« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

ギュネス監督「技術力と体力だけでは足りない」

2007/07/30(月)

7月28日:木曜夜に行なわれたFC東京とFCソウルによるプレシーズンマッチは、観戦の価値のある試合だった。無得点に終わり、サッカー自体はパッとしないものだったが、セノール・ギュネス監督から話を聞けたからだ。
トルコ代表の元GKでキャプテンも務めたギュネス監督は、2002年ワールドカップで日本、韓国を破りトルコを3位に導いた。この年のUEFA年間最優秀監督賞を受賞。FCソウルの監督となって6ヶ月経った彼は、この極東のサッカーについて面白いことを言っていた。

基本的に、日本は技術的に、韓国は体力的に優れているが、しかし、世界のトップレベルに追いつくには両国の選手ともそれだけでは足りないのだと彼は話した。手短に言うと、もっと考える、しかももっと素早く考える必要がある、と。

「ワールドカップでは、メンタル面での成長が必要だ。選手たちがゲームを自らの手でお膳立てし、組み立てることは容易じゃない」
通訳を介し、彼はそう語った。
「サッカーは技術と体力だけでは戦えない。どんな状況でも試合をコントロールできる精神力が必要だ」
「両国とも、もっと素早い決断力が必要だ。これが一番の問題だ。ボールを受けたとき、常に次のステップを決め、ボールを蹴る前に全てを決めなくてはならない」
これをできた唯一の選手が、中田英寿。彼はボールを受ける前に次の動きを考えていた。彼がアジアで突出した選手たりえた最大の理由は、ギュネス監督が挙げたサッカー選手に必要な2つの資質――技術レベル、たくましい体――をもっていたことだ。

水曜夜に日本代表は2−3でサウジアラビアに敗れたが、ここに中田のような選手がいればと、オシム監督も思ったことだろう。日本は二度まで追いついたのだが、三度は無理だった。マレクの爆発力の前に、空中でも地上でも、阿部、中沢、そして川口は対応できなかったのだ。
サウジアラビアは強かった。何と言っても、彼らはワールドカップに4大会連続出場をしているのだ。今回の試合結果は、決して驚きではなかった。そう、“落胆”ではあったけど“意外”ではなかった。

固定リンク | | コメント (0)


とりあえず、基礎はできた

2007/07/26(木)

7月24日:日本代表がオーストラリアを破った試合では良い面がたくさん見られたが、イビチャ・オシム監督が修正を望むような、悪い面もいくつ見られた。
良い面としては、新生日本代表が冷静で自信に満ちた態度でゲームを支配したこと。高原の素晴らしいゴールですぐに同点に追いついたこと。最後の最後まで集中力と規律を維持できたことなどが挙げられる。
いずれも、心理的そして肉体的に強いチーム、つまり自分たちの力と監督の能力を信頼しているチームに見られる傾向だ。

ただしそのパフォーマンスは満足ばかりではなく、不満に感じるところもいくつかあり、初戦でカタールに引き分けた(1−1)あとに不満に思った点も繰り返された。
やはり、日本はゴールが見えたらもっとシュートを打つべきだ。その1つが前半の中澤。自陣深くでボールを持った中澤はドリブル突破し、彼の前に誰も立ちはだからないので前進を続けた。
中澤は自信と気迫に満ちていたから、私はゴール前25〜30m地点で大胆にシュートを打って欲しいと思っていた。しかし実際は確信が持てなかったようで、シュートを打たず、ペナルティ・エリア近くにいた高原を探し始めた。ボールはカットされ、中澤は大急ぎで自陣に戻らなければならなかった。

これは一例に過ぎないが、日本代表のこのようなプレーについては中村俊輔がハノイで何回か指摘している。延長のある時点で、相手が10人なのに日本のパス回しがあまりに多いのは、オーストラリアの選手を催眠術にかけ、眠らせてからゴールを狙うという作戦なのか? とさえ思った。

巻の特長は空中戦、とくにファーポストでの競り合いの強さにある(ジェフのファンとガンバのディフェンスは、彼が驚異的なジャンプをして新居のゴールのお膳立てした、今シーズンのフクアリの試合を覚えていることだろう)。しかしオーストラリア戦では、日本はゴール前にクロスを上げたくないかのように見え、ペナルティ・エリアの外でもたもたボール回しをする場面があまりにも多かった。
俊輔が相手陣内深くに切り込んだとき、巻がファーポストで彼らしい仕事をした。オーストラリアはミリガンがもたついている間に、タカ(高原)が右足から左足に切り替え、この試合でも見事なゴールを決めた。

日本は、ボールをキープするときと、勝負に出るときの切り替えができなければならない。また、予想できない、爆発的な要素を見つける必要もあるだろう(この役割については、私のお勧めはやっぱり大久保嘉人だ!)。
しかし、新生日本代表のスタイルと特長ははっきりした――オシムは自身の使命を着々と果たしている。

固定リンク | | コメント (0)


貫禄のマンチェスター・ユナイテッド

2007/07/23(月)

7月20日:今週初めに来日したマンチェスター・ユナイテッド(マン・U)は、素晴らしい親善大使だった。
記者会見、チャリティ、練習、試合、サイン会と、おそらく彼らは日本と戦ったベトナムのGKより忙しかったに違いない。

火曜の夜、レッド・デビルズは浦和レッドダイヤモンズと対戦した。
ジメジメした夜に行なわれた、イングランドと日本チャンピオンの対戦には、5万8000人ものファンが押し寄せた。
その夜の埼玉郊外は雨が降り、肌寒いほど。クリケット観戦でオールド・トラフォード(マンUのホームスタジアムとは別)へ向かっている時のことを私に思い出させた。

マン・Uの遠征は、AFC(アジアサッカー連盟)やFIFA(国際サッカー連盟)から激しい非難を浴びている。マン・Uのようなヨーロッパの有名チームがアジアにやってくると、彼らばかりがさまざまな面で得をし、アジアは何も得られないと考えられがちだからだ。
さらには、ベトナム、マレーシア、インドネシア、そしてタイ(これで全部、どこも忘れていないよね?)でアジアカップが開催されている最中の遠征は、アジアへの侮辱とも言われている。
しかし、そんな話はまったくナンセンス。サー・アレックス・ファーガソンもそのことについて、ハッキリと答えている。

ファーガソン監督は、アジアカップとスケジュールが重なってしまったのは残念だが、選手たちは1年おきにヨーロッパ選手権やワールドカップを戦わなくてはならず、せっかくの機会を無駄にできなかったと語った。
また、サッカースクールやチャリティは決して、他チームのファンを奪うためではないと。「私たちばかりが得をしているわけではない。私たちもまた、与えている」。彼はそう付け加えた。

内舘秀樹がクリスチアーノ・ロナウドばりのゴールでエドウィン・ファンデルサールを翻弄し、そして小野伸二は、体力は衰えようとも才は失わないことを証明するような天才的なゴールを決め、試合は2−2の引き分けに終わった。
試合後、ファーガソン監督は、山田と小野をとりわけ褒め称えた。
「ナンバー6(山田)がとても良かった。非常に頭が良いし、よく動く。気に入ったよ」
「それから後半のナンバー8(小野)。良いシュート、うまいシュートだったね」

リオ・ファーディナンドも、小野について背番号ではなく名前を挙げて語った。
「小野はとても能力の高い選手。今夜もそれを見せてくれたよね。フェイエノールト時代から、彼のことは好きだったんだ」

さあ伸二よ、次は何が・・・?

固定リンク | | コメント (0)


ゴールラッシュのなかで光ったDF小宮山

2007/07/19(木)

現在、日本の選手とファンが注目するカップ戦は、アジアカップだけではない。嵐に見舞われた週末には、国内でも楽しみな試合があった。
ナビスコカップは準々決勝・第2戦の4試合が行なわれ、合計23ゴールが生まれた。内訳は、ガンバ大阪対浦和レッズ戦7ゴール(5−2)、FC東京対横浜F・マリノス戦(2−4)と川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府戦(4−2)がそれぞれ6ゴール、鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島戦(3−1)が4ゴールだ。

私は土曜日は味スタでFC東京対マリノス、日曜日は国立でフロンターレ対ヴァンフォーレを観戦したのだが、どちらも派手な試合だった。
マリノスは2戦合計では4−3と僅差の勝ち抜けとなったが、第2戦の途中では、キャプテンである山瀬功治のダイナミックなパフォーマンスがあったおかげで、4−0でリードする場面も見られた。山瀬はびしょ濡れのなかで爆発。狙い澄ました右足のシュートをゴール上隅に決めて先制点をもたらしたほか、その後ルーズボールを奪って完璧なクロスを送り、大島の2点目のヘディング・シュートをアシストした。

山瀬がFC東京を葬った奮闘ぶりは、彼らに個人的な恨みでもあるのかと思うほどだった。これまで相次ぐ負傷に苦しんできた山瀬はまだ25歳。かつてなかったほどのキレあるいは質の高さを発揮していた。
山瀬以外にマリノスで印象深かった選手としては、22歳のレフトバック、小宮山がいる。小宮山は聡明で精力的。日本代表のイビチャ・オシム監督が気に入りそうな、気迫に満ちたプレーをする。また、両足でプレーすることができ、空中戦でも臆することがない。目の前の敵には誰であろうと立ち向かい、打点の高いヘディングで競り合いを制する場面がいくつか見られた。

日曜日に最も不運だった選手は、甲府のストライカーの須藤だ。チームが2試合で記録した5ゴールはすべて彼が決めたものであったが、それでも最終的に、チームはフロンターレに敗れたのである。
台風が首都に接近しているという警告を聞かずに国立競技場までやって来た1万人のファンにとっては、ファンタジックな試合であったことだろう。ゴールが量産され、すさまじいスピードで攻守が入れ替わる、まさにトーナメントの準々決勝にふさわしい試合。片方のチームが試合を支配したかと思うと、突然もう一方が主導権を奪い返すといった試合展開のなかに、甲府のチームメートである秋本と井上の激しい言葉のやりとりや、甲府のディフェンダー池端とフロンターレのストライカー鄭大世のレスリング試合といった出来事も盛り込まれていた。
結局、23歳以下の選手を対象としたナビスコカップ・ニューヒーロー賞の投票で私の一票を獲得したのは、小宮山だった。

固定リンク | | コメント (0)


良い手本を示した駒野

2007/07/16(月)

7月14日:だいぶ良くなってきたと思いませんか?
日本代表はUAEを破った(3−1)だけでなく、プロとしてきちっと仕事をした。プレーに強固さと切れ味が、特にDF陣に出てきた。そして日本にとって非常に有利なペナルティのおかげで、ハーフタイムには勝利を確実なものとした。
とはいえ、UAEが1人少ない10人にもかかわらずバックスを1人引いて戦えたことや、川口、阿部、中澤の連携にはコミュニケーションに問題があることなど、不安材料もある。

サポーターは、勝利にはしゃいでばかりもいられない。まだ勝点4を得ただけ。そしてまだ開催国との最後のグループゲームが残っているのだ。
日本選手達にとってはまたとない経験になるだろう。驚くべき雰囲気に飲み込まれることなく試合を支配するために、相手チームを速攻で押さえこまなければならない。みっともない番狂わせを避けるためにも。
優れた技術と経験、そして高さのアドバンテージで日本は勝利を収めるだろうけれど、ベトナムは頭から徹底的に叩きのめす必要がある。

UAE戦では高原が素晴らしい2点を挙げ、日本の優位さを誇示することができた。しかしこれは高原にスペースを与えた巻の存在が大きい。
だが、私が最も感心したのは駒野だ。ゲーム序盤に見せた左ウィングからのカットイン、そしてシュート。さらにその直後、今度は遠藤が中盤を駆け上がりゴールを狙った。
日本選手たちが積極的な姿勢を見せてくれたのは非常に喜ばしいことだし、その甲斐あって、その夜の試合の流れを決めることができた。
パス回しばかりで、シュートできるポジションにあってもシュートを打たないのではなく、残りの試合でもこのポジティブな姿勢を保ってくれることを願う。

オシム監督も、シュートを打つよう檄を飛ばしていたに違いない。そして駒野のようにシュートが外れても、激を飛ばし続けたに違いない。
試合が三分の一も過ぎないうちに、高原の2得点で日本はゲームを支配。そしてUAEのペナルティで試合は決定的となった。
キーパーがファーポストに浮き球を上げた遠藤を掴んだとして、主審がペナルティを科した時、私は正直、そのコールが信じられなかった。しかし、それは日本の心配することではない。そしてこの物議を払拭するように、俊輔がPKを冷静に決めたのだ。

試合終盤になると、オシム監督はキーとなる選手を今後に備えて休ませ、攻撃の手を緩めないために、巻と元JEFの阿部のもとに羽生(高原と交代)と水野(中村俊輔と交代)を投入した――その様子は、JFAは“JEF FOOTBALL ASSOCIATION”なのでは思えるほどだった。
月曜日はお祭り騒ぎになることだろう。日本の目標はまだ達成されるたわけではないのだ。しかし、ずいぶん良くなってきている。

固定リンク | | コメント (0)


もっと積極的に攻めないと

2007/07/12(木)

2007年6月10日:カタール戦の引き分け(1−1)という結果に、イビチャ・オシム監督が腹を立てているのは確かだ。私も腹立たしかったし、日本の多くのファンもそうだっただろう。
言うまでもないが、日本が楽に勝てる試合だった。圧倒的にボールを支配していたし、選手一人一人の資質、そして大舞台での経験といった点では、相手チームとは格が違っていた。
しかし、追加点を挙げられなかったため、カタールにも追いつき引き分けるチャンスが最後まで残されていたのも確か。そのチャンスをものにされ、その夜がぶち壊しになってしまった。

阿部については、同点ゴールの引き金となったファウル、つまり日本が勝つ明らかなチャンスの1つをモノにできなかったことを責めようとは思わない。
どう見たって、阿部は川口が出てきてボールをクリアするのを待っていた。キーパーが来ていないことに気づいた彼はパニック状態に陥り、フリーキックを与えてしまったのだ。ミスを犯したあとの阿部のボディ・ランゲージがゲームの行く末を物語っていた――「同点にされるかもしれない」。

チャンスについて言えば、真っ先に頭に浮かぶのは高原の美しいヘディングに合わせたものの、バーの上を越えた山岸の左足のハーフボレーと、カーブをかけたボールがファーポストの外を通った終盤の羽生のシュート。この2つだ。

いや、もういい。チャンスを逃したことにはイライラしたが、私の怒りの原因はそれではない。
私ががっかりしたのは、ゴールが見えているのに日本がシュートを打たなかったことだ。とくに目立ったのが遠藤。彼はまるでアシスト王を狙っているようだった。日本は、遠めからゴール前にボールを放り込む代わりに、複雑に入り組んだパス回しをして、ボールを確実にゴールに入れようとしていた。日本はダイレクトなアプローチをもっと増やし、ピッチの残り3分の1の地点まで攻め込んだときには、よりダイナミックかつ積極的にプレーしなければならなかったし、そうしなければならないと思う。
そのためには、同じことを繰り返すが、私なら巻を高原と組ませ、ミッドフィルダーを1人減らす。ただし、減らすのは私のマン・オブ・ザ・マッチの鈴木啓太ではない。

巻と高原が並べば、地上戦でも空中戦でもより多くの選択肢が生まれるだろう。巻はゴールを挙げなくとも何かをやってくれる。チームのために懸命に動き回り、つねに相手ディフェンダーの脅威となってくれるのだ。
カタール戦の結果は期待はずれだったが、13日の金曜日、UAE戦に勝てないようであれば、日本は本当に厄介なことになってくるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


アジアカップ優勝候補の日本。しかし…

2007/07/09(月)

7月7日:6月5日、コロンビア戦に引き分けた(0−0)試合を見て、日本代表にはアジアカップで優勝する力が十分にあると確信した。調子の上がらない前半を乗り切ると、後半はコロンビアに対し良いプレーを見せ健闘した。
チームとしてのまとまりや、イビチャ・オシム監督指揮のもと、選手たちの目的意識、目指すプレーを感じることができたし、アジアのライバルたちを寄せ付けない、自分たちのサッカーをしていた。

約1ヶ月にわたるアジアカップが始まろうとしている。おそらく日本は良いプレーをしてくれることだろう。
優勝を断言はしないが、2010年ワールドカップ・南アフリカ大会予選へ向け、そして2006年大会では叶わなかったが、本戦での健闘に向けチームが順調に来ていると感じさせてくれることだろう。

オシム監督にとって、ベトナムでのアジアカップは勝って当たり前の状況だ。
2人の前任者、2000年のトルシエ、そして2004年のジーコも、日本をアジアチャンピオンに導いている。
仮に日本が3大会連続、通算4度目の優勝を逃したとしても、ファンがオシム監督はトルシエやジーコよりも劣っていると言い出さないよう私は願っている。
決して、そんなことはないのだ。

オシム監督は、自身の目標についてハッキリ言及したことがない。
その一方で、ワールドカップ出場はアジアカップ優勝よりも重要だと言う。だが選手のセレクションを見ると、決してそうは考えていないような気がする。
もし監督が現在よりも先のことを考えているのなら、左サイドの本田、攻撃的MFの家長、そしてリベロの伊野波ら、オリンピック代表がアジアカップの代表23名に選ばれていただろう。
今回、伊野波は播戸の負傷により代表入りした。伊野波は、オシム監督により多くのオプションを与えてくれることだろう。

闘莉王と水本がいなくても、坪井、阿部、中澤の3バック、それから加地、中澤、阿部、駒野の4バックはアジアカップを制するのに十分強力な布陣だ。
コロンビア戦での阿部と中澤のコンビは非常に良かった。また、伊野波は阿部の交代要員としてリベロやミッドフィールド中央でプレーできる。そして何より伊野波にとって、先輩たちとプレーして得るものは大きいはずだ。

アジアカップで日本は優勝できるだろう。もしできなくても、それで世界が終わるわけではない。オシム監督のサッカーは、しっかり根付いてきている。

固定リンク | | コメント (0)


ウェーブはご勘弁を

2007/07/05(木)

感じ方は人によって違うのだろうが、U−20(20歳以下)ワールドカップで日本がスコットランドを3−1で破った試合の観戦は、まったくもって奇妙な体験だった。
結果は日本にとって申し分のないもの。だが、周囲の雰囲気が、控えめに言っても尋常ではないのである。
試合中だというのにあちこち歩き回っている人々がいるし、そこかしこにテントがある。それに大勢の観客は無音状態に陥っているしで、選手たちはきっと、練習場にいるような気分になったことだろう。

選手たちは牧場からスタジアムのピッチまで散歩に来たようにも見え、サッカーの試合は夏祭りの催しの1つになっているようだった。次はどんなイベントがあるのだろう? なんてことを私は考えていた。男の子たちの袋競争か、それとも女の子たちがスプーンで卵を運ぶ競争? あるいは、どっかの野菜生産者協会が新たまねぎの展示会でも開くのだろうか?

とにかく、試合会場の雰囲気はまったく常軌を逸していた。そして、この状況をさらに悪化させたのが、後半のウェーブ。無粋なことを言って申し訳ないのだが、FIFAはすべてのサッカー・グラウンドでのウェーブを禁止すべきだ。ウェーブを引き起こしたと認められた人物はただちにスタジアムから追い出し、スタジアムへの立ち入りを生涯にわたって禁止すべきである。ウェーブは、皆が楽しんでいるということを示すものではなく、退屈しているという証拠。サッカー人生を変えることになるかもしれない瞬間に全身全霊を傾けている選手たちに、失礼である。

想像して欲しい…。やる気十分の若き選手が、自宅の庭で2年間練習してきたクライフ・ターンをついに成功させたとき――。観客の大半はあらぬ方向を見て、ウェーブがこちらにやってくるのを待ち構えているのである。
サッカーは娯楽ではないのだ!
「サッカーは人生ではない――それよりはるかに重要なものである」
今は亡きリバプールの名将ビル・シャンクリーがこのようなことを言っていた。

大柄なスコットランドの選手を相手に、日本代表は自信に満ちたチームプレーで優位に立ったが(とくに目立ったのが梅崎)、少し残念だったのはケガをしたフリをした選手がいたことと(梅崎)、終了間際の5分間にボールをコーナーに運んで時間稼ぎをしようとした選手がいたことである(これも梅崎)。
中立な立場にあるカナダの人々は、アイスホッケーの激しいプレーに馴染んでいるので、芝居がかった振る舞いには反発を示し、“ケガをした”選手には容赦ないブーイングと野次を浴びせた。まったくお見事!
ただし、ウェーブだけはご勘弁を。

固定リンク | | コメント (0)


ストヤノフ問題:ジェフのただ1つの解決策

2007/07/02(月)

6月29日:イビチャ・オシムが去り、そして祖母井GMと阿部主将が去り、チームは転落していった。
そして今度は、ストヤノフがチームを去る。
ジェフ千葉にとって、この12ヶ月は惨たんたるものだった。非常に寂しいことだが、チームがストヤノフ問題を解決するには契約解除しかなかった。ストヤノフはアマル・オシム監督とチームについて批判し、それについての謝罪を拒否した。こうなってしまっては、チームにはもうストヤノフを放出するしか道がなかった。

今シーズン、特に5月26日のガンバとのホームゲームの敗戦で、アマル・オシム監督の解雇は近いと感じていた(考えすぎかもしれないが…)。
しかし、いったんストヤノフが公にそれを口にしてしまったら。チームとしては、“反乱”したイチ選手の望み通りのことをするわけにはいかない。チームを経営しているのは経営陣ではなく、選手であるかのように見えてしまうからだ。

事態がこう着状態に陥った時、その選手がどんなに良い選手であろうと、ファンから絶大な支持を受けていようと、チームはまず、そういう“反乱”選手をチームから放出するという強い態度を示さなくてはならない。
そうして、ジェフからまた1人離れていく(チーム内のイザコザ。ホームでのまたもやの敗戦といえるかもしれない)。

ストヤノフはもちろん、今でも素晴らしいサッカー選手だ。気持ちのうえでは、私は彼の熱烈なファンクラブ会員であったことをここに白状しよう。
彼は真のリベロであり、選手2人分のスキルを持っている。キーパーからボールを受け、50メートル先、レフトサイドの山岸やライトサイドの水野へパスを出す。そんなプレーを見るのが好きだった。
しかし彼が最も素晴らしくエレガントなのは、まるでオーストリアのアルペンスキーヤーがスラロームでゲートの間を滑走していくように、2人、3人といとも簡単にすり抜け前線へ攻め上がっていく時だ。そして、巧みなワンツーを駆使しゴール前へ出てシュートを放つ。

ディフェンスでも、彼は相手フォワードを翻弄し、相手に時間もスペースもまだ余裕があるように思わせる。そして彼は完璧なタックルのタイミングを計り、一瞬のスキにボールを奪うのだ。
絶好調のストヤノフは、他のJリーグの選手とはレベルが違う。しかも見ていて滑稽さを感じるぐらいに、いとも易々とプレーしてみせる。

しかし、ピッチ上でカッカしやすい部分があることは否定できない。ピッチ外で彼が犯した最大の過ちは、感情のままを公の場に出してしまい、チームに選択肢を与えなかったことだ。
試合結果はどうなったかって? オウンゴールで、またしてもジェフが負けたよ…。

固定リンク | | コメント (0)


« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »