫌な発言をするのは、腐ったメディアだけではない!

ttp://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20100317-607053.html
本田「日本人初とか興味がない。僕が目指しているところははるか上なんで」


ttp://blog.goo.ne.jp/kusomiso1/c/53b1bd2edb37d8f1e6c39e704ac71254
中村「ちょっと調べたんだけど、W杯で日本人で2点取ってるのはイナ(稲本)だけでしょ。だから、1点取れば並ぶんだよ。
     それでもう1点取れば日本人でトップに立てるんだよね。あと中盤で30歳超えてW杯出た選手っていないんだよ。」

本田さんマジかっけー
茸ショボ

投稿: ! | 2010年3月17日 (水) 11時36分

今回の記事、面白かった!
オチも決まってるし(笑)。
日本の記者がかわいく思えました。

>そうしたこと自体が、メディアと一般の人々の考えが
>いかに乖離しているかを示しているのである。

この辺は、我々も誘導されない様に気をつけたいですね。

投稿: ケン | 2010年3月17日 (水) 01時48分

この記事へのコメントは終了しました。