« 日本代表復活!〜心強い勝利〜 | トップページ | 情熱と感情、そして… »

サンフレッチェの矢印は上向き

2007/08/30(木)

ゴール・マシーンのウェズレイが出場停止でも、土曜夜のサンフレッチェ広島は日産スタジアムで横浜F・マリノスを相手によく戦い、2−2で引き分けた。
右サイドの駒野、中央の戸田と青山、それから左サイドの服部。中盤を構成する4人が私は特に気に入った。駒野と服部はサイドからの攻撃の選択肢を自然に増やしているだけでなく、3バックのディフェンスのサイドのカバーも行なっている。ちなみに、そのディフェンスの要となっているのは、かつてジェフでお気に入りだったストヤノフだ。

戸田が2002年のワールドカップと同じ中盤の真ん中におり、現在のオリンピック代表である青山がエンジンルームでの相棒。この3−4−2−1のフォーメーションはコンパクトでバランスがとれており、柔軟性がある。
3−4−2−1の「1」は、佐藤寿人。4バックの裏をとる俊敏な動きで、その夜を通じて、ホーム・チームのディフェンス陣を苦しめていた。佐藤は本当に聡明で、独創的な選手だ。ペナルティエリア内では天性のストライカーとなるが、それだけではなく、ピッチのどこにいてもチームに大いなる貢献をしている。

中盤の4選手がうまく連係しているおかげで、柏木と森崎浩司は自由に攻撃に参加し、佐藤をサポートできる――実際、この2人がともにゴールを挙げた。
柏木は今シーズン、日本代表で頭角を現している。ユースチームからオリンピック代表チームへの昇格を果たし、トップレベルの選手としての地位を築きつつある。まだ19歳。全ての試合で観客を魅了するプレーを期待するのは無理というものだが、ファンは彼が次にゴールを挙げたときにどのようなパフォーマンスを見せるのかが楽しみでしかたないのである。

ヴィッセル神戸を相手に、ペナルティエリア付近からフリーで芸術的なゴールを決めたことは以前にも書いたが、あのゴールは、彼に特別な才能が宿っていることを示すものだった。努力を続け、成長を続け、笑顔を見せ続けてくれることを願おうではないか。彼は、日本サッカーの新たな息吹なのだから――。
サンフレッチェは入替え戦を戦わなければならない16位とわずかに5ポイント差なのだが、「3本の矢」が降格争いに向かうことはない。土曜夜の試合を観て、私はそう確信した。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。