« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

大分の苦難

2009/04/30(木)

2009年4月28日:昨シーズンの大分トリニータは順風満帆だった。しかし、今年は…。
土曜日に行なわれたホームでのFC東京戦は、考えられうる最悪の結果となった。終了直前の梶山のペナルティキックにより0-1で敗れるという残酷な結末を迎え、7試合を消化しても勝点は4から伸びず、順位は一番下の位置にまで来てしまった。

何より痛かったのは、中心選手であるブラジル人MFエジミウソンが前半でピッチを去ったことだ。エジミウソンは3分間に立て続けにイエローカードを2枚もらい、前半の32分にはシャワールームへと向かっていた。
最初のイエローカードは29分で、これは反論の余地のないものだった。梶山のシャツの裾を掴んで反則をとられたあと、エジミウソンは判定に対して怒りを隠すことなく、反抗的な態度を見せたとして警告を受けた。ファウル自体が思慮に欠けたもので、その後の態度も最悪だったから、1枚目のイエローカードは全面的に彼に非があった。

だが、2枚目はどうだろう?
私には、非常に厳しい判定に思われた。エジミウソンが激しいプレーをし、またも梶山と衝突したプレーはファウルだったかもしれないが、イエローカードを出すようなものではなかった。
レッドカードが出されたとき、エジミウソンは苦笑を浮かべ、最初はそれを受け入れたような様子でピッチから歩み去ろうとした。しかし、2~3歩ほど歩くうちに興奮を抑えきれなくなり、レフェリーに襲いかかろうとした。それはものすごい怒りようで、数人のチームメートが割って入っていなければ、このブラジル人選手は重大な懲戒処分を受けていたかもしれない。

最終的に、エジミウソンには1試合出場停止の処分が下され、最下位争いとなる水曜日の柏での試合に出場できなくなった。大分はあのレッドカードに対する異議申し立てをするのではないかと私は思ったのだが、そうした申し立ては受けていないと、Jリーグから火曜日に連絡があった。
エジミウソンへの2枚目のイエローに関しては、クラブが不服を申し立ててしかるべきだったが、おそらくクラブ側としては、ここは低姿勢でいたほうが得策であると考えたのだろう。彼がピッチを去る前の振る舞いが問題となれば、余計に厄介なことになり、出場停止処分が延長されるかもしれないからだ。

10人で1時間を戦わなければならない大分は勝点1を得て試合を終えられそうだったが、最後の最後になり高橋がパニックに陥り、赤嶺を倒してしまった。レフェリーの高山啓義は、何の躊躇もなくペナルティ・スポットを指差した。梶山がそのPKを西川の守るゴールに決め、大きな意味を持つ勝点3を東京の城福監督にプレゼントした。
西川にとっては、なんとも厳しい幕切れとなった。疲労の見えるディフェンスの後方でいくつものピンチを見事なセーブでしのぎ、終了直前まで相手の攻撃を完封していたのに。そのなかには、交代出場した東京の鈴木のシュートを体を投げ出し鮮やかに防いだプレーもあった。ペナルティ・ボックスの端から絶妙のタイミングで放たれた鈴木のボレーシュートは、バーの真下に落下しようとしていたのだ。

日本のテレビ解説者は「チップ(chip)シュート」や「ロブ(lob)シュート」をよく「ループシュート」と呼んでいるのを私は知っている。鈴木のあの見事なシュートはチップでも、ロブでもなかったので、「ループシュート」と呼ぶのはまったく相応しくない。あえて表現するなら、「絵に描いたようなドライブのかかったボレーシュート」かな!

固定リンク | コメント (2)


オーストラリアから学べ!

2009/04/27(月)

2009年4月25日:日本のクラブチームのレベルが、もしもオーストラリアのチームにとって目標とするレベルにあるというのなら、同時に、オーストラリアは日本のチームの成長に一役かっているとも言える。技術的な面ではそれほどではないだろうが、体力的な面や精神的な面では間違いない。だからこそ、これら二つの異なるスポーツ文化のクラブ、そして国際レベルでの対決は面白い。先週のAFCチャンピオンズリーグの2試合も例外ではなかった。

火曜夜、土砂降りの等々力スタジアムで憲剛率いる川崎フロンターレは、苦戦の末、2週間前はアウェーで5-0と粉砕したセントラルコースト・マリナーズを2-1で破った。今回のマリナーズは驚くほど良くなっており、試合開始とともに積極果敢なスライディングタックルを繰り返し、ウェットなコンディションを楽しんでいるように見えた。当たりも、Jリーグで普段見られるものより強烈でヘビーだった。しかし、日本人選手にとってはこうした当たりを体験するのは良いことだ。彼らは大柄なオーストラリア選手の当たりを受けて戦うことを学ばねばならない。

私は日頃から、Jリーグの日本人審判は甘すぎると思っている。それほど強烈な当たりでもないのに、ピッチに誰かが倒れこむとすぐにプレーを止めてしまう。そのままプレーを続行し、“負傷したかもしれない”選手に立ち上がってプレーするように言うよりは、ホイッスルを吹き、“負傷したかもしれない”選手に駆け寄り、状態をチェックしたがるようだ。
結果はいつも同じ。選手は負傷などしておらず、いや、まるで奇跡のように怪我は数秒で消え、彼は再び走り始めるのだ。
多少の荒っぽさはあって良いと私は思うし、相手が負傷したフリをしていると思ったら、それは言うべきだと思う。この日の等々力でも、試合後半にオーストラリア人選手が日本人選手の時間稼ぎに対して抗議をしていた。

もうひとつ、私が気づいたのは、セントラルコーストのキャプテン、アレックス・ウィルキンソンが後半開始前、ピッチに出てきた時にレフリーに、フロンターレ側のスローイン、低くスナップするような投げ方はファウルスローではないかと注意してみてほしいと話していたことだ。確かに、こういうスローインは日本でよく見かける。「審判! ファウルスローだ!」と心の中で叫んでいたが、たいていの場合ファウルをとられない。

翌日には、ニューキャッスル・ジェッツがホームで名古屋グランパスを迎え撃った。この試合の審判は素晴らしい動きを見せ、57分(後半12分)にニューキャッスルのパスをカットして名古屋のカウンターを演出。小川の決勝弾をお膳立てした。ひょっとすると、公式記録にも審判の“アシスト”が記録されているだろうか。

テレビで観戦していてとても印象的だったのは、ホームのサポーターたちの、日本人選手の怪我をしたフリに対するリアクションだった。普段Jリーグという温い環境に慣れている日本人選手にとっては、思いがけないことだっただろう。だがこれらは全て、精神的にも肉体的にも、日本人選手の成長の大きな糧となるはずである。

固定リンク | コメント (9)


劇的逆転のダブルヘッダー

2009/04/23(木)

2009年4月21日:土曜の夜、国立競技場の雰囲気が結末を暗示していた。
FC東京――静かで、おとなしく、いつもの姿ではない。ジェフ――活気と自信に溢れ、意気軒昂。ただし、これはファンの様子に過ぎない。
キックオフ前、千葉から来た黄色の軍団がアウェー・チームのサイドで一方的に騒いでいたが、東京のファンは通い慣れたホームである味の素スタジアムとは違う環境で居心地悪そうに見えた。まるで不吉な予兆とさえ思えるくらいに。
ファンの様子がこれから始まる試合の流れを示唆しており、アウェー・チームの勝利という最終結果のヒントとなっていた、と考えることもできた。
だが、あのようなまったく信じられない結末を予想できた人はいないはずだ――しかも私の場合、この試合の前に日立柏サッカー場のレイソル対グランパス戦も観戦しており、ロスタイムのダヴィの右足での決勝ゴールも目撃していたので、信じられない結末の2連発となったのだ。

東京は18分に石川の鮮やかなゴールで先制していたが、余裕がないようにも、勝ち切る自信がないようにも見えた。自信とモチベーションが不足していたために、東京は目前の勝利を手中にすることができなかったのである。
対照的にジェフは試合が進むほどに強くなり、テンポを速め、とりわけ最後の15分は素晴らしいテンポでプレーしていた。
短い距離で素晴らしい走りを見せたアレックス谷澤の左サイドからのスローインをきっちりとキープし、低い弾道のクロスをに供給。これを巻が落ち着いてゴールした。このゴールが生まれたのが87分。私は終盤の同点ゴールを祝う歓喜のシーンがピッチ上で起こるものと予想していたが、そうはならなかった。巻はゴールネットからボールを取り出し、少しでも早く試合を再開するためにハーフラインまで全速力で戻ったのであった。
この積極的な姿勢が功を奏し、飛び出した深井が右サイドから得意の左足で権田の守るゴールのファーポスト側にチップ気味のシュートを決めた。シュートミスのようには見えなかったが、実際はどうだったのだろう?

試合後、ジェフのアレックス・ミラー監督は坂本を「偉大」だと賞賛した。坂本は後半にライトバックからセンターバックにポジションをスイッチし、監督の言葉を借りれば「常に自らの位置を誤ることなく」プレーし、バックラインの隙間を埋めていた。
とにもかくにも、土曜日のJリーグ観戦はドラマチックな試合のダブルヘッダーとなった。サッカーというのは本当に素晴らしく、予想不可能なものだと改めて実感した次第である。

固定リンク | コメント (3)


J2銀行に運を貯め込む栃木SC

2009/04/20(月)

2009年4月18日:「それで、ゴールが決まらない理由は何ですか? 技術的なもの? それとも精神的なもの?」
水曜夜、徳島ヴォルティスを相手にスコアレスドローに終わった栃木SCの松田浩監督に、私はそう尋ねた(栃木はJ2の8試合、サッカーの試合で実に12時間分を終え、わずか1ゴールしか挙げていない)。監督は、一体どちらなのかしばらく考え、答えた。「運、でしょうね」。

確かにその通りかもしれない。栃木の選手たちが自信を失っているわけでもなく、90分間を戦い抜くための準備もしっかりできているのだ。ボールがあらぬ方向へ跳ねたり、相手のミス、あるいはレェフリーやラインズマンの判定の違いなど、プレーヤーが如何ともしがたい予期せぬゴールを生む要素はいたるところにあるものだ。ボールは肝心なときこそ思うように跳ねてくれない。これこそ松田監督の言う“運”というものなのだ。

「良いゲームでしたよ。選手たちもよくやってくれました。ただ、ゴールが挙げられなかった。このままやっていくだけですよ」と松田監督。まあ、西が丘サッカー場のゴール裏に陣取った黄色いシャツの熱烈な栃木ファンが掲げるバナーの通り、「闘い続けろ!」ということか――。
監督は、金融に例えていうなら、選手たちは多くの“運”を銀行に預けているのだと思うことにしていると語った。いつかある日、きっとその貯金を下ろして、ご褒美がもらえるだろうと…。「ただそれがいつになるのかが分からないんですよ」。

昨シーズン後、ヴィッセル神戸でのドタバタ劇のすえ栃木にやって来て、チームを再建中の松田監督には、元ヴェルディのベテラン、米山栗原、そして京都サンガからはチームの看板男の大久保裕樹といった経験豊富な選手が揃っている。
翌日の午後、テレビでもう一度試合を観て気づいたが、テレビカメラは大久保をかつての“平山”や“俊輔”のようなスター扱いをしていた。私も日本にずいぶん長いこと住んでいるが、これだけは未だに釈然としないし、不要なことだと思う。

固定リンク | コメント (3)


ロングボールで活路を開いたマリノス

2009/04/16(木)

2009年4月14日:絵に描いたような見事なゴールは確かに気持ちの良いものだけれど、状況によっては、ロングボールを多用する、お馴染みのスタイルを押し通したってかまわないのだ。
土曜日の午後の三ツ沢球技場ではこの実例が見られ、横浜F・マリノスがひどい出来のヴィッセル神戸に5-0と大勝した。
5点のうちの3点が単純なロングボールをきっかけとして、ヴィッセルのディフェンス陣の処理ミスによって生まれたのだ。ちなみに、残りの2点は左サイドから切れ込んだ山瀬の右足での鮮烈なシュートと、キーパーの榎本達也の頭上を越えて入った狩野健太のフリーキックであった。

試合開始直後の時間帯はいつも、ロングボールで相手チームを試すのが効果的だ。まず、まだ集中力が高まっていないときにいきなりプレッシャーをかけることで、相手のミスを誘うことができる。それから、自陣から離れた位置にボールを送り続けることで、自チームの選手が危険なエリアで致命的なミスを犯す可能性を減らすことができる。
純粋に面白いサッカーを指向する人には物足りないかもしれないが、ロングボール戦術は、マリノス・ファンがすぐに気づいたように、結果を出してくれるのだ。

松田からのロングボール。兵藤の巧妙なフットワークと、渡邉のスライディング・ハーフボレーによるスーパー・フィニッシュにより、開始2分で1-0。キムがロング・クリア。ゴール前で宮本とキーパー榎本の連携ミスを渡邉が突き、絶妙なタッチのシュートでこの日2つ目のゴールを決め、21分で3-0。田中からの何気ないロングパス。ご難続きの榎本に、またも災厄が訪れる。山瀬が楽々とゴールし、48分で4-0。

勝利が必要なチーム、たとえば開幕4試合で2分け2敗となっているマリノスのようなチームの場合、このような安全第一で、けれん味のないアプローチが好ましい結果を生み、未来に向けての自信を呼び起こすのである。
ヴィッセルのディフェンスにもかなり助けられたし、次回もこれほどのゴールが挙げられるとはマリノス側も思ってはいないだろうが、ヴィッセルのミスのほとんどが、ロングボールとゴール前へのダイレクトな球出しに誘発されたのは確かだ。
サッカーでは時と場所を判断することが重要となるが、シンプルな方法が最善の策となることが非常によくある。

固定リンク | コメント (0)


グループ首位のグランパス、だが確信からはほど遠い

2009/04/13(月)

2009年4月9日:順位表は嘘をつかないハズだ…。
名古屋グランパスは現在、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループEで首位に立っている。3戦負けなしの勝点5。普通に考えれば、決勝ラウンドの出場権を得られる上位2チームに入れる公算は強い。しかしドラガン・ストイコビッチ監督は、日本、韓国、中国、そしてオーストラリアというアジアの強豪4ヶ国のチームの熾烈な争いのなかで、今はたまたま首位にいるだけで、それに惑わされてはいけないと感じているだろう。
グランパスはここまでホームで2試合戦っているのだが、いずれも勝てておらず、北京国安ニューカッスル・ジェッツと引き分けた。そして、グループリーグ残り3試合のうち2試合がアウェーとなっている。

ひとつ確かなこと。それは、お粗末な内容でニューカッスル・ジェッツに1-1と引き分けた後、残りの後半3試合ではメンバーの入替えやテストのようなことをやっている余裕はない、ということだ。
この試合、チームは右サイドバックに田中隼磨、左には阿部翔平の代わりに竹内彬、そしてダヴィと花井聖をトップに置くという、昨シーズン、J1で3位という成績を挙げたのとはまったく違うものだった。玉田は途中出場、そして向こう見ずなセンターハーフ、増川(隆洋)とボランチの吉村(圭司)は、今回は裏方へ。グランパスは、チームが機能しはじめるまでに非常に時間がかかった。

試合開始からチームには活気とやる気が欠けていた。だから前半早々、楢崎が右ポストへの低いシュートを何とか防いだ後、そのルーズボールにタレク・エルリッチがグランパスDF陣の誰より早く反応し先制点を奪われたのも、不思議でも何でもなかった。
だが、前半のチームのお粗末な出来からして楢崎を責めることはできない。楢崎としては、彼のポジションからチームを活気付けるためにできることは限られていた。

浮き足立ちボールを失い続けるホームチームを前に、瑞穂陸上競技場は長いあいだ静まりかえっていた。ベンチにいるピクシーのポーカーフェースがそれを物語っていた。
ピクシーが欲していたのは熱気と情熱、そしてスピード。後半、監督は花井に代えて玉田をピッチに送り出した。結果としてこの交代が功を奏し、相手GKには荷の重い、俊輔のようなフリーキックで玉田はチームを引っ張った。

確かにこの日、グランパスはグループEの首位を守ったかもしれない。だが、ストイコビッチ監督は承知しているだろう。首位あるいは2位に入り決勝ラウンド進出を果たすためには、チームにはもっと緊張感と集中力が必要だということを。

固定リンク | コメント (1)


ブーイングを浴びるまでに成長したチョン・テセ

2009/04/09(木)

2009年4月7日:相手チームの選手にブーイングを浴びせるファンというのも、あながち悪いものではない。通常、こうした状況が意味するのは、ブーイングの対象となっている選手が良い選手であるとファンに認められている(ともすると恐れられている)ということであり、その選手が自分の応援するチームにいれば…とファンが思っているのは間違いない。
他方、相手チームのファンに無視され、選手紹介でもなんの反応も示されない選手は、関心を引くような特別な何かを持っていないということでもある。つまり、ブーイングを浴びるかどうかは、その選手への評価を知るための興味深い尺度なのである。

たとえば、鄭大世(チョン・テセ)
川崎フロンターレに所属する、がっちりした体格のこの北朝鮮国籍のフォワードは、Jリーグでも屈指の個性派であり、アジア・サッカー界でもトップクラスの選手に成長しつつあるため、相手チームのファンからのブーイングも多い。これはまさに、彼が確たる実績を残している証拠なのである。
先々週の日曜日、フクダ電子アリーナで、チョンはジェフのオーストラリア人センターハーフ、エディ・ボスナーと激しい闘いを繰り広げた。ジェフのファンがホームチームのゴール裏に集まり、チョンに罵声を浴びせる場面もあったが、チョンは小走りで戻りながら、両手をジェフのファンに振るという対応を見せた。
主審の西村雄一にはこれが面白くなかったようで、その仕草をやめるようにチェンに命じた。ファンを刺激する行動だと考えたのかもしれない。
親愛の情とも考えられる罵声に対しチョンが大げさな対応をみせたことは、私にはとても面白かったし、Jリーグにおける彼の評判と地位をさらに高めるものであると思った。

以来、チョンはワールドカップの北朝鮮代表としての活動がちょくちょくニュースとなり、ピョンヤンでは自分の顔につばを吐きかけたとUAEのキーパーを批判し、さらにソウルでの韓国戦の前に起こった食中毒疑惑の被害者だとも報じられた。また、このコリア・ダービーでは、0-0の試合の後半序盤に彼のヘディングシュートを韓国キーパーの李雲在(イ・ウォンジェ)がきわどいところでセーブし、シュートがゴールラインを割っていないという判定が下され、議論を呼んだ。
チョンはそのプレーぶりとエンターテイナー性が日本向きであるばかりでなく、韓国でもそのパワフルさから“アジアのルーニー”という評価を得ている。
ブーイングは今後さらに激しくなるだろうが、それはまさにチョン・テセとフロンターレに対する賞賛と同じ意味を持つのである。

固定リンク | コメント (2)


“ロスト・イン・トランスレーション”はなかった!

2009/04/06(月)

2009年4月3日:先日の夜、ドイツの雰囲気溢れる六本木で私はゲルト・エンゲルス氏との再会を喜んだ。皿に盛られた、ドイツ直輸入の新鮮なソーセージ、マスタードやピクルス、そして黒パンを白ビールで腹に流し込みながら、ワールドカップを控えたドイツサッカー協会の技術委員会の会合より活発な議論をした。

ゲルトはレッズに解雇されたことは今も不満に思っており、契約2年目には結果を出せたはずだと考えている。しかし、現実にはトップチームやユースチームの監督として座るベンチもチームもなく、新しいシーズンを慣れない立場で迎えている。とはいえ、彼は決して腐ってはいない。次のチャンレンジを楽しみにしているようだ。ただ、彼は巡ってきた最初のチャンスに慌てて飛びつこうとはしていない。そうしたチームは、得てして低迷しているからだ。それよりは、若手選手を育て、目立たないチームを育てる方を熱望している。弱小チームにとって、ゲルトの日本語力、そしてコーチとしての経験は非常に役に立つ、また、経済的にも得であると証明できるはずだ。

職を失うという不安真っ只中とはいえ、彼は遅ればせながらようやく年始休暇のためにドイツに帰国する時間ができた。そして、ボルフスブルクに所属する2人の日本人プレーヤー、長谷部大久保について非常に面白い話を聞かせてくれた。
1月末、ボルフスブルクはエンゲルスの故郷、デューレンに程近いケルンとのアウェー戦を戦っていた。エンゲルスはチームのホテルで長谷部と大久保に会う約束をしていた。
2人を待っているあいだに、練習場では選手たちに軍隊式の正確さと秩序を求める鬼指揮官、ボルフスブルクのフェリックス・マガト監督が通りかかった。エンゲルスはマガト監督に自己紹介し、2人は長谷部と大久保が現れるまで話をしたという。

「失礼する前に…」マガト監督が言った。「彼らに私のメッセージを日本語で伝えてくれないか?」。エンゲルスはもちろん喜んで引き受けた。
最初のメッセージは大久保宛。「サッカーはサーカスじゃないと大久保に伝えてくれ」。「それから長谷部には、相手からボールを守るための体の使いかたを覚えろと…。それだけだ」。
エンゲルスは大久保へのメッセージを聞いて笑った。彼は必要でもないのになぜバイシクルキックのようなプレーをするのか、ドイツのファンを悩ませていた。エンゲルスには、その理由がよく分かる。彼は、多くの日本人選手が地味で確率の高いプレーより観客ウケする華やかなプレーを多用するシーンをイヤと言うほど見てきたからだ。
エンゲルスがサッカーへの姿勢を絶賛する長谷部は、これから訪れるチャレンジのために中盤中央でのフィジカルの強さを身につけなくてはならなくだろう。そしてそのことは、このずんぐりと頑強な体格のマガト以上に知る人間はいない。もちろん、エンゲルスは2人にきちんとメッセージを伝えられたと確信している。

固定リンク | コメント (0)


若者たちを後方支援した浦和のベテラン勢

2009/04/02(木)

2009年3月31日:先日のコラムで述べたように、ナビスコカップと“ニューヒーロー賞”は切っても切れない関係にある。ただし、“オールドヒーロー”(おそらく“比較的オールドなヒーロー”としたほうが、政治的に正しい表現となるのだろうが)をないがしろにしても良いというわけでもない。
日曜日、日産スタジアムで横浜F・マリノスを相手に1-0の勝利を収めた浦和レッズには、“オールドヒーロー賞”をあげたい選手が2人いた。ゴールキーパーの山岸とセンターバックの坪井がそうで、2人は文字通り後方からチームを導いていたのである。

山岸――ニューヒーローと呼ぶには7年遅い30歳――はファイン・セーブを連発し、マリノスの執拗な攻撃を水際で阻止。とくに後半の活躍は見事であった。途中交代で入った齋藤学のシュートを、本能的とも言えるアクロバティックな動きで弾き出し、そのあとには松田がロングボールを完璧なファースト・タッチでコントロールし、ハーフボレーで鋭いシュートを放つシーンもあったが、これもいつも通りニアサイドをしっかりブロックして防御した。
その日の午後、山岸はずっと大忙しの状態であったが、坪井の支援がなければさらに大変なことになっていただろう。29歳の少年・坪井は決して我を失うことはなく、この日も試合を読む能力を発揮し、滑らかで、タイムリーなタックルによってすべての穴を埋めていた。
最終的には、私なら“オールドヒーロー賞”に山岸を選んでいただろう――もちろん、そんなものがあるとすればの話だが。

浦和のフォルカー・フィンケ監督は、“赤き若者たち”のうちの2人を先発起用した。ダイヤモンド型の攻撃陣の底に位置する山田直輝と左サイドの原口元気が、その2人だ。あとはポンテがダイヤモンドの右、高原が頂点に位置していたのだが、前半40分に記録された、この試合唯一のゴールであるペナルティ・キックを導いたのが原口であった。

17歳の原口のスピードが榎本の予測を少しばかり上回ったために、榎本はファウルを犯し、主審の松尾一からイエローカードを提示された。レッドカードでもおかしくないプレーだったが、審判としては常識的な判断を下したのだろう。
ペナルティ・キックは、昨シーズンに比べて細身になり、コンディションも良さそうなポンテが決めた。レッズが勝点3を得るには、そしてトリコロールの傘を持ったマリノス・ファンの応援を沈静化させるには、これだけで十分であった。

固定リンク | コメント (1)


« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »