« ゴン ~J2クラブが狙う大物~ | トップページ | 世界のサッカーを損なうアンリの“神の手アシスト”事件 »

ディフェンスにバランスをもたらした稲本の起用

2009/11/19(木)

2009年11月17日:岡田武史監督率いる日本代表について私がいつも憂慮していることの一つは、4バックを前でサポートする存在がいないということである。しかし、監督はこの問題に取り組み始めたようで、南アフリカ戦では稲本潤一をディフェンスの前に置き、中盤のスィーパー役を務めさせた。この配置によって、日本代表は4バックの前にもう一つの防衛線を持てただけでなく、長谷部遠藤がより自由に前に攻め込み、ゲームのテンポをコントロールできるようになった。実際、長い時間2人はこのようなプレーができた。

日本代表はチーム全体にわたってディフェンスの厳しさが足りない、と私はこれまで考えてきた。アジアの国々――どちらかというとヨーロッパのサッカーに近いオーストラリアを除く――を相手にした場合、日本はこのようなアプローチでも対抗することができたが、来夏に南アフリカで対峙するような大柄で、タフなチームを相手にした場合には、トラブルを招きかねない。
長谷部と遠藤はどちらもテクニックのある良い選手だが、基本的には攻撃型の選手であって、2人が中盤の中央で一緒にプレーする場合には守備面での貢献はあまり期待できない。

4-2-3-1であれ4-4-2であれ、岡田監督の通常のラインナップでは中村俊輔が右サイドにくるため、反対側のサイドに誰がきても――たとえそれが中村憲剛であれ、大久保であれ、松井であれ、本田であれ、岡崎であっても――チーム全体のディフェンスの構造はどうしても軽くなってしまう。日本がプレッシャーをかけられているとき、誰が両サイドのバックをサポートするのだろう? 俊輔? 松井? 私には無理なように思える。
また、相手が中央突破で攻撃をしかけてきたとき、ピッチの中央で抗戦できるのは誰だろう? 遠藤? 長谷部? どうもしっくりこない。それは彼らのプレー・スタイルではないからだ。

そういうわけで、南アフリカ戦でその位置に稲本を起用したのを好感している。稲本はタックラーにして、ボールを奪うのが上手く、相手の攻撃を分断することができ、日本の守備を補強することができるからだ。稲本以外にも同じように中盤のスィーパー役を務められる選手は何人かいる。たとえば、阿部か今野、あるいはその役割なら、忘れられた存在となっている明神もいいかもしれない。
このような起用を見られたことを0-0のドローとなった南アフリカ戦の収穫としたいし、日本代表にはボール扱いのうまい選手だけでなく、今後は中盤の筋肉もさらに強化して欲しい。

固定リンク | コメント (6)

コメント

少し違うかもしれませんが、リパプールがシャビアロンソの
抜けた穴を埋められないのも、名古屋がACLのイテハドのホームで
崩壊したのも、そこで頼れる人物がいないのが原因のような気がします。

個人的には明神と長谷部、もう一度落ち着かせるために
交代で明神と遠藤にするとか。

もう一つは、内田の守備の負担を減らすために、長谷部を右に。

最後に、前線の1トップ?3トップ?0トップ?みたいに
小柄なゴールに向かわないFWなのか中盤なのか判らない選手を
何人も同時に使うのもやめて欲しいですね。
さらに交代で同じような小柄なFWなのかMFかが出てくるのも。

投稿: あるく | 2009年11月21日 (土) 03時27分

なんで、このホームのカタール戦でもアウェイのオーストラリア戦でも
起こった先制点の後の崩壊が批評家の中で起きないのか不思議です。

長谷部がそれだけ自由に動きたいなら、右のサイドハーフあたりのほうが
しっくりきそうな気がします。ホームのバーレン戦は遠藤が延々守備してました。それを遠藤が頑張ってると絶賛されてましたが、
なぜ、守備の得意じゃない遠藤があれだけ守備のスペースを埋める仕事
をしないといけないのかと。それがどのレベルまで通用するのか。

だから、長谷部と遠藤の併用は反対なんですね。
どちらかをその場から外して、守備専用のボランチを置いて欲しい。

例えば、韓国とのオールスターの
オリベイラが置いた明神やオシムが使い続けた鈴木啓太みたいな
役割はW杯で必ず必要でしょう。
現にこの二人の時は、アジアレベルで90分ポゼッションという
意識は継続できてました。

投稿: あるく | 2009年11月21日 (土) 03時11分

僕もこの問題がどうも理解できませんでした。
オシム色を消すために鈴木啓太を消したのか、まぁ本人のコンデション
も悪かったのと重なったのもありますが、
批評家の長谷部が何故かほとんど全て鉄板になってるのが不思議で。

もしかして日本は『どうやって攻めるか?』しか考えてないのでは?
必ずここら辺で守備をしてるという人物が必要だと思います。
日本が格上として攻めてるときは今のままで良いですが、
アウェイのウズベキスタン戦、先制点を取ったあと防戦一方になりました

リードした後、失点した後の意識が少しでもバラつくと、
このチームは崩壊状態になります。その理由として
ボランチの長谷部が自由に動きすぎて、その位置に大きな穴が空いてる
状態になってるのをよく見ます。

投稿: あるく | 2009年11月21日 (土) 02時55分

デーモン小暮閣下じゃないんだから「20009年」は酷い誤入力です。

"20009" typo?

投稿: LOVIN | 2009年11月19日 (木) 17時21分

稲本いいですね!あと明神を召集するか阿部をボランチで常時使ってほしい。
正直、今の遠藤は物足りないので外してもいいと思う。

投稿: | 2009年11月19日 (木) 16時41分

ジェレミーさん、こんにちは。いつも楽しく拝見しています。中盤のスウィパーという意味では、新潟の本間勲選手はどうですか? 私はマスチェラーノに匹敵する好選手だと思っているのですが。攻撃面は課題がありますが、守備面では彼の右にでるアンカーはJリーグにいないと信じています。

投稿: スルゲイ・コフチャンコ | 2009年11月19日 (木) 14時12分

この記事へのコメントは終了しました。