« 闘莉王がとるのは、金かサッカーか? | トップページ | ガンバを怒らせたマルキーニョスの余計な振る舞い »

得点王に向かって順調な前田

2009/11/30(月)

2009年11月27日:最後に日本人選手がJ1の得点王を獲得してから、7年が過ぎた。そう、2002年の高原直泰以来。だが今シーズンは、何とか前田遼一に頑張ってもらって、1998年と2000年にゴールデン・ブーツ賞(得点王)を受賞した中山雅史に続く、新たなジュビロのヒーローとなってもらいたいものだ。 “頑張ってもらって”と書いたのは、私が前田のファンでもあり、彼は来年夏の南アフリカ・ワールドカップできっと日本のために活躍してくれるだろうと思っているからだ。

岡田武史監督は、今月中旬の南アフリカ戦や香港戦でも前田を使わなかった。監督が私に同意してくれるかどうかは、まずいい。これは、横浜で行なわれたスコットランド戦で前田の出来が良くなかったせいだ。
この試合に先発出場した前田だったが、森本貴幸がベンチで代表選デビューをいまかいまかと待っているというのに、まるで覇気がなかった。前田の落選は、もうその時点で明白だった。しかも、“もしかしたら”ではなく“いつ”の問題だった。

とはいえ、正直、スコットランド戦でオフェンスラインをリードしようとして何をしていいのか分からなくなっていたような覇気のないプレーでも、岡田監督が前田を完全には構想から外してないであろうと私は思いたい。
思うに、これは本当にたまたまだったのだ。前田は南アフリカで日本代表が必要とするであろう多くの資質を持っている。背が高く動きも良い。空中戦に強いしスピードもある。そして、ジュビロ色に身を包んで恐れや疑いを抱くことなくプレーする。噂によると、清水エスパルスガンバ大阪が来季の獲得を狙っているという。それも頷ける。
日本代表でプレーし続ければ、おそらく前田も自分の目標がはっきりするだろう。来年2月の東アジア選手権で、そのチャンスが巡ってくることを願いたい。

目下は、J1の得点王獲りに集中することである。出場32試合で20ゴール、現在のところPKでのゴールはない。浦和レッズエジミウソンには3ゴール差をつけている。つまり、次のサンフレッチェ広島戦とヴィッセル神戸戦で、得点王の座をより確実なものにするチャンスがあるということだ。
JリーグMVPは、常に議論の対象となっている。しかし得点王については、誰も文句をつけない。数字は嘘をつかないからだ。

固定リンク | コメント (2)

コメント

↓タイプが違うでしょう

投稿: | 2009年12月24日 (木) 01時45分

前田使わず大久保使い続けてる理由がわからん

投稿: | 2009年12月 2日 (水) 05時02分

この記事へのコメントは終了しました。