« アジアサッカー界の裏側 | トップページ | プランAとプランB、そしてプランCの可能性も »

雪とスコップにまつわる思い出

2009/03/19(木)

2009年3月17日:「1枚の絵は1000の言葉に値する」ということわざがあるが、先週の山形名古屋の試合はまさにそのことわざ通りだった。降り続く雪。オレンジ色のボール。Jリーグのウェブサイトで画像を見ただけでも、冬の寒さが感じとれた。画像の力はかくも強力で、山形とは違う気候の地域で記事を読んでいても、コンクリートのスタンドで足踏みをし、冷たい両手に息を吐きかけたい気分になるのだ。

日本では、サッカーは夏の暑さと湿気のなかでプレーするのが通例となっているため、このような状況はとりわけ過酷なものに映るかもしれないが、世界の他の地域ではさほど珍しいことでもない。
世界のクラブは、夜のうちに霜が降りるのを防ぐために地中にヒーターを設置したり、あるいは極端な例ではピッチ全体をプラスティックの巨大な風船で覆ったりするような策を講じて、試合日程を順調に消化しようと努めている。また、安価な方法としては藁を分厚く敷き詰めるという方法もある。BBCテレビの伝説的な番組「Match of the Day」の豪華な3枚組DVDをお持ちの方なら、小さなクラブのゲーム・ハイライトで藁が取り除かれ、ピッチの周囲に置かれているシーンをご覧いただけることだろう。このような方法でも、ピッチを保護し、試合を開催するための十分な防御策となっているのだ。ああ、過ぎ去りし日々の素敵な思い出。

でも、雪にまつわるお話のなかで私のお気に入りは、ハリファクス・タウンのサポーターとして大きくなり、イングランドの下部リーグの試合を見るためにザ・シェイ(ハリファクス・タウンの本拠地)に定期的に通っていた頃のものだなあ。
ハリファックスは土曜日の午後に大きな試合を控えていたが、その週は大雪が降り続いており、金曜日にクラブが地元の新聞に要請してサポーターの協力を募った。

クラブは100本のスコップを買い――その価値は当時のセンターフォワード以上だった――土曜日の朝にグラウンドに駆けつけて雪かきをし、伝統にのっとり午後3時にキックオフができるようにして欲しいと、ファンに呼びかけた。“報酬”はその日の試合の無料入場券というつもりだったのだろう。そんなわけで、土曜の朝には何の問題もなく100人のファンが集まり、雪かき作業は迅速に完了された。ファンの働きに満足したグラウンド管理担当者は地下のトンネルを通り、お茶の時間をとるためにクラブハウスに向かった。そのあいだ100人のファンはピッチ上に放置され、キックオフまでの3時間を無為に過ごさなければならない定めとなった。
だが、起業家精神に溢れた一人の若者が、新品のスコップの価格のほうが試合の入場料よりはるかに高いはずだということを発見。10分後、お茶の時間を終えてグラウンド管理担当者がピッチに戻ってきたとき、雪はきれいに取り除かれ、そして新品のスコップがきれいさっぱり消えてしまっていたのである!

ことわざは正しい。1枚の雪の写真は1000の言葉に値するのだ。この場合、100本のスコップと言い直したほうが良いかもしれないが。

固定リンク | コメント (5)

コメント

真夏はナイトゲームで問題無しでは?

金子某が夏より冬の方がサッカーの質が高くなるってコラムに書いてたけど、現実は難しい。
さっきも言った通り最大の敵は寒さより強風。どんなに上手いプレイヤーでも強風の中で精確なプレイは困難。なので、どうしても蹴り合いの試合になりやすい。好ゲームは期待薄。

秋春開催でも良いじゃん。って言ってる人は多分、現実を知らない。

投稿: 夏鳥 | 2009年3月22日 (日) 18時28分

感情的なるなって
でも日本の夏はアフリカより酷いって言うじゃないか
冬の酷さばっかクローズアップされてる気がしなくもない

投稿: | 2009年3月22日 (日) 15時06分

感情的な意見が多いという根拠は?

体感的に反対してる人が殆どでは?

猛吹雪のスタジアムに行った事あるの?

雪以前に風でちゃんとした試合にはならないから。(日本海側の冬は強風の日が多い)

投稿: 夏鳥 | 2009年3月21日 (土) 21時47分

犬飼会長の「秋春制」発言は人気がないですが、この記事を読むと、
日本では、感情的な反対意見が多いように思えますね。

投稿: ケン | 2009年3月21日 (土) 19時30分

こんにちは、“My”アフィリエイトスカウト事務局の池田です。

先日貴サイトでご紹介頂きたいバナーがありご連絡致差し上げたのですが、
ご覧頂けましたでしょうか?

是非ともこの機会にご参加頂きたく、改めてご連絡させて頂きました。
まずは詳細をご覧頂き、参加をご一考いただければ幸いです。
こちらのアドレスまで、スカウトを受けたブログURLをご連絡下さい。

 ⇒ scout-affiliate@ntt.com

3月25日(水)までにバナー掲載にご協力頂き事務局にご報告頂くと
通常の成果報酬に加え2,000円の特別報酬もプレゼント致します。

ご連絡を心よりお待ちしております。
本ご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。

■“My”アフィリエイト スカウト事務局
※本事務局は(株)ライトアップがNTTコミュニケーションズ(株)より委託を受け
NTTコミュニケーションズのサービスをご提案しています
※本内容の転載複製はご遠慮下さい

投稿: “My”アフィリエイトスカウト事務局 | 2009年3月20日 (金) 18時35分

この記事へのコメントは終了しました。