« 京都の怒りもわかる | トップページ | レッズを生き返らせたのは、やっぱり闘莉王 »

夢を諦めない“スッポン”北斗

2008/04/28(月)

2008年4月25日:反町康治監督が最後に必要とするものは、オリンピック代表チームに自身の考えを加えることのできる、もう一人の幅のある選手である。1年半に渡る故障から復活した中村北斗が、まさにその“もう一人”。

水曜日に行なわれたオリンピックトライアル、NACK5スタジアムでの2試合の練習試合のうち1試合、大宮戦にフル出場した22歳の北斗(誰もが彼を下の名前で呼ぶ)をじっくり観察していた。
2006年にアビスパでプレーしていた頃、ダイナミックで攻撃的な右サイドバックだった昔の北斗では必ずしもなかったが、北京オリンピックまでは3ヶ月の調整期間がある。私は反町監督に特に北斗のことについて聞いてみた。北斗は2006年に膝のじん帯を負傷する以前は、私のお気に入りの若手選手の一人だったのだ。
「彼はまだ100パーセントではありません」反町監督は答えた。「彼はもっとできるはず。まあ、プレーは悪くなかったですよ」。しばしの沈黙の後、「うちには、良いサイドプレーヤーがたくさんいますからね」と続けた。

確かに、反町監督が3−5−2システムを採用するなら、内田、水野、そして長友に次いで現時点で北斗は4番目のチョイスだろう。4バックを採るなら内田、長友に次いで3番目。これでは、キーパーを含む18人の代表に選ばれるには不十分だ。2007年、わずか3試合しかプレーしていない北斗にとっては難しい注文かもしれない。彼にできるのは、体調を整えベストを尽くすことだろう。

水曜日、4バックの右サイドで彼がプレーをするのを観られたのはもちろん喜ばしいことだ。そして彼にとっても、大宮の経験豊富な左サイドである波戸や藤本との対戦は良いトレーニングになったはずだ。タフで積極果敢なフルバックとして、そして優れたマンマーカーでもある北斗には、一度噛み付いたら離さない“スッポン”のニックネームがある。イングランドのサッカー界ではこういう選手を“テリア”と呼ぶ。小さいながらも踵に噛み付いたら二度と離さないという犬だ。
まあカメだろうがイヌだろうが、これだけは確か。一度すべてを失ったかに見え、そして復活。北斗はそう簡単にオリンピック代表の夢を手放さないだろう。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。