« 勝点1なら悪くない | トップページ | ついに勝利。それにフェアプレーも »

成す術なしの日本が得損なったもの

2008/03/31(月)

2008年3月29日発:「日本は成す術がなかった」。バーレーンのミラン・マチャラ監督のその短いコメントがすべてである。これまでに何度か日本と対戦し、日本のサッカーを熟知している“中東の魔術師”のあまりにも厳しいコメント。しかし水曜夜、日本はアウェーのバーレーンに0−1で敗れ、6月まで続く4試合のグループ予選で自分たちにプレッシャーがかかる状況を作ってしまった。それがフェアな評価といえよう。
ピッチ上の日本代表はペースも上がらず、お疲れ気味。リーダーシップも経験も欠いていたように見えた。バーレーンのボールに対する素早いプレスに、ボールキープどころかリズムに乗ることさえできずに終わった。

マチャラ監督が語ったように例え“成す術がなかった”としても、日本だって“得るもの”はあったはずだ。試合終了まであと13分のところで、川口が重大ミスを犯すまでは…。スコアレスドローに持ち込み勝点1を得る。バーレーンだってその結果に十分満足したはずなのだ。
主導権も握れず、単調な攻撃ばかりの日本だったが、それでも後半にはゴールを挙げるチャンスが二度あった。
バーレーンがゴールを挙げる前には駒野が右サイドから上げた絶妙なクロスを大久保が決め損ね、バーレーンが先制した後には阿部が、やはり決め損なった。これらの決定的なチャンスを決められなかったのは、技術的な問題ではなく自信の欠如というべきだろう。

彼らの不甲斐ないプレーと試合結果が影響したのかはわからないが、翌日の国立競技場でのU−23日本代表のアンゴラとの親善試合の観客はわずか1万2,718人。しかし少なくとも、観戦した人々には、強豪と対戦するU−23代表選手のエネルギーと大望が見えたはずである。
特にMF中央、細貝と青山敏弘のコンビに、私はあらためて感心した。反町監督のオリンピック代表メンバー18名への生き残りを賭け、頑張ってきたのだろう。ボールを追い、攻撃を阻止し、そしてボールを奪って攻撃選手にボールをフィードしつつチームを動かし続けた。
試合終盤には、細貝はまるで闘莉王のように相手ペナルティエリアで体を張ってプレーしていた。リードを守りきれず同点に終わったのは残念だが、彼らは胸を張って競技場を後にしたし、サポーターたちも彼らを誇りに思うことができた。
前夜のバーレーンでは、こうはいかなったのだが…。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。