« ヒディンク監督が一波乱巻き起こすかも | トップページ | フロンターレはダークホースとなれるか? »

ケーヒルの底知れなさ

2009/02/26(木)

2009年2月25日:今シーズンのイングランド年間最優秀選手をデビッド・モイーズが好きに選べるのであれば、彼が指揮するエバートンの選手の1人がその候補に挙げられるだろう。
このスコットランド人の若手監督なら、日本のファンがよく知っている選手、さらに言えば日本のディフェンダーが骨身にしみて知っている選手を躊躇なく選考するだろう。その選手の名は、ティム・ケーヒル2006年のワールドカップ、カイザースラウテルンでの試合に途中出場し日本を破壊したケーヒルは、日本代表がオーストラリアと0-0で引き分けた先日の横浜の試合でも、センターフォワードとしての実力を見せつけた。
そうなったのは、彼に器用さとチームに貢献したいという意識、そして総合的な素質があったからで、ゆえに狭くはモイーズ、広くはエバートン信者に彼はこれほど愛されているのである。

ここ数週間というもの、グディソン・パーク(エバートンの本拠地)でのケーヒルは、故障を再発するおそれがあるためスーパーサブのストライカーとしてプレーしているが、ピム・ファーベーク監督は日本での試合で彼を1トップのフォワードとして起用し、4-3-2-1のフォーメーションでホルマンブレシアーノを彼のサポート役にした。
オーストラリアの布陣に、日本代表は安堵したことだろう。ピム監督がジョシュア・ケネディスコット・マクドナルドを外しただけでなく、ケーヒルをトップに孤立させたからだ。そのためケーヒルは、とくにセットプレーでの対処が厄介な、下がり目の位置からゴール前に進入する動きができないようになっていた。
中澤祐二がケーヒルのマンマークをあんなに立派にやってのけたという事実は、中澤のコンディションのよさを示していたが、さらに闘莉王が横にいるためケーヒルにとっては体を反転させて攻撃に転ずるスペースがほとんどなかったということもあった。前半終了前の鋭いシュートを別にすれば、ケーヒルは試合のほとんどの時間をゴールに背中を向けた状態で費やし、タメを作ってチームメートにボールをはたく仕事をしていたが、そのチームメートの位置が深すぎたため、日本の守備陣のなかに攻め入ることはできなかった。

その試合の2日前、月曜夕方の三ツ沢球技場で、私は練習を終えバスに向かう途中のケーヒルに質問を投げかけてみた。水曜夜のポジションはフォワードか、それともストライカーの後ろの位置のどちらなのか、と。
「言われれば、ディフェンスだってやるさ」とケーヒルは答えた。おそらくその答えには、試合に対する彼の気持ちが込められていたのだろう。その前にはピム監督が、オーストラリア代表の試合にケーヒルを手放してもらうために自らエバートンに赴き、モイーズと面談した、と私に話していた。エバートンの監督は、ケーヒルにはできれば行って欲しくないし、クラブサッカーに集中して欲しい、と率直に話していたそうだ。

「その後、ケーヒルはオーストラリア代表でプレーしないのではないかという報道もちらほらあったけど、ケーヒル本人がメールで、どの報道も真実ではなく、早くチームに合流したいと伝えてきたんだ。それを見て、代表チームにかける彼の意気込みがよくわかったよ」。日本戦への準備をしながら、ピム監督はそう話していた。
ケーヒルがイングランドの2大個人賞―― 一つは仲間のプロ連中が選び、もう一つはメディアが選出する――のどちらかを受賞する可能性はそれほど高くないが、彼に対するモイーズ監督の高い評価はまったく頷けるものである。
日本はまだ完全な状態のティム・ケーヒルを見ていないのではないかという恐怖を、私は感じているのだ。

固定リンク | コメント (1)

コメント

トップ下ケーヒルを見る前に本大会出場は決めてもらいたい
ただオーストラリアは早々と出場決めて国内中心メンバーで残りを戦うでしょうけど。

投稿: | 2009年2月26日 (木) 16時05分

この記事へのコメントは終了しました。