« 柳沢には時間が味方 | トップページ | 松田のいない日本代表 »

熱狂と冷静のあいだで

2006/05/08(月)

東京発(5月6日):もし浦和レッズが存在しなかったら、Jリーグは一体どうなるのだろう?
ホーム/アウェーに関わらず、浦和レッズはJリーグを毎試合盛り上げてくれる。来シーズン、彼らがアジアチャンピオンズリーグに参戦すれば、このアジアトップチームによる大会への関心が日本で高まるだろう。

例えば、先日のさいたまダービー。レッズ側スタンドで陽の光をいっぱい浴びた赤・黒、・白のフラッグが振られる様は本当に素晴らしい光景だった。
そしてフクダ電子アリーナでのアウェー戦、ジェフ千葉戦ではアウェースタンドからの声援の壁がチームを鼓舞していた。
それがホームであれアウェーであれ、レッズファンの老若男女は動くJリーグ広告塔だ。彼らはチームがJ2へ転落した時でさえチームへの忠誠心を示していたし、それはこれからもずっと続くだろう。

だからこそ、千葉で試合終了のホイッスルが吹かれた時のレッズファンのリアクションには少なからず驚いた。チームが0−2で敗れたとはいえ、まるでチャンピオンシップで優勝したかのように彼らのヒーローを祝福するジェフサポーターに向かって、レッズサポーター達はブーイングと野次を繰り広げていた。これは少々行き過ぎではないだろうか。
以前にも言ったが、チームがやる気のないプレーで試合に負けた時には、ファンは何としてもチームに彼らの意思を伝えるべきだ。お金を払っているのはファンなのだから。
しかし、チームが一生懸命プレーしたうえでより良いチームに敗れたのなら、選手たちの健闘をたたえるか、そうでなければ静かにスタジアムを去れば良い。

千葉での一戦はまさにこれだったと思う。レッズは精一杯頑張ったが、この日は対戦相手の方がずっとデキが良かった。事実、最高のプレーをしたDFストヤノフ、ミッドフィールドで奮闘した阿部、そして最前線に巻を揃えたジェフのエネルギーと意欲の結集は、レッズを団結力もリズムもない単なるスターの寄せ集めのように見せた。
ポンテは、一体何度不用意なヒールパスで相手にボールを献上しただろう。ジェフはレッズに落ち着く暇を与えることなく攻め続け、その日のピッチにはポンテのチームメイトがいないようにさえ思えた。
レッズファンの皆さん、ここはジェフを褒めようではないか。彼らは素晴らしいプレーをした。勝って当然だったのだ。

あまりにも狂信的な応援と過剰な期待は、レッズの選手たちが自らをコントロールしにくくするという負の一面を持っている。例えばホームでの対大宮戦の鈴木啓太、そして千葉戦でのワシントンがそうだ。
鈴木の場合、彼が前半、桜井に対して犯した手荒なファウルで一発退場にならなかったのはラッキーだったろう。大宮側が珍しくプレッシャーをかけ続けた際に自陣ペナルティエリアでFKを与えられなかったことに対し、彼は明らかに怒っていた。そしてそのイライラを桜井にぶつけたのだ。
一方、千葉でのワシントンは完全に我を失っていた。巻と闘莉王が競り合った時にファウルを取られなかった時にはレフリーに向かって叫んでいた。
ワシントンはゴールを量産しているが、彼がそのエネルギーを文句を言うことではなくプレーにもっと注げば、さらに多くのゴールを挙げることができるだろう。
レッズには素晴らしいファンがついている。しかしそれは選手たちが常にゲームをコントロールできるということを意味するのではない。それはレフリーの仕事なのだ。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。