« 代表はどうなってしまうのか? | トップページ | 松井と森本にはW杯代表がかかった試合 »

俊輔の復帰が日本を盛り上げるかも

2010/02/23(火)

2010年2月22日:現在、日本のサッカーには盛り上がりが必要であり、中村俊輔がそれを提供してくれそうな雰囲気だ。ファン、メディア、それからひょっとすると選手たち自身も東アジアサッカー選手権での代表チームの低迷ぶりに意気消沈し、何か明るい材料、自尊心と自信を高めてくれるようなものを必要としている。
だから、スペインで期待に応えられなかったからという理由であっても、俊輔の帰国を歓迎するムードには変わりはなく、彼は帰ってきたヒーローなのである。

中村俊輔がセルティックを去る決意をした昨夏に彼の獲得に失敗したマリノスは、今度は同じ失敗を繰り返したくないだろうし、年俸や契約期間、契約金の交渉になれば中村サイドに席を蹴られないよう万全の体制を敷くだろう。契約はまだ成立していないが、両者が速やかな契約合意を望んでいるようなので、中村は余裕を持ってJリーグに帰り、試合に向けて体調を整えることができる。
それから、注意をワールドカップに向ければいいし、岡田武史監督とっては、俊輔をエスパニョールのベンチに座らせているより日本に戻す方が安心だろう。

スペインではうまくいかなかったが、かの地に移り、子供時代からの夢を叶えようとした中村を、誰も批判することはできない。私自身も、お金が一番の理由だったとは考えてもいない。31歳になった彼が大好きだったリーグでプレーするチャンスを受け入れようとしただけで、そのチャンスを見過ごしたなら彼は選手生活の残りの期間、ずっと後悔していたことだろう。

スコットランド――ヨーロッパの低レベルのリーグで、そこの2大クラブの一つでプレーしていた――から、スピードがはるかに速くて、競争も厳しく、チームもエリート・クラブではないスペインへの移籍は、選手生活の後期に差しかかってきた彼にとっては負担が大きすぎることが明らかとなった。
しかし、俊輔の評価は損なわれてはいないし、彼は今でもその経験を大いに活用することが可能であり、刺激を本当に必要とする現在の日本のサッカー界に彼のスター性が新風を吹き込むかもしれない。

固定リンク | コメント (9)

コメント

低レベルのスコットランドでプレーしてた選手がスペインで活躍できる筈は無いって事ですね

しかし中村俊輔選手はそれ以前の問題があったみたいな

コミュニケーションを全くとらなかったみたいですね
そりゃ試合中にパスはきませんね

投稿: (*_*) | 2010年2月28日 (日) 04時03分

俊輔がどれくらい活躍できるのか?はJリーグの指標となりえます。
楽しみです。
彼が活躍するようなら、JリーグのDFのレベルはヨーロッパの主要リーグには
ほど遠い事を示し、
彼が抑えられるDFがいるなら、JリーグのDFはぜひヨーロッパへの挑戦をして欲しい。

予想としては、活躍はできないと思う。
なぜって、もう瞬発力というか一歩目が遅すぎて
寄せられると、スペインでもやってたというバックパスしかできないと思うので。

投稿: ニワ | 2010年2月27日 (土) 13時37分

中村俊輔は日本の恥部。
なぜか日本より欧州での評価が高い本田に期待したい。

投稿: あ | 2010年2月27日 (土) 01時36分

中村が帰ってきたくらいで自尊心や自信が高まるとは思えない。
日本人でないジェレミーさんが、そうやって盛り上げようとしてくれるのは嬉しいけど。
もう諦めたほうがいいね。

投稿: | 2010年2月24日 (水) 05時32分

これで逆に“海外組”という免罪符が無くなったし、今の俊輔がJでどれだけやれるのか興味深いです。
高原になるのか小笠原になるのか
エスパニョール留まるよりマリノス移籍のほうがW杯メンバー落選のリスクあるんじゃないかなと

投稿: | 2010年2月23日 (火) 23時22分

>俊輔の帰国を歓迎するムードには変わりはなく

ちゃんとムードを読み取ってください…

投稿: | 2010年2月23日 (火) 22時43分

マリノスの補強ポイントではないんですが…
せっかく若返りを図り結果が実りつつあったのに監督も代え、高額なロートルを取りと…
今後が不安で仕方ありませんよ。

投稿: | 2010年2月23日 (火) 21時50分

中村俊輔の復帰は日本サッカーに明るい話題をもたらしてくれるだろう。マリノスにも。

投稿: | 2010年2月23日 (火) 20時17分

正直、もう終わったプレーヤー。
全盛期は五年前のコンフェデくらいが妥当。
日本に戻ってきても以前通りに徹底マークしとけば完全に消える事は間違いない。

投稿: | 2010年2月23日 (火) 14時00分

この記事へのコメントは終了しました。