« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

オシムの新たなお気に入り、駒野

2007/03/29(木)

高原がゴールを決め、俊輔が凱旋したのだから、ヨーロッパ組の2人がペルー戦後にメディアンの脚光を浴びたのは当然のこと。
しかし、私が選ぶ日本代表の「マン・オブ・ザ・マッチ」は、この2人ではなかった。私のMVPは、駒野友一である。彼は日本の左サイドで良いプレーをしたし、すぐにオシムのお気に入りになったのだとも思う。

駒野は、あまり敵に回したくないタイプの選手ではないだろうか。駒野を相手にプレーするのはとても厄介だし、フラストレーションもたまりそうだ。まったくフリーにさせてくれないと思っていたら、逆に自分が振り切られてしまう。
状況を見るために、1〜2秒ボールを持っても大丈夫だと思っていると、タフで、ちっちゃなテリアみたいに足元に絡んできて、ボールを奪い去っていく。どんな手段を駆使しても彼を振り切ることはできず、相手選手は忍耐力と意志の強さがテストされるのである。

ペルー戦で、駒野はいたるところに出没した。左サイドを素早く、積極的に駆け上がり、逆サイドの加地のお手本となった。私はこれまでずっと加地のファンで、今もそうなのだが、両サイドを比較すると、今回は駒野のほうがはるかに積極的で、野心的であった。
前半、加地にはもっとも攻め上がり、相手選手と勝負して欲しかったのだが、リスクを犯して背後にカバーがいない状態になるのを嫌がっているように見えた。
阿部と啓太がいるというのに…。
この2人には、状況を素早く読み、ピッチ上を移動して両サイドをカバーする能力が備わっているのに…。

フルバック/ウィングバック/サイドプレーヤーについては、日本は人材が豊富だ。右サイドには加地と水野、左サイドには三都主、駒野、本田がいる。それに、もちろん、駒野はどちらのサイドでもプレーできる。
現在25歳(7月に26歳になる)駒野はまだまだ成長の余地があり、オシムのもとでさらに進化するだろう。スピードがあり、プレーの範囲が広く、爆発力がある駒野はまさにオシムの大好きなタイプ――そして、相手選手の大嫌いなタイプ――である。

固定リンク | | コメント (0)


忘れてしまいたい等々力での1日

2007/03/26(月)

ホームで行なわれた川崎フロンターレ対バンコク・ユニバーシティ?
こんなもの、消化試合のはずだよね?
前半で2−0、そして後半に4点を追加して6−0の勝利。それでもバンコクは十分ラッキー…そんな試合になるはずだった。
なのに、どうしてこんなことになるわけ?

我那覇が足首の故障でベンチにいたとはいえ、正直なところ、私は川崎がここまで悪いプレーをするとは思わなかった。
関塚監督にしても、我那覇の投入なんて想定外だったにちがいない。
しかし、非常事態には非常手段を取らねばならない。
我那覇は後半途中でピッチに入り、絶不調にあえぐチームを立て直そうとした。そうして、相手のオウンゴールで何とか同点に追いつくことができたフロンターレだったが、勝ち越し点は挙げられず、1−1の引き分け。屈辱の勝点1にとどまった。
カウンターの動きがシャープで、さらに無気力で落ち着かないフロンターレからゴールを挙げ自信に満ちていたバンコク相手に、最悪の結果になっていた可能性だってあった。

川崎の選手たちは、まるで機械のように大きく、強く、容赦なく、そして無慈悲に、そのスピードと攻撃力でJリーグのライバルたちをコテンパに打ちのめすことに慣れっこになっているのだ。
しかしアジアの舞台で、Jリーグの獰猛なライオンは臆病な仔ねずみに豹変してしまった。
スローなスタートで開始早々にあっさりとゴールを奪われると、そのまま流れを掴むことなく試合は終了した。

展開は遅く、パス回しも非常に悪い。サイドにも中央にも、ジュニーニョのスピードを使ってバンコクDFの裏へパスを通すことさえできなかった。
マギヌンは調子も悪くはなく何とかチームを引っ張ろうとしていたし、リベロの寺田も前方へと押していた。だが、憲剛は良い所がなかった。
そしてチームのプレーメーカーのデキが、そのままチームの不調につながってしまった。
全体的には、フロンターレにとって、そして彼らのグループFを突破して準々決勝へ進出するという希望にとって、この日は良くない1日だった。そうは言っても、アウェーで勝利し勝点を4にすればまだ望みはある。
しかし、もっといい状況で全南ドラゴンズとの対戦に臨めたはず…。

フロンターレが勢いづくのを防ぐため、番狂わせを狙うバンコク・ユニバーシティがありとあらゆる手を使ってくることは必至。選手による時間稼ぎが行なわれ、特にキーパーは何度もケガしたフリをして倒れ、試合は次第に茶番と化していた。選手たちの思考がそうしたアンフェアなプレーに固執されてしまった状況では、レフェリーにはロスタイムを増やす以外に手立てはない。
この日のロスタイムはわずか4分。とにかくひどい試合だった。しかし、フロンターレはこれ以上悪くなることはないはずだ。

固定リンク | | コメント (0)


タカ巻はいかが?

2007/03/22(木)

ここ一番で大仕事をしてくれるフォワードを見分けるには、少しばかりプレシャーをかけるのが最上の策である。
土曜日のペルーとの親善試合のための選手選考において、イビチャ・オシムがまさにこの策をストライカーたちに打った。
日曜日に発表された代表選手18人中、フォワードはフランクフルトの高原だけ。
巻、我那覇、播戸、佐藤、それにひょっとしたら大久保が候補となっている、残りのフォワードの選出は、なんらかの理由――体調不十分とか、ゴール不十分とか――により全員保留となった。
水曜日(祝日)にナビスコカップとアジアチャンピオンズリーグの試合が控えているため、オシムは、しばらく様子を見て、それから何人かを追加発表することにしたのだろう。
そうなれば、ストライカーがオシムの関心を得る方法は1つしかない。そう、ゴールだ。

私は、土曜日のアントラーズ戦で巻を見て、プレーは問題ないと思った。何も特別なことはなく、ゴールもなかったし、人間ブルドーザーの岩政に上手くマークされていたけれど。
ただ、後半に面白いシーンがあった。
短い時間に、ハーフウェイ付近にいた彼のところに3回連続でボールが回ってきたのだが、どの機会でも岩政が厳しく体を当ててきた。ハードだがフェアな、秋田スタイル。それ自体はまったく問題はない。もっとも、3度目にはジェフのトレーナーがピッチにスコップを持ち込み、ターフに埋もれた巻を掘り出さなくてはならなかった。

巻は懸命にプレーし、決してサボらなかった。ひたすら走り、ボールをもらおうとしていた。きつい当たりにすぐに見舞われるのは承知の上。それでも彼はすぐに立ち上がり、さらに勝負を挑むのである。
だから、いまだゴールは生まれていないが、私ならやはり巻を選ぶ――羽生が中盤の底から上がって来なくてはならず、新居がまだJ1へ対応の途である現在のジェフにおいて、彼が前線で孤軍奮闘していることを忘れないで欲しい。
新居はゴールが量産された土曜日の試合で初ゴールのチャンスがあったが、ストヤノフの左サイドからの見事なクロスにフリーで合わせたヘディング・シュートはバーに阻まれた。

佐藤は開幕戦でFC東京を苦しませ、日本代表でも途中出場で必ずインパクトを与えている。また、播戸は気迫とエネルギーに満ちている。ファボンを退場させた前週の芝居がかった振る舞いは遺憾だが…。彼は「ハムレット」のオーディションを受けていたのか、まるで毒殺か絞殺、あるいはその両方をされたというような演技をした。
我那覇は、横浜FCに大勝した土曜日の試合をケガのため欠場。そのため、オシムは高原の相棒を決定するのを先延ばしにしたのかもしれない。
高原がドイツでゴールを次々と記録している現在、タカと巻の取り合わせが良いように思える。一方が走り、もう一方がゴールするのだ。
タカ巻。なかなかいけるでしょ? 土曜日の夜、蘇我駅近くの居酒屋で注文する人がいるんじゃないかな。

固定リンク | | コメント (0)


ダービー敗戦に気落ちするマリノス社長

2007/03/19(月)

何が憂鬱かって、横浜ダービーの終わった今、左伴繁雄氏ほど憂鬱な気分の人はいないだろう。
3月10日、三ツ沢球技場で、自分のチームがJ1に昇格したばかりの横浜FCに敗れるのを見た左伴社長は、当然ながら大きく落胆した。しかし、その後、彼の落胆はさらに大きなものとなった。
アウェーチーム(マリノス)のファンたちはダービーマッチの雰囲気を盛り上げていたが、試合終了のホイッスルが吹かれたその時、チームに対する拒否感をあらわにした。
新シーズンが開幕してまだ2試合だが、この敗戦はマリノスファンを大きく傷つけ、何より左伴氏を大きく傷つけるものとなった。

「2003年、2004年と連覇したチームとは違うということを、自覚しなければならないんです」。
試合後、彼はメインスタジアム下の通路で私にそうつぶやいた。
「我々はニューカッスル・ユナイテッドというよりサンダーランドですね」。
左伴社長は熱烈なニューカッスル・ユナイテッドサポーター。現在は下部リーグにいるものの、かつては北西イングランドでニューカッスルと熾烈なライバル争いをしていたサンダーランドを引き合いにしたそのコメントは、非常に辛いものだっただろう。
マリノスの財政が逼迫しているのは明らか。左伴社長はニューカッスルとサンダーランドを比較したコメントで、これを認めている。
2003年、2004年と連続1位、そして2005年、2006年は連続9位。
その成績がすべてを物語っている。

同じ“Magpie仲間”(Magpieはカササギの意。ニューカッスルのニック愛称)として私は彼を励まそうと思い、松田、栗原、鈴木隆行ら横浜ダービーには出られなかった選手の名前を挙げたが、彼らの不在を言い訳にしなかったのは社長の偉いところだ。
山瀬功治がシーズン開幕から非常に好調なことさえ、彼にとってはおそらく慰めにはならないだろう。
開幕戦で素晴らしいゴールを挙げた山瀬は、三ツ沢でも絶好調だった。
日本代表のイビチャ・オシム監督が愛する日本人選手の長所を惜しみなく見せつけ、ブロックされようがインターセプトされようが、何度となく横浜FCの中盤を自由自在に動き回った。
手足の長いレフトバックの20歳の田中裕介、途中交代出場するや否やその存在感を発揮した野洲高校出身の18歳の乾貴士も、とても良かった。

マリノスは経験豊富で、チームの要もしっかりしており、若い才能だって揃っている。ただし、外国人選手の質をみると、J2を渡り歩いたマルクス、そしてケガの多いマルケスと、どちらもサッカー選手としては高齢。何とかしたいところである。

固定リンク | | コメント (0)


澤の活躍、さわやかな勝利

2007/03/15(木)

3−0なら申し分なかったのだが、土曜日に国立競技場で行なわれた女子ワールドカップ(W杯)予選で、日本がメキシコを2−0で破ったことを不満に思う人はいないだろう。
90分終了時点でのバランスを見たうえで、さらにメキシコが時おり極めて危険に見えたという点を考慮すれば、日本は第1戦を素晴らしい結果で切り抜けたと言える。
このホーム&アウェーのプレーオフはまだまだ終わったわけではなく、日本がW杯に出場するためには、土曜日のトルカで、東京以上の内容とは言わないけれど、同じくらい良いプレーをしなければならないだろう。
そう。危うくメキシコに先制点を許すところだった、宮本の中盤での不注意なミスや、ボールをきちんとクリアできなかったときのように、ディフェンスがパニックに襲われることを、なくせば良いのである。

メキシコにも、何度かゴールを奪うチャンスがあった。しかし、日本のGK福元が好調だったのに対し、メキシコはキャプテンのドミンゲスにまったくツキがなく、ゴールかと思われた長距離のロブも、ボールはクロスバーの上部に当たってしまった。
結果的には、2−0の勝利は日本にとっては期待を十分に持てるものだが、第2戦を消化試合とみられるほどではない。

日本の2つのゴールは、その過程もフィニッシュも素晴らしいもので、澤が1点目を決めたほか、宮間の2点目もアシストした。
最初のゴールは印象的だった。左サイドをオーバーラップした宇津木が完璧なクロスを中央に供給。ペナルティ・スポット付近にいた澤がジャンプの最高点でボールをミートし、ヘディング・シュートをゴールのファー・コーナーへと見事に運んだ。
2点目のゴールでは、澤が左サイドですべての仕事をこなした。マーク――女性だけど「マーク」――をサイドで抜いて、走りこんできた宮間に絶妙のクロス。宮間は強烈なヘディングでボールをネットに突き刺した。クラウチや平山でなくても、空中戦で強くなれるのだということを、澤(164cm)と宮間(157cm)が堂々と立証してくれたのである。

全体的には、両チームのゴール前での場面が多く、また中断も少なく、観ていて楽しいゲームだった。前半はロスタイムが全くなく、後半も終盤の87分にレフェリーがトレーナーのピッチ入りを初めて認めた分の2分だけ。それも、トレーナーがピッチに入ったのは、2点をリードする日本選手が時間稼ぎのために「ケガ」をしたせいではなく、左足首をひねったメキシコ選手のもとに駆けつけるためだ。
モダンサッカーの最高レベルにおいても、フェアプレーは今も健在なのだ。少なくとも女子サッカーにおいては。

固定リンク | | コメント (0)


“インドネシア祭”にスパイスを加えたワシントン

2007/03/12(月)

先日のさいたまスタジアムでも、ワシントンは絶好調だった。
得点の話ではない。もちろん皆さんご存知だと思うけれど、アジアチャンピオンズリーグでのペルシク・ケディリ戦(3−0)では、ワシントンはネットを揺らすことができなかった。そう、ゴールではなく、交代させられた(イングランド風に言うと“引きずり出された”)ときのリアクションのことだ。

後半の半ば、2−0とリードしていたレッズ。しかしいまひとつピリッとせず、ペースを変えるには“野人”の投入が必要なことは明らかだった。
ただ、誰と交代するのか?
ワシントンは、まさか自分が交代させられるとは思ってなかったようで、21番のボードが示されるとベンチに確認していた。
「え?オレ?」
「イヤだよボス。もうすぐゴールを挙げるよ」

おそらくワシントンの平均得点数から言っても、ここまでチャンスを逃し続けていた彼がそろそろゴールを決める頃だっただろう。
しかし彼は交代させられ、グローブとユニフォームを投げ捨てた。
通路付近にいた人の話によると、彼はポルトガル語で思いつく限りの悪態をつきながらロッカールームへ消えていったそうだ。

「ワシントンはどこにいますか? ロッカールーム?」
試合後、レッズのゲルト・エンゲルス・コーチに尋ねると、
「いや、もう彼はいないよ」
エンゲルスは顔をしかめてそう答えた。
「もうチームバスに乗ったのですか?」
「だと、良いんだけどね」
エンゲルスは心配そうだったが、チラッと笑いながらそう答えた。

試合後の記者会見、ホルガー・オジェック監督には、まるでアーセン・ベンゲルのような印象を受けた。
ベンゲルが彼のチームに有利な微妙な判定をすべて見ているわけでないように、オジェック監督はワシントンがピッチを出た時何が起こっていたのかわからなかったと語り、すぐ話題を岡野に切り替えた。
FIFA外交の経験が非常に役に立ったようだ。

とは言え、これは重要な問題。ワシントンは自身の言動について罰を受けなければならない。
埼玉県の全ての若い選手たちが彼を真似て、交代させられるとグローブやユニフォームを投げ捨てるなんてことはあってはならないのだ。
ファンだって、浦和美園駅の運賃精算機に並ばされ、着ているワシントンのレプリカユニフォームを投げ捨て始めるかもしれない。

さて、この一方的な試合についても一言いわせてもらおう。
ペルシク・ケディリ(インドネシア)のイワン・ボーディアント監督は、レッズの3得点全てをGK(Wahyudi)の責任だと言った。
たしかに、最初の2点はそうだ。しかし3点目もそうだろうか?
小野伸二が決めたペナルティエリア手前からの左足のシュート。これまでキーパーのせいにするのはかなり酷だろう。
小野にしてみれば寝ていても打てるシュートかもしれないが、技ありの1本。
ワシントンとは大違いだ。

ところで…ワシントンのグローブがほしい人はいらっしゃいませんか?
いや、68分しか使ってないものですけどね。

固定リンク | | コメント (0)


苦しい開幕戦をモノにした優勝候補たち

2007/03/08(木)

短距離走であれ、マラソンであれ、競争において機先を制するのは簡単なことではない。
ワールドカップのグループリーグは短距離走。プレーするのはたった3試合だから、ミスは許されない。
初戦に勝てば、次のラウンドに片足をかけた状態となり(たとえば、オーストラリア)、負ければプレッシャーがのしかかってくる(たとえば、日本)。Jリーグはマラソンだ。9ヶ月をかけて34試合を戦うので、出遅れても挽回する余地は十分ある。
だから、ここ最近の優勝チームである浦和とガンバの勝敗にも若干の危惧はあった。しかし両チームとも、引き分けでもおかしくないような苦しい開幕戦ではあったものの、終わってみれば勝点3を手にしていた。

シーズンの始まりは楽観的な見通しや新たな野心で満ちており、クラブには、新加入選手や新監督が自分たちを約束の地に導いてくれるかもしれないという思いがある。
そんななかでの、レッズとガンバが手探り状態で勝利を収めたという事実は、今年も甘くはないぞというメッセージをJ1の他のチームに投げかけた。
レッズは埼玉での横浜FC戦を終了間際の永井のゴールによって2−1で勝ち越し、ガンバはホームの大宮戦で、新加入のバレーがゴールを決めて1−0の勝利に貢献した。
64分に途中出場したバレーが終了2分前に決めたゴールはまさに思いもかけないものだった。ペナルティ・エリアの端でバウンドしたボールを左足で蹴ったシュートはキーパーの頭を越えてゴールに落ち、ガンバ――私の本命チーム――は完璧なスタートを切ることができた。

また、スタイルはそれぞれ大きく異なるものの、素晴らしいゴールが2つあった。
横浜FCの久保が左足で放ったロケット弾はスペクタクル。久保が右サイドから動き始めたとき、小野はもう少し間合いを詰めるべきだったが、あんな遠い位置からゴール上隅に決めるなんて、誰が予想しただろう? 久保が甦ったことを示すシュートだった。
体調がしっかり整い、試合勘が研ぎ澄まされれば、久保は今でも驚きと意外性に満ちており、きわめて危険な存在となることができる。
マリノスの山瀬も、ホームの甲府戦で鮮やかなゴールを決めた。優れた加速力とボール・コントロール、冷静さを見せつけた山瀬は、選手生活の初期の大ケガ以降、最高の状態のようだ。

固定リンク | | コメント (0)


貫禄ある王者ガンバ

2007/03/05(月)

今日の午後に開幕するJリーグの今シーズンを占ってみよう。
前置きは抜きにして本題に入る。
私の優勝予想はズバリ、ガンバ大阪だ。

いや、なに。ガンバがゼロックススーパーカップで浦和を4−0で破ったからではない。
外国人選手の質だけでなく、何よりも日本人選手の質という面で最も優れているように見えるからだ。
彼らのサッカーは非常に組織的でまた活力にあふれ、魅力的。そう、言わば資金力のあるジェフだ。

様々なチームを渡り歩いてきたシジクレイがディフェンスの要。マグノ・アウベスは大分トリニータ、そして昨シーズンはガンバでその得点能力を証明してきた。新加入のバレーは相手DFにとって厄介な存在になるだろう。
3人は日本のサッカーを熟知している。経営陣も、彼らの働きについて不安はない。
これまでガンバの顔だった宮本はザルツブルグへ移籍してしまったが、西野監督にはシジクレイや山口をはじめ、豊富なディフェンダー陣がいる。
しかしながら、ディフェンスに限って言うと、レッズの方が有利だろう。

ガンバの強みは中盤だ。
遠藤はJリーグ屈指の選手。ボールハンドリング能力とキープ力は、非常に優れたものがある。トルシエ元日本代表監督は以前、遠藤のパス範囲、そしてシュートレンジの広さをして、“和製レドンド”と評していた。
さらには復活した明神、めきめきと頭角を現している橋本が中盤の核として安定性をもたらし、加地と家長がチームに幅を与えている。
そして頭脳的で創造性豊かな二川がチャンスを呼ぶのだ。中盤のポジション争いは熾烈で、誰一人、気を抜けない。
また、前線には運動量豊富な播戸もいる。播戸、マグノ・アウベス、そしてバレー。3人が揃ったガンバの得点力は強力だ。

驚異的な活躍を見せた2005年につづいて、ガンバは再び王者の貫禄を取り戻した。そのシーズンの最終戦を等々力スタジアムで観戦した人々は、そのシーンを決して忘れられないだろう。
昨シーズンは、連覇まであと一息だった。
西野監督の就任からガンバが頭角を現すまで、私の予想より2年ほど余計に時間がかかってしまったのだが、彼らはオールラウンドなチーム能力で優勝争いをつづけてくれることだろう。
そう、ガンバが私の優勝候補だ。

固定リンク | | コメント (0)


日本対メキシコ、よみがえる銅メダルの思い出

2007/03/01(木)

これからの数週間、日本にとって大きな意味を持つゲームがいくつか控えている。と言っても、北京オリンピックの出場権獲得を目指している22歳以下代表の話でも、あるいは3月24日に今年初戦にペルー戦が予定されている日本代表の話でもない。
私が言っているのは、女子代表の話。9月に中国で行なわれるワールドカップの出場権を賭けて、もうすぐ日本の女子代表がメキシコとホーム&アウェーのプレーオフを戦うのである。
ホームでの第1戦は3月10日に東京の国立競技場で、アウェーの第2戦はその1週間後にメキシコで行なわれる。
残念ながら、ホームでの試合は一連のJリーグの試合とスケジュールが重なるが、国立にはたくさんの観客が集まり、「ガールズ・イン・ブルー」がCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の代表と競い合うのを観ることだろう。

正直なところ、アテネオリンピックで私にとって最高の瞬間の1つは、日本女子チームが1次リーグの初戦でスウェーデンを1−0で破ったときである。
その試合は大会の正式な開会式の数日前に、辺鄙と言えなくもない場所で行なわれたのだが、沢穂希とその仲間たちが、ヨーロッパの強チームを封じるためのお手本のようなプレーを見せた。試合終了のホイッスルが吹かれたとき、あちこちで感動的なシーンが見られ、なかでも、特別観覧席で観戦していたJFA(日本サッカー協会)会長・川淵三郎の喜びようは格段だった。
あの試合は日本サッカーにとって大きな意味を持ち、日本での女子サッカーの普及を後押しするものとなった。

現在、大橋浩司監督が指揮を執る日本チームがワールドカップ出場を勝ちとるまでに残された障害は2つだけ。2つ目の障害はメキシコで乗り越えなければならない。
選手たちがモチベーションあるいは刺激が欲しいのであれば、前JFA会長の岡野俊一郎に話を聞けばよい。彼なら、1968年のメキシコ・オリンピックでの男子チームの活躍ぶりを今でも生き生きと描写してくれるだろう。
あの年、日本代表は有名なアステカ・スタジアムの10万人の観客の目前でメキシコを破り、銅メダルを獲得した。試合の後、選手たちの消耗はすさまじく、スタッフの助けを借りなければ水分も摂れないほどだった。
彼らは厳しい環境のなか、チームのため、国のためにすべてを捧げ、伝説のストライカー釜本の2ゴールにより開催国メキシコとの試合で銅メダルを勝ち取ったのである。
「なでしこジャパン」がその再現を見せてくれ、1991年の女子ワールドカップ創設以来全大会出場という誇るべき記録を継続してくれるように願おうではないか。

固定リンク | | コメント (0)


« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »