« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

W杯組合せ抽選、幸運だった日本代表

2008/06/30(月)

2008年6月28日:かつて、フィリップ・トルシエ監督が「名監督の資質」なるものをいくつか挙げたことがある。彼のリストには、戦術、戦略、管理能力など、ごく当たり前の事柄が並んでいた。そして、トルシエ監督はこう締めくくった。「何よりもツキがなきゃダメさ」。

金曜日にクアラルンプールで行なわれた2010年ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選の組合せ発表を見る限り、岡田武史監督はツキには恵まれているようだ。
日本と同じグループAには、突出したチームはいない。むしろ怖いのはグループBのイラン、サウジアラビア、韓国、北朝鮮、そしてUAE。イランとサウジアラビアは強く、そして経験も豊富なチームであり、W杯のチケットを得るのに何が必要かを熟知している。韓国や北朝鮮との試合では政治的、そして歴史的な背景からいつもサッカーに集中するのが難しい。彼らとの試合は所謂“通常の”試合ではなく、日本に心理的プレッシャーがのしかかる。
UAEはそれほどではないが、何といっても監督があのブルーノ・メツである(2002年W杯で初出場のセネガルを率い、初戦でフランスを破った)。したがって、日本にとっては上々の抽選結果だったろう。

グループAには、トップシードのオーストラリアをはじめバーレーン、ウズベキスタン、そして“国際的(とある記事で読んだが、とても緩やかな移民法を指している)”なカタールがいる。いまやアジア・オセアニアの強力なライバルとして、ピム・ファーベーク監督率いるオーストラリアとの対戦は、日本にとって非常に待ち遠しいものとなるだろう。
しかし、日本のワールドカップ出場の鍵を握るのは他の国々とのアウェーゲームだ。3次予選で、日本は不甲斐なくもバーレーンに敗れ、遠藤のPKと楢崎のセーブでようやくオマーンに引き分け。アウェーではタイにしか勝っていない。タイは、J2でも優勝できる力はない。これが現実だ。

最終予選ではアウェーでの戦い方を考え、確実に勝点を挙げてゆかねばならない。さもなくば、ホームゲームに大きなプレッシャーがかかることになる。3月のマナマの時のように、気の抜けた傍観者のような試合をする訳にはいかない。勝利を目指して、少なくとも引き分けに持ち込まなくてはならないのだ。
主導権を握ってポジティブに、そして過去3大会の出場国らしく闘い、そして4度目の出場を目指す、他の国々はW杯予選での日本の記録、そして岡田監督が率いる選手たちに戦々恐々としている。特にアウェー戦では、下馬評通りの支配力で圧倒しなくてはならない。
私は、日本が上位2チームに入り南アフリカW杯の出場権を手にすると堅く信じている。万が一にも、力の劣るグループAで3位に終わり、グループB3位とのプレーオフになれば、勝てるチャンスは当然低いだろう。

固定リンク | コメント (1)


水本は京都でよみがえる

2008/06/26(木)

2008年6月25日:シーズン前の段階から、京都サンガはJ1昇格を果たした3チームのなかで最も戦力が整い、最もJ1残留の可能性が高いチームと思われていた。さらに今は水本の加入が決まった京都は残留以上のものを望めるようになり、いつもリーグを上がったり下がったりしているヨーヨーのようなチームという定評さえも覆しつつある。

ガンバではいろいろあったが、水本が日本屈指のセンターバックであることに変わりはなく、彼の前には明るい未来が開けている。
水本は俊敏で闘争心に満ち、最初に所属したジェフユナイテッドだけでなくオリンピック代表チームでもすでにリーダーとして頭角を現している。残念ながらガンバでは自信喪失の状態にあったが、おそらくその原因は、中国で開催された東アジア選手権の北朝鮮戦の大事なところで足を滑らせてしまい、チョン・テセに得点を許してしまったことにあるのだろう。あの試合があったのは2月17日だったから、ガンバでは彼の最高のプレーが見られなかったわけだ。

いま彼はサンガに移り、ガンバでその後を継ぐはずであった渡り鳥のシジクレイとともに京都の「カトナチオ」ディフェンスの一角となろうとしている。京都にはジェフで水本と相性のよかった佐藤勇人もいるので、チームは全体的な底上げが可能になるだろう。
水本は京都にとってうってつけの選手であるだけでなく、9月から始まる2010年ワールドカップ最終予選の頃には再び代表に戻れるだけの能力と人間性をもった人材である。

では、バーゼルから鹿島に戻る中田浩二にも、同じような期待が持てるだろうか?
中田にまず求められるのは、アントラーズというチームでしっかりとした地位を築くことであるが、それはなかなか簡単ではなさそうだ。中田はとびつけた万能選手で、彼1人で2人の選手を獲得したのと同じ価値があるのは確かだが、オズワルド・オリベイラ監督には不動のレギュラーがいるし、バックとミッドフィルダーは控え選手も豊富だ。

左サイドバック、センターバック、中央のミッドフィールダー…これらすべてのポジションを中田は上手にこなすことができる。しかし、左サイドを急襲する新井場はアントラーズの戦略に不可欠な要素だし、ディフェンスの中央で岩政とコンビを組む選手としては大岩も伊野波もいる。また、青木と小笠原のコンビは中盤の活力源である。
中田が鹿島でしなければならないのは、過去の実績ではなく、実力をアピールすることだが、アジアチャンピオンズリーグやナビスコカップ、今後のJ1の試合など、そうするための機会は数多く得られるだろう。

固定リンク | コメント (0)


なぜ大久保がオリンピックへ?

2008/06/23(月)

2008年6月20日:オマーン戦でのレッドカード、そしてFIFA(国際サッカー連盟)から3試合の出場停止処分を受けた大久保嘉人。その責任はすべて 彼にある。エリア内でGKアリ・アルハブシともつれた末にキーパーを蹴るという、馬鹿げた、あまりに短気でそしてまったく不要なファウルを犯した大久保に は、主審だって退場させる他ない。処分は木曜日に発表された。そしてそこにはJFA(日本サッカー協会)への罰金も含まれていた。

こうしたことを考えると、大久保自身2度目、そして今回の北京ではオーバーエイジ枠での出場がいまだに取りざたされていることに驚きを 禁じえない。もちろん、彼がチームのフォワード陣に積極果敢な攻撃力を与えるのは間違いないが、今回の軽率な行為を見ると、オリンピック代表候補に含まれ るべきではない。仮に反町監督がオーバーエイジ枠を何人か使ったとしても、そこに大久保は入るべきではない。

レッドカードで日本中を失望させた大久保。大久保のオリンピック代表招集は、JFAにしたって正当化することが難しい。非常に重要な ワールドカップ予選でピッチに倒れ、相手キーパーを蹴り、退場になる。それでもオリンピック代表には選ばれる。日本の若い選手たちにどう説明するというの だろう?
私は大久保のファンだし、彼は日本代表チームのゴールゲッターとなれると今でも信じている。だが、彼が代表にふさわしい他の選手の座を奪うべきではない。

男子サッカーにとって、オリンピックとはメダルより経験を積むことが重要。日本はオーバーエイジ枠は使うべきではない。私は以前そう書いた。出場しても何も得ることのない大久保より、若手有望株の金崎夢生のような選手を選ぶべきだ。仮に大久保が選ばれたとすると、他のチームはキックオフから彼を挑発し、 レッドカードを期待して爆発させようとするだろう。その程度の準備はしてくるはずだ。
わずか16名のフィールドプレーヤーで争うトーナメントでは、1人でもサスペンションで失うことは非常に大きな損失。大久保に今できることは、ヴィッセル 神戸のキャプテンとしてさらに成長し、プライドを取り戻すことだ。天津や瀋陽でブルーのユニフォームを着ることではない。

固定リンク | コメント (0)


岡田監督、左サイド問題の解決に着手

2008/06/19(木)

2008年6月18日:グランパスと関係があり、素晴らしい左足を持ち、岡田武史監督が強い関心を寄せている選手――。1998年当時なら、ワールドカップ・フランス大会の日本代表22人に入った平野孝を想像したかもしれないが、10年後の今はもちろん本田圭佑のことである。

2010年ワールドカップ・アジア最終予選への進出が決まった現在、岡田監督は代表の弱点解決に着手しつつある。言うまでもなく、未だ解消されていない弱点の1つは、左サイドを担当する左利きの選手がいないという点だ。そのため岡田監督は、埼玉スタジアムでの日曜日のバーレーン戦を前に、オリンピック代表から本田を昇格させ、さらに復調した安田を再招集した。

私が駒野のファンであることは以前にも書いたが、私が好きなのは右サイドにいるときの駒野であり、左サイドにいるときではない。駒野の場合、なかなかのクロスを上げるときもあるが、左足でボールをうまくミートできるかどうかはまさに出たとこ勝負。相手が強くなる最終予選では、大切なところでのちょっとしたミスが勝敗を左右するだろう。
それゆえ、このポジションの強化が不可欠であり、今週の代表合宿そして場合によってはバーレーン戦で本田を見てみたい、そう岡田監督が考えるのももっともである。

同じような立場にあった平野と同様に、本田は生まれつきの左利きで、高い身体能力を持っている。基本的には攻撃志向の選手ではあるが、左サイドの深い位置でも仕事ができ、4バックの左サイドを任せることもできる。
そして、本田のもう1つのセールスポイントは、セットプレーの巧みさ。オリンピック代表がカメルーンと戦った先日の試合でも、本田は、大きく曲がりながら落ちるフリーキックとともに、相手のディフェンダーとキーパーの生命を脅かすようなフリーキックの両方を披露していた。本田は、リベリーノのような爆発的なフリーキックを打つ技術を習得しつつあるのだろうか? そうに違いない、と私は思った。

結果的に、日本はバンコクであっさりと勝利を得た。強力な爆撃隊(闘莉王と中沢)がタイの守備陣を打ち破るのに時間はそれほどかからなかったが、ボールをサイドに回して流れの中で点をとるには、まだまだ前線を強化する必要があると感じた。
果たすべき使命は果たしたのだから、俊輔を休ませるのは至極当然。マナマで不本意な敗北を喫した日本はモチベーションが高まっており、俊輔を欠いてもバーレーンを撃破できるはずだ。俊輔を休ませ、右足首の治療に専念させる。それからセルティックの夏のトレーニングで調子を上げさせ、9月の大事な試合に呼び戻せばよいのである。
リベンジしたい気持ちはよくわかるが、バーレーン戦で俊輔を使うというリスクをわざわざ負う必要はまったくないと思う。

固定リンク | | コメント (0)


梅崎の一長一短

2008/06/16(月)

2008年6月13日:梅崎司、素早くそして賢い…そして同時になんとも鬱陶しい選手である。本当に良い選手なんだ。日本サッカー史上最高の選手になれるほどの大いなる可能性を秘めた21歳の優れた選手。だが彼は簡単に、そして度々、グラウンドに倒れこむ。皆さんは、彼のそんな姿に違和感を覚えないだろうか?

木曜夜に国立競技場で行なわれたカメルーン戦、おそらく梅崎は日本記録を作ったのではないだろうか。ボールに6回しか触っていないのに7回もフリーキックを貰ったのだから。オーケー、少し表現が大ゲサだったかもしれない。しかし、彼は倒れこむ度にレフリーがフリーキックをくれることを期待するかのように、やりすぎる。これはあまりにも危険な賭けだ。もしもレフリーがそれを流したら――よくあることだ――その間、彼はゲームから離れることになる。ピッチに転がりアピールしたり、文句を言うことがチームにとって良いわけがあるまい。
優れた選手であることは間違いない。カメルーン戦で、18名のオリンピック代表入りを確実にしたことだろう。

前半9分、梅先は右サイドから森本に低いクロスを合わせ、決定的なチャンスをお膳立てした。ただ、これは森本がファーポストへ大きく外してしまった。オリンピック代表の座が危うい彼にとっては痛恨のミスである。
森本が右サイドバックのジョルジュ・ヌドゥムに対するショッキングなプレーで退場にならなかったのはラッキー以外の何でもない。親善試合ということ、まだ27分だったことなどから、レフリーも大目に見たのだろう。あのプレーにはレッドカードが出て当然だと思ったし、夜にテレビで見返してその思いをさらに強めた。森本の代表入りは厳しいが、梅崎は間違いないだろう。

話をトゥーロン国際大会に戻そう。レッズの若き戦士、梅崎はフランス戦で見事なヘディングシュートを決めた。遅れてボックスに走り込んでくると、岡崎の右からの絶妙なクロスをドンピシャのタイミングで、ニアポストからファーポストへヘッドで叩き込んだのだ。DFには梅先の姿が見えていなかっただろうし、GKもなす術がなかった。
それは開始16分のことで、梅先は試合中、フランス選手とベンチを悩ませ続けた(彼のディフェンスも、フランスにとって鬱陶しいものなら私も文句はないのだが…)。

カメルーン戦で彼は、ジョスラン・マエビの好セーブに阻まれたが、技アリのサイドボレーでシュートを放つなど、マーカーをかわして上手いタイミングでボックスへ走りこんでいた。67分でベンチへ戻ったときには、反町監督は熱烈な握手を求めた。まるで「よくやった!代表チーム入り決定だ!」とでも言うように。
梅先には明るい未来が待っている。その資格がある。まだ、フリーキックの名人とまではいかないものの、良いフリーキックも持っている。フリーキックをもらう名人であることは間違いないのだけれど。

固定リンク | | コメント (0)


巻の起用が論理的

2008/06/12(木)

2008年6月11日:岡田武史監督は、思慮の深さで定評がある。しかし、出場停止処分となった大久保の代わりとして土曜日のバンコクの試合で使う選手については、あまり考え込まないで欲しい。はっきり言って、答えは簡単。巻を起用して空中戦での強さを活かし、この試合をモノにすればいいだけなのだから。

遠藤と俊輔という右利きと左利きのフリーキックのエキスパートが二人揃い、中澤と闘莉王がいる。このチームに巻が加われば、日本が勝利する可能性は大きく高まるだろう。ホームのオマーン戦で立証されたように、ゴール前にシンプルにボールを集めるのはまったく間違いではない。土曜日のタイ戦では、試合開始からこのアプローチをとって欲しい。

日本はタイに比べて体が大きく、強く、さらに敏捷性と経験があり、技術も優れている。つまり、実際にはあらゆる面で優位に立っているのだ。落とし穴があるとすれば、メンタル面だろう。タイに自由にプレーさせ、そのような状況で求められる対応力と冷静さが欠ければ、厄介なことになるかもしれない。
そのためにも、巻を起用すべきである。巻ならば、その空中戦の強さによって1人または2人の相手ディフェンダーを引き付けて他の日本選手がつけ込むスペースを生み出すことができる。ちょうど、羽生がジェフユナイテッドでやっていたみたいに。

ファーポストでマーカーより高くジャンプし、ボールをヘディングで危険なゾーンに落とすことができるのが、巻の最大の強みである。そうなれば、玉田がチャンスをモノにすることができる。
バックから強力な爆撃隊が加わるフリーキックとコーナーキックにさらに1枚戦力が加われば、日本は十分な数のチャンスを作り出し、楽々と勝利できるはずだ。

かっこいいサッカーにはならないかもしれない。岡田監督が究極の目標とするスタイルにもならないかもしれない。だが、今回のような相手では、そうすることが現実的で論理的なのだ。
勝点さえ取れば、それがどんなやり方だったかを気にする人はいない。それに、その夜の結果によっては、3次予選を1試合残した状態で最終予選進出が決定する可能性がある。

大久保が出場停止になっていなくても、タイ戦では、たとえ玉田をベンチに下げてでも体力的に優れた選手を前線に入れ必勝を期すべきだという意見が出ていたと思う。しかし今は、巻か矢野のいずれかを玉田と組ませるしか選択肢はなくなっている。となれば、経験豊富な巻を選ぶのが妥当だろう。
雪が降った2月の埼玉でのホーム戦では、日本はタイを4−1で破った(中澤と巻がともに得点したのをお忘れなく!)。セットプレーでの空中戦の強さという利点を生かしてプレーすれば、バンコクの湿気の中でも同じような試合ができるはずだ。

固定リンク | | コメント (0)


オーバーエイジ論議に終止符

2008/06/09(月)

2008年6月6日:大事な試合が次々と近づいてくる。6月12日(木)のU−23(23歳以下)日本対カメルーン戦もそうだ。試合の結果はさほど重要ではないが、反町監督とオリンピック候補選手にとっては非常に重要なのだ。
NACK5スタジアムで行なった大宮アルディージャとの練習試合の後、反町監督と話をした。そのとき彼は、カメルーン戦後にオーバーエイジの選手を決めると言っていた。もちろん、誰を選ぶかを発表するのではなく、オーバーエイジ枠を使うかどうか決める、ということである。

23歳以上の選手を1人、2人、そして3人とチームに加えることを決断すれば、シーズン真っ最中のJ1クラブも考慮することになる。
「仮に、闘莉王、鈴木啓太、そして高原を選べば、レッズファンに怒られてしまう」と反町監督。「JFAとチームの間で交渉が必要です」。
私は、日本代表はオーバーエイジ枠を使わずにオリンピックへ行くべきだと思っている。反町監督には、ゴールキーパー2人を含めわずか18人しか枠がない。そして監督には、優れたチームを組むのに十分な選手がいる。

ここでは、メダルについては考えていない。日本の場合、オリンピック・サッカーのメダルについて述べると要点がずれてしまう。他の多くの競技と違い、オリンピックは選手たちの目指すべき頂点ではないのだ。
ワールドカップのはるか下どころか、大陸選手権大会(コンチネンタルチャンピオンシップ)やクラブ選手権大会(クラブシャンピオンシップ)よりも下。できることなら、JFAが、将来に向けた若い選手を選んでほしい。オリンピックを、若手選手が経験を積み代表チームへと上がるための踏み台にしてもらいたい。

3人のオーバーエイジ選手がチームを強化するとはいえ、森重の代わりに中澤、梅崎に代えて俊輔というように、才能ある若手の貴重な経験をベテラン選手が奪うのを見たくはない。補足すると、9月にはワールドカップの最終予選が始まる。8月の中国でベテランを消耗させず、彼らを見るのは最終予選まで待ちたいものだ。
反町監督は、21名のカメルーン戦メンバーを発表した。他にも、フル代表に入っている長友、内田、香川、負傷中の安田もいるのだ。18名を選ぶのはとても難しい。ただ、木曜日が過ぎれば少しクリアになってくるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


横浜での悲報と凱歌

2008/06/05(木)

2008年6月3日:月曜日。その日は不安で始まり、悲しいニュースが追い討ちをかけ、そして日産スタジアムでのオマーン戦快勝で幕を閉じた。
今回の試合は、力を出すことなくバーレーンに敗れた日本代表にとって大事な試合であったが、その日の午後遅く、我々がスタジアムに入場する列に並んでいるところに、長沼健氏の訃報が伝わってきた。
その瞬間、岡田監督の選手起用とフォーメーションに関する議論など、どうでもよくなった。日本がサッカー界のパイオニアを失ってしまった、その瞬間には。

日本サッカー協会(JFA)の前会長と最後におしゃべりをしたとき、埼玉スタジアム2002で行なわれた大会に1,000人以上の子供たちが参加してくれたと話していた。長沼氏はこの成果にとても誇らしげで、とても嬉しそうで、目がキラキラ輝いていた。まるで少年が初めてサッカーシューズを履いたときみたいに――。

国歌斉唱前の黙祷と選手たちの黒い腕章が重苦しい雰囲気を醸し出していたが、その後に日本代表は一転して活き活きとしたプレーを見せ、誇るべき結果を出した。
日本は、この試合ですべきことをすべて、楽々とやってのけたのだ。戦術や選手起用なんてどうでもいい。最も印象深かったのは、選手たちの勝利への渇望、積極的な姿勢、威厳。アジアのトップチームとしての地位が問われる試合だったが、選手たちは見事なプレーで実力を証明し、最後まで観客を魅了したのだ。
キャプテン中沢の大胆なヘディングシュートで、試合は動き始めた。バックから怒涛のごとく駆け上がっていた闘莉王を中村俊輔が見逃さなかったがために生まれた、大久保の冷静沈着なシュート。それから、松井の左サイドでの素晴らしい仕事を引き継いだ、中村俊輔のゴール隅に決めた右足のシュート。

予想どおりではあったが、試合後の会話とテレビのリプレイはペナルティエリア付近での俊輔の魔法に焦点が当てられていた。しかし、松井の貢献も見逃してはならない。フランスでプレーしている、この優雅な選手はますます完成度が高まっている。京都にいた、若くて、軽いプレーの選手がいまや風格を身につけ、ワールドカップを目指す日本の中心的選手となったのである。
それから、試合終了のホイッスルが鳴ったときのファンの歓声! そこには、日本の理想の姿、あるべき姿、鮮やかな青の残像があった。

固定リンク | | コメント (0)


スーパーマンから透明人間になったタカ

2008/06/02(月)

2008年5月30日:どんなストライカーでも、ゴールから遠ざかればフォームを崩すもの。そんな時、たいていの監督はこう言うだろう。
「彼がシュートを何本か外したとしても、さほど心配はしない。すべての試合でゴールを決めることなどできないし、誰でもそういう時はある。それよりも、シュートする機会に恵まれない方がよっぽど心配だ」。

高原直泰も例外ではない。タカが単にシュートを外しているだけなら、岡田武史監督も彼をチームに残すだろう。高原の実績からしても、それは時間の問題。またゴールを決めるようになるのだから。だが、問題は彼がシュートを打つ機会に全く恵まれていないということなのだ。毎試合シュートを外しまくっているのではなく、存在感自体がない。2007年アジアカップのスーパースター高原は、透明人間になってしまったのだろうか。

高原が途中交代させられた直近のレッズの試合後、私はゲルト・エンゲルス監督とブンデスリーガから復帰した彼について話す機会があった。
「もちろん彼は不安だろうね。でもそう深刻なことでもないよ。シュートを外したから交代させられたというなら別だけどね」とエンゲルス監督。高原とチームは、まだお互いに慣れていない。高原がチームに馴染み、相手ディフェンスに対してどのようにして攻めるか学んでしまえば、ゴールは必然的に生まれるはずだと楽観しているとエンゲルス監督は言う。そしてこう続けた。「もちろん、彼は現状に不満を持っているよ。今の彼はオーバーワーク、冷静じゃないと思う。我慢が必要だな。それが一番のポイントだ」。

先日のキリンカップ、パラグアイ戦で途中出場した――後半18分、巻に代わって登場――高原だったが、明らかに調子を崩していた。高原の復調…そう、以前の高原に戻すにはレッズへ帰すのが一番だと考え、岡田監督は代表メンバーから外すことにした。
高原はきっと、戻ってくる。6月に入りこれ以上の不運に見舞われなければ、ワールドカップ最終予選に必要とされる選手なのである。南アフリカ目指し、透明人間はスーパーヒーローに戻れるはずだ。

固定リンク | | コメント (0)


« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »