« 京都の紫の悪夢 | トップページ | アビスパファン、まだまだこれからだ! »

発展途上の監督・ガーロが得た教訓

2006/03/23(木)

万全を期したと監督が思ったそのときに、何もかもがガラガラと崩れてしまうことがある!
火曜日の午後、等々力陸上競技場で行なわれた川崎フロンターレ対FC東京戦で、その実例が見られた。試合自体は、とても見ごたえがあったが、結果は2−2のドローに終わった。
引き分けという結果は妥当なものだったが、就任1年目のアレッシャンドレ・ガーロ監督の見事な選手起用により後半に息を吹き返したFC東京が、勝利をほぼ手中にしていたように見えた試合でもあった。
前半は1−0でフロンターレがリード。そこで、ガーロは動かなければならないと判断した。

ガーロは、危険なジュニーニョをマンマークするために、魅力的な若手MF伊野波を起用。その結果、バックには茂庭とジャーンの2人だけが残ることになった。
さらにガーロは2人のフルバックを前に押し上げ、右サイドの徳永と左サイドの鈴木にはさらに前に上がり攻撃をするよう指示、2人はある程度攻撃的にプレーした。
そして、私の大好きな選手の1人で、ドイツワールドカップの日本代表に選ばれないのが残念というか、個人的には不思議に思える今野は少し引き気味になり、ディフェンスを支援した。

ジャーンが飛び込みながら頭で合わせ、同点シュートを決めたあと、右サイドで徳永(なんて良い選手なのだろう!)が価値ある仕事をし、ジュビロからやって来た侵略者・川口が巧妙なゴールを決め、東京が2−1と逆転。
この時点では、ガーロの戦術的な選手交代は文句なしの満点。後半、ゴール裏で飛び跳ねる大勢のファンに向かって攻め上がるFC東京が勝点3をほぼ手中に収めているように見えた。

しかしその後、残念なことに、ガーロはすべてを台無しにしてしまった。ガーロは疲れの見えたMF宮沢に代えDF増嶋を起用、伊野波を中盤の中央の位置に下げた。この時点で、残りはわずか5分程度。試合の残り時間は増嶋がジュニーニョの面倒を見ればよいとガーロが考えていたのは明らかだ。
このとき、FC東京がばらばらになった。伊野波はジュニーニョのマークという仕事を見事にこなし、茂庭とジャーンの負担を軽減していたが、終盤に交代で入って来た選手が試合の流れについて行くのは簡単ではない。相手がジュニューニョとなれば、それはさらに厄介だ! 俊敏なブラジル人選手はチャンスを見つけると、MF中村と二度にわたってパスを交換し、これまた見事な中村の同点ゴールを演出した。

振り返ってみれば、ガーロに他の選択肢があったのは間違いない。おそらく、増嶋にはむしろ中盤で今野と並んでプレーするよう指示し、伊野波に引き続きジュニーニョのマークをさせれば良かったのだろう。
全体的には、すでにとても戦術的な戦いとなっており、ジュニーニョが試合の終盤にわずかではあるが、彼には十分といえるスペースを利用し、その能力を見せつけたのである。

38歳のガーロは監督としてはまだ若く、今はまだ自分のチームの選手のことを学んでいる段階である。
ガーロにとって、等々力での経験は今後の教訓となるだろう。最後の交代までは、とてもうまくいっていたのだから。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。