« ポジティブ思考が大久保の強み | トップページ | 画竜点睛を欠いたロナウドのCWC »

さらなる前進を目指すエスパルス

2009/01/12(月)

2009年1月9日:昨シーズンのナビスコカップ決勝、大分トリニータ対清水エスパルスのゲームでは、両チームに関する様々なことが明らかになった。
トリニータは、良く組織され、訓練され、そして3人の優れたブラジル人プレーヤーがすべてを1つにまとめているチーム。一方のエスパルスは、技術もあり、活気に満ちたプレーをする。だが、大舞台での経験が、とりわけ攻撃陣に不足している。
結果、トリニータが2-0で勝利を収めた。

エスパルスの長谷川健太監督は、シーズン終了後、フローデ・ヨンセンと永井雄一郎の獲得によりチームに欠けていたものを補うことに成功した。
長身のノルウェー人センターフォワードは、プロ意識の高さとコンスタントな得点力で名古屋グランパスに大きな貢献をした。ヨンセンはおそらく年俸に見合った働きをしてくれるし、2007年のシーズン後に韓国代表ストライカー曹宰榛が去ってからチームに欠けていた攻撃力をもたらしてくれるだろう。

永井については、ヨンセンよりも機動力と多用性がある。彼のスピードと運動能力は、トップのみならず右ウィングとしても効果的だろう。そして、永井の加入は、監督のチーム編成により多くのオプションをもたらすはずだ。
さらに永井は、2007年のAFCチャンピオンズリーグで大舞台に強いところを見せてくれた。昨季は永井が浦和の緩慢なプレーを引き締めることができたはずだと思うのだが、どうも、エンゲルス監督とうまく意志の疎通ができていなかったようだ。そして今、その永井もエンゲルス監督も埼玉を去った。
昨シーズン、埼玉スタジアム2002で行なわれた対FC東京戦、多くのレッズサポーターを興奮させた、永井の素早いカウンターからのゴールは、リーグのシーズンベストゴールの1つだと思っている。

ヨンセンと永井は、全く違うタイプの選手。来シーズンのポジション争いは熾烈になるだろう。昨季の原一樹のプレーは長谷川監督にとって申し分のないものだったし、この若いストライカーはJリーグの最優秀新人王候補の3名(優秀新人賞)に選ばれるという評価も受けた。
だが、エスパルスをさらに前進させるには強さと経験を必要としていた長谷川監督は、今回の補強に感謝していることだろう。何だかんだいっても、健太は良いストライカーを一目で見分けられるはずである。

固定リンク | コメント (2)

コメント

ヨンセンはグランパス戦では空気読んでくれるさ

投稿:   | 2009年1月14日 (水) 00時35分

期待

投稿: t | 2009年1月12日 (月) 15時21分

この記事へのコメントは終了しました。