« 避けようがなかった阿部の移籍 | トップページ | 森本に巡ってきたチャンス »

スケジュール発表に沸きあがる期待

2007/01/29(月)

1月27日発:毎年のことなのだが、新シーズンのスケジュールの発表はいつも、私たちをワクワクさせてくれる。
サッカーに満ちた週末、頻繁にサッカーを享受できる日々がまた戻ってくるのだ。

どのチームも希望、楽観、そして期待にあふれている。
チームを去った者がいれば、新しくヒーローとして加わった者もいる。また、チームの成功のために招聘された新しい監督がいて、前のシーズンの経験から多くを学んだ監督もいる。
そう、全員が同じスタートラインに立つのだ。
そして、私たちのシーズンが始まる。
うーん。そう、少なくとも2週間は…。

先週の木曜日、2007年のスケジュールが発表された。そして誰もが初戦に注目する。
そのご私は、カラっと晴れあがり野球もオフシーズン、まさにサッカーのための季節を外して暑くしけた季節をJリーグが選んだことも忘れて、いつもボクシングデー(ボクシングデーとはクリスマスの翌日の12月26日のことで、郵便配達人や使用人など日頃サービスを提供してくれている人たちにギフトを贈る日。イングランドでは、この日に必ずサッカーの試合が開催される)を見てしまう。いやはや、古くからの習慣はなかなかなくならないものだ。
まあ、これは別の話だけれど。

3月3日、新しいシーズンがスタートする。ストーブリーグの結果がピッチで試される。
開幕戦注目の一戦は、等々力で行なわれるフロンターレ対アントラーズだろうか。ブラジル人監督のもとで覇権回復を目指す新生アントラーズにとって、これは厄介なテストになるに違いない。
アウェーでのフロンターレ戦はとにかく厳しいし、どのチームにとっても、例えホームであってもフロンターレは対戦したくない相手の一つだ。

スペインサッカーの影響を受けた原博実監督が指揮する攻撃型のクラブ・FC東京のサポーターにとっては、波乱のシーズンになるだろう。ただし、新たにチームに加わったコスタリカ出身で、これまでチームを転々としてきた負傷がちのストライカー、パウロ・ワンチョペの健康状態によるところが大きいと思われる。
サンフレッチェと対戦するFC東京。まずは勝点3をとりたいところだ。

横浜F・マリノスの早野宏史監督は、日産スタジアムで甲府の亡霊を払わねばならない。
彼がレイソルの監督を務めていた2年前、日立台での一戦でディフェンスの要・土屋をしてヴァンフォーレのバレーを止められず、6ゴールを奪われJ2に降格させられた苦い経験があるのだ。
シーズン開幕のために、新潟のオレンジ軍団は大分までの長距離遠征をしなければならない。また一方、エスパルスオレンジ軍団はFW大久保嘉人を擁するクラブ、J1復帰を果たしたヴィッセル神戸を日本平で迎え撃つ。
J1覇者のレッズは、久保と奥が新たに加わったJ2王者・横浜FCをホームに迎える。
またガンバのパワフルな攻撃陣は、土屋がヴェルディに移籍し、守備に不安を残す大宮からゴールを狙う。

そして3月4日には、J1に昇格したレイソルが復活したジュビロを、名古屋がジェフをホームで迎え撃つ――ジェフとしては、ホームでグランパスと戦いたいところだったろうけれど。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。