« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

成長を続ける韓国のダイナモ、朴智星

2010/03/23(火)

クラブ、代表、そしてアジア・サッカーへの朴智星(パク・チソン)の功績は計り知れない。
日曜日、オールド・トラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド対リバプール戦の生中継を観た人はきっと、この精力的に動き回る韓国人ミッドフィルダーがまたも見せた素晴らしい働きが印象に残ったことだろう。

最高の場面は、もちろん、ユナイテッドを2-1の勝利に導く決勝点となった、見事なダイビング・ヘッド。体を空中に投げ出して合わせたヘディング・シュートが有名なストレトフォード・エンド(オールド・トラフォードのホーム側ゴール裏スタンド)側のゴールに突き刺さったのである。朴本人だけでなく、彼の成長を助け、スターへの道のりを後押ししてきた人々にとっても、まちがいなく誇りに思える瞬間であった。
そうした人々のなかにはピム・ファーベークもいることだろう。つい最近、私は埼玉スタジアムでピムにインタビューし、朴について聞いてみた。このオランダ人が言うには、京都パープルサンガからPSVアイントホーフェンに移籍したばかりの朴は、大したことがないと思われていたそうだ。

洗練され、技術的にも長じたオランダの選手たちはもともと朴について、サッカー選手らしい走り方をしない、プロのサッカー選手に見えない、サッカー選手のようなプレーをしないという感想を抱いていたらしい。ただし、最終的には、朴の方がその真面目さ、練習熱心さ、ピッチ上でのエネルギー、チームのために自分を犠牲にして走り回る姿勢により彼らを上回るようになった。
実際、プレー自体もなかなかのものになっており、あるシーズンでは、チャンピオンズリーグ準決勝のACミラン戦でのパフォーマンスが、オールドトラフォードへの移籍を決める大きな要因となった。

ゴール前ではまだ少し粗いところがあり、不注意なパスを出したり、密集のなかに走りこみボールを奪われたりすることもある朴だが、フレッチャーキャリックと彼とのコンビネーションにより、ユナイテッドはリバプールとの試合の大半を支配することができたのである。
私が朴について本当に素晴らしいと思うのは、ボールと相手選手の間への体の入れ方で、背後から体を当てられたり、足首を削られたりすることを怖れないところだ。ボールをキープする際の体の使い方がとても上手く、いったんその体勢になってしまえば、相手選手がボールを奪うのはかなり難しくなる。そのため、彼は数多くのフリーキックをもらっている。相手選手が背後からボールに触れようとするとファウルになるからである。

ピムはこのインタビューにおいて、朴は技術的には中田や小野中村ほどではないが、その身体的なスタミナ、エネルギー、チームへの忠誠心では日本の才能豊かな3人をすでに上回っているとも述べた。日曜日の鮮やかな決勝ゴールにも、朴のこの特色がよく表れていた。

固定リンク | コメント (0)


ベッカムの負傷、さまざまな感情

2010/03/16(火)

2010年3月15日:日曜日、ACミランでプレーしていたデビッド・ベッカムが脚を負傷したとき、世界中のサッカーファンの嘆きとため息が聞こえてきそうだった。 一見してすぐに、負傷は深刻なものだと分かった。誰とも接触していなかったからだ。それに、ストレッチャーの上で苦悶する彼の姿がすべてを物語っていた。彼のワールドカップは開幕を待たずして終わってしまったのだ、と。

たくさんのベッカム・ファン――私もその一人だが――は、南アフリカで代表チームの一員としプレーすることなく、彼の国際的なキャリアがこんなふうに終わってしまうことを残念に思っている。もちろんそれは、驚異的な回復や、ありえないような復活劇がないという仮定の上での話だが。
ただし、ベッカムがスリーライオン(イングランド代表のエンブレム)を身に着けないことを多くのベッカム崇拝者が悲しく思っている反面、彼がワールドカップ代表の地位を獲得できなくなったことを喜ばしく思う人も多くいるだろう――ここで言っているのは、英国メディアの話である。
まさにそうなのだ、日本の読者のみなさん、私は冗談を言っているわけではない。このような発想は、自分たちのスター選手を崇拝し、良いときも悪いときも一貫して支えようとする日本のファンにはなじみがないのは分かっている。

私は、2006年のワールドカップ・ドイツ大会おいてイングランドの試合を4試合観戦したが、一部のイングランド・メディアによるアンチ・ベッカムのコメントには驚かされた。連中はベッカムに対する嫌悪と軽蔑を隠そうともせず、ベッカムはもともとインチキのイングランド代表であり、他の代表選手と同じフィールドでプレーする資格がないという論陣を張っていた。
イングランドの新聞記者二人が殴り合いをしそうになったこともあった。一人がベッカムに襲いかかろうとし、もう一人がベッカムを守ろうとしていたのだ。私はそのときに、ベッカムが南アフリカ大会代表になった4年後が思いやられる、と暗鬱な気分になった。

もっとも、今ではそのような心配も無用となり、メディアがベッカムにまつわる騒動ではなく、サッカーそのものに集中できるようになったのは、ある意味では救いでもあるかもしれない。でも、連中のことだから、他のもっとばからしいネタを発見して、そちらに注意を向けるようになるのだろう、と私自身は思っているが。

私の場合、クラブと代表への貢献により、ベッカムがサッカーの巨人であることに変わりはない。1998年、私はサンテチエンヌでのアルゼンチン戦で彼が退場処分を受けたシーン――愚かで無分別であったのは認めるが、レッドカードを出されるような行為では決してなかったというゲリー・リネカーの意見を私は支持する――を目撃したし、その4年後の札幌ドームでは、アルゼンチン戦の決勝点となる、彼の炎のPKも見た。

これから、ベッカムの苦境を嘲笑い、彼の負傷を祝い、そうなって当然だと語る人々が登場するだろうが、そうしたこと自体が、メディアと一般の人々の考えがいかに乖離しているかを示しているのである。それは、先週、ミランのメンバーとして彼が戻ったときのオールド・トラフォードの反応、それから日曜日、彼の負傷に対するクラブ上層部の反応を見れば明らかだろう。
ホントを言えば、彼のタトゥーだけは好きになれなかったけれど……。

固定リンク | コメント (9)


本田から生まれた数多くの選択肢

2010/03/09(火)

2010年3月8日:本田圭佑がフォワードだって?
日本がバーレーンと戦った先日の夜、この起用法には正直言って驚いたが、少なくとも岡田武史監督がチームを活性化する方法を真剣に模索しているのだということはわかった。
試合の2日前、私は、日本サッカーの観察者である同僚の外国人と本田について話をしていた。日本代表の中盤中央の理想的な組み合わせは稲本と本田だろう、とその同僚は話した。日本代表が中盤やペナルティエリアの外側で何の成果もない小さなパスを繰り返すのを見るのはもう飽きた、とも彼は、言っていた。

さらに、稲本と本田の両選手は試合をしっかりとコントロールして、何かを起こしそうな雰囲気があったし、気迫を込めたプレーで試合の主導権を奪う準備ができている状態になっており、とくに本田からは、距離に関係なくいつでもゴールを狙ってやろうという思いが見てとれたそうだ。
「でも、長谷部と遠藤のコンビはどうだい?」と私は反論した。「岡田監督はこの2人をエンジンルームに起用するのが大好きなのだが」
このコンビなら、俊輔と憲剛、松井と大久保に合わせれば、中盤を幅広く使えるだろうね、と同僚は述べた。つまり、彼は中盤にパワーと冒険心が欲しいと思っていて、稲本と本田なら守備面でも、攻撃面でもそれを提供してくれると考えているのだ。

岡田監督も同じようなことを考えていたに違い。バーレーン戦で本田をフォワードに起用したのはまさに上記のような理由があったからだし、彼を積極的に攻撃に参加させることで、攻撃を活性化し、試合を有利に進めたいと考えたのだろう。
最初に書いたように、この起用法にはびっくりした。本田はサイドでプレーする選手で、利き足を活かせる左サイドでは堅実な左バックの前でプレーするオーソドックスなウィングとして機能し、右サイドではサイドから中央に切れ込んで、驚異的な左足で鮮やかゴールを奪うのが持ち味だとずっと思っていたからだ。

どの位置でプレーするにしても、本田にはこのような冒険心を持ち続け、試合の主導権を奪うのだという自信をなくさないようにして欲しい。
長谷部に遠藤、それから俊輔にも豊富な経験が備わっているが、試合の流れをしっかりつかみ、試合を支配する能力がまだ欠けていると私には思えるし、チームがステップアップするため、さらにチームが緊急事態に陥ったときにチームメイトを鼓舞するためにはこのような能力が不可欠なのである。

固定リンク | コメント (2)


松井と森本にはW杯代表がかかった試合

2010/03/02(火)

2010年3月1日:両チームとも来年1月にドーハで行なわれるアジアカップ本大会への出場資格を得ているものの、水曜日の日本対バーレーン戦は、ヨーロッパから帰ってくる、少なくとも2人の選手にとっては依然として重要な意味を持つ試合になるのかもしれない。
私の言う「2人」とは松井大輔森本貴幸のことで、両選手とも南アフリカ行きの代表最終選考に残れるかどうかはまったく不確かな状況だ。

カターニャで見せている潜在能力の高さから、森本がチームの救世主になるかもしれない、と多くのファンが信じている――あるいは「願っている」が適切な表現かもしれない――としても、代表でのキャリアという冷酷で、厳粛な事実がその思いに水を差す。森本がこれまで日本代表でプレーしたのは、途中交代で出場したスコットランド戦と先発出場したトーゴ戦の2試合だけなのである。
トーゴ戦では鮮やかなゴールを決めたが、相手の質が期待していたのとは程遠い状態だったし、5-0といスコアは日本代表のこれまでの試合で最大の点差の一つだった。

森本に期待が集まるのは、もちろん、日本代表に頼れるストライカーがいないせいなのだが、彼がワールドカップ(W杯)代表の座を確固たるものにするためには、今後も日本代表で存在感をアピールする必要がある。バーレーン戦では、確かなパフォーマンスと力強さ、前線を率いる存在感が岡田監督の求めるものとなるのだろうが、森本がゴールを一つか2つ決めることができれば、まさに岡田監督の要求への満額回答となるだろう。

松井については、代表チームでの評価がいまだ定まっておらず、真価を発揮できないときも岡田監督は我慢強く見続けてきた。この点は、大久保への対応と本当に類似している。
松井はいつも彼らしいプレー――柔らかなボールタッチと動きの良さがあり、危険で精力的――をしているのだが、結果が伴わないことが多い。派手な技巧を減らし、もっと確実なプレーをすべきであると私は今でも感じており、バーレーンとの今回の真剣勝負は彼がそのようなプレーをする格好の機会となるだろう。

ヨーロッパから招集される選手のなかでは、長谷部本田が南アフリカ行きの切符をほぼ手中にしており、松井や森本のようなプレッシャーを感じることはないだろう。
両チームとも予選突破という課題は達成しているものの、今回の試合はまだ重要な意味を持っているのである。

固定リンク | コメント (4)


« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »