« 日本対メキシコ、よみがえる銅メダルの思い出 | トップページ | 苦しい開幕戦をモノにした優勝候補たち »

貫禄ある王者ガンバ

2007/03/05(月)

今日の午後に開幕するJリーグの今シーズンを占ってみよう。
前置きは抜きにして本題に入る。
私の優勝予想はズバリ、ガンバ大阪だ。

いや、なに。ガンバがゼロックススーパーカップで浦和を4−0で破ったからではない。
外国人選手の質だけでなく、何よりも日本人選手の質という面で最も優れているように見えるからだ。
彼らのサッカーは非常に組織的でまた活力にあふれ、魅力的。そう、言わば資金力のあるジェフだ。

様々なチームを渡り歩いてきたシジクレイがディフェンスの要。マグノ・アウベスは大分トリニータ、そして昨シーズンはガンバでその得点能力を証明してきた。新加入のバレーは相手DFにとって厄介な存在になるだろう。
3人は日本のサッカーを熟知している。経営陣も、彼らの働きについて不安はない。
これまでガンバの顔だった宮本はザルツブルグへ移籍してしまったが、西野監督にはシジクレイや山口をはじめ、豊富なディフェンダー陣がいる。
しかしながら、ディフェンスに限って言うと、レッズの方が有利だろう。

ガンバの強みは中盤だ。
遠藤はJリーグ屈指の選手。ボールハンドリング能力とキープ力は、非常に優れたものがある。トルシエ元日本代表監督は以前、遠藤のパス範囲、そしてシュートレンジの広さをして、“和製レドンド”と評していた。
さらには復活した明神、めきめきと頭角を現している橋本が中盤の核として安定性をもたらし、加地と家長がチームに幅を与えている。
そして頭脳的で創造性豊かな二川がチャンスを呼ぶのだ。中盤のポジション争いは熾烈で、誰一人、気を抜けない。
また、前線には運動量豊富な播戸もいる。播戸、マグノ・アウベス、そしてバレー。3人が揃ったガンバの得点力は強力だ。

驚異的な活躍を見せた2005年につづいて、ガンバは再び王者の貫禄を取り戻した。そのシーズンの最終戦を等々力スタジアムで観戦した人々は、そのシーンを決して忘れられないだろう。
昨シーズンは、連覇まであと一息だった。
西野監督の就任からガンバが頭角を現すまで、私の予想より2年ほど余計に時間がかかってしまったのだが、彼らはオールラウンドなチーム能力で優勝争いをつづけてくれることだろう。
そう、ガンバが私の優勝候補だ。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。