« 横浜FCが学ぶべき教訓 | トップページ | 柏でのずぶ濡れの午後 »

埼玉での準決勝の重要性

2007/10/29(月)

東京・10月26日:浦和レッズにとって、水曜夜に行なわれたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝、城南戦の勝利は非常に大きな意味を持つ。アジアサッカー界の発展という観点から見ると、ここ15年で最大級の意味。業界筋ではそう言われている。
ピッチの外ではスポンサー、マーケティング、テレビ中継、そしてピッチ上でもJリーグや各世代の代表チーム等、日本がアジアのサッカーを引っ張ってきたのは疑うべくもない。しかし、2002年、アジアサッカー連盟により、アジアクラブ選手権とアジアカップウィナーズカップ、そしてアジアスーパーカップ(前述の2大会の勝者同士で争われた)が「アジアチャンピオンズリーグ」として統合されて以来、欠けているものが一つあった。それはもちろん、日本のチームの勝利だ。

それがいま、変わろうとしている。レッズがセパハン(イラン)とのACL決勝に進んだのだ。マーケティング担当者たちは、一晩で大会の注目度が新たなレベルに達することを感じとっている。
「92年アジアカップ優勝、1993年のJリーグ誕生、97年フランスワールドカップ出場を決めたイラン戦の勝利。今回のレッズの決勝進出は、それらと同じくらい重要な意味を持つものです」。北アジアを管轄するワールドスポーツグループ香港支社のニック・モールド支社長はそう語った。
埼玉スタジアムで試合が行なわれた水曜の夜、すべてが終了した午後10時10分を回った頃の会話だ。

試合が全てだった。因縁の対決、そして試合の重要性にも関わらず、素晴らしい試合内容…。
ゲームは代表戦を彷彿させるような雰囲気のなか、キックオフ。私は、97年の国立競技場でのワールドカップ予選、日本対韓国に思いを馳せていた。
1点リードから逆に1−2とリードを許した時には、結果も当時と同じになるかと思われた。しかし今回は、長谷部がレッズを救ってくれた。そうして日本人(それからブラジル人とドイツ人監督)は、PK戦を制したのだ。
ドイツ人…準決勝PK戦…レッズが負けるわけがない。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。