« 2つの好結果。だが準々決勝はまだ終わっていない | トップページ | フロンターレFW鄭大世の弁護 »

駒場と味スタの両極端な試合

2007/09/27(木)

週末に、奇妙な試合が2つ。
土曜日、私は浦和駒場スタジアムでのアルディージャ対ジェフユナイテッド戦に向かった。ピッチの状態が悪いなかでの試合は、日本サッカーの逆宣伝だった。
大宮の試合は、J1残留を目指すチームとは思えないもの。まるでプレシーズンのエキジビションか、両チームにとって何の意味も持たないシーズン終盤の消化試合のよう…。

斉藤のゴールでジェフが1−0の勝利を収めたが、相手が10人になった後半に追加点を挙げられなかったのは、アマル・オシム監督にとって大きな悩みの種だ。結局、ジェフが完封勝利できたのは、自陣ゴール・マウスのなかで最初にタイミングよくボールをインターセプトし、それからペナルティ・エリアのちょうど外で見事なタックルを見せた、リベロの中島のプレーがあったからである。
しかし、全体的には見どころの乏しい試合で、パスミスがあまりに多く、創造性あるいはコンビネーションの妙が楽しめる瞬間はほとんどなかった。

日曜日の味スタは、FC東京対エスパルス。こちらのほうがずっと、ずっと良かった。
試合開始後しばらくは、一方のチームが圧倒的に試合を支配していた――しかも、それはホームチームではなかった。エスパルスは私がこれまで見てきたなかでもっとも大柄なチームで、本当に見事な立ち上がりを見せ、自信満々。よく組織されていた。
だが突如、2点のリードを奪われた。

東京の1点目のゴールは、右サイドの石川のクロスにダイビング・ヘッドで合わせ、ファーサイドにゴールを入れてしまった、高木和道の不運なオウンゴール。これはむしろ石川を褒めるべきで、うまく抜け出してから、ハーフボレーで供給したクロスは華麗だった。

直後の赤嶺のシュートも同様で、福西がペナルティ・エリア内に猛然とダッシュした後に、ニアサイドに左足で倒れ込みながらのハーフボレーを放ったのだ。
ゲームを支配していたにも関わらず、エスパルスは苦しい立場に追い込まれ、敗北が迫ってきた。試合の様相があっという間に変わったのは信じられないくらいだったが、東京は今野がチームを牽引したおかげで、流れを2度と引き渡すことはないように見えた。

しばらくはディフェンスの中央での藤山の相棒役を割り当てられていたが、首尾よく中盤の中央の位置に戻ることができた今野は、いつも私のMVPだ――しかも、この評価は試合前、キックオフの前から決まっているのだ。今野より良いプレーをして、私のMVPを獲得する選手もいるにはいるが、そんなことは、まあ稀である。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。