« 降格にめげず進むサンフレッチェ | トップページ | サンフレッチェの説得活動は続く »

梅崎獲得で幸先の良いスタートを切ったレッズ

2007/12/31(月)

2007年12月29日:ここ数週間、浦和レッズが大分トリニータの梅崎司を獲得するという噂がささやかれていたが、水曜日、正式に移籍が決定した。
若干ハタチの梅崎だが、スピードと頭脳は群を抜いている。彼は様々な攻撃的ポジションをこなすことができ、1年前にジェフから移籍した阿部勇樹が守備的ポジションでそうだったように、監督にとっては様々なオプションが増える。
レッズは移籍金を公表していないが、報道によると2億円だそうだ。降格の危機を避けたい大分は、これで来季に向け全ポジションの補強を行なえる。当面に間は、大分はもちろんのこと、いまだ補強の終わらない浦和も積極的に移籍話をすすめることだろう。

先日の天皇杯5回戦、千葉で行なわれたガンバ対トリニータ戦で、私は著名な日本人エージェントと話をした。
アジアチャンピオンズリーグでの勝利とJリーグの観客収入で、浦和には潤沢な資金がある。彼らが獲得を狙う上位3選手は、梅崎、FC東京の今野、そしてサンフレッチェの柏木。日本人エージェントによると、レッズは長谷部、そして、1月あるいは来夏にヨーロッパ移籍の可能性がある鈴木の後釜が必要なのだという。
他にレッズへの移籍が噂されているのは、サンフレッチェの駒野、そしてワシントンの代役としてアルビレックスのエジミウソン。埼玉ではまだまだ移籍話が進行している。

梅崎の獲得は、幸先の良いスタートだ。彼はレッズの攻撃にひらめきと創造性を与えてくれることだろう。タイプとしては大久保似で、トップ下を走り回ってオープンスペースを探し得点に結びつけることができる。
JリーグでMVPに輝いたロブソン・ポンテの負傷は、梅崎にとっては来季の先発の座を獲得するチャンス。ただし、レッズのような強豪チームで自身の存在を示すことは大きな挑戦でもある。
さらに言うと、梅崎にはオリンピック代表入りの可能性も残されている。北京へ向け、反町ジャパンは進化し続けている。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。