« オシムの的外れな批判 | トップページ | 小倉の引退決意 »

未来のために、伸二は後ろに

2006/02/16(木)

米国戦で、ジーコがワントップの後ろの位置に小野伸二を起用したのは、まあ、勇敢だったし、大胆であった。
しかし、試合に出られるほど体調が整っていなかったのを割り引いたとしても、伸二が聡明で、創造的かつ攻撃的な選手であった時代が終わったのは明らかだった。
現在の伸二は、縦横無尽に動き回る魅力的な選手という、かつてのイメージから離れ、中盤の底の将軍、保護者、支援者、提供者となっている。見た目は若者だが、老人のような配慮ができる選手になっており、日本にとっては中盤のエンジンルームに欲しい選手。前線では彼の資質を十分に発揮できないかもしれない。

もっとも、この試合でジーコが3−4−2−1のフォーメーションで久保の後ろに小野と小笠原と並べ、彼が前線でプレーするのを見たかったというのも分かる。
スピードがあり、仕上がりもモチベーションも十分な米国を相手に、日本は前半にリードを奪われ、さらに後半早々に追加点を許したが、その問題がシステムにあったとは私は思わない。
個人レベルで日本の選手が差をつけられ、圧倒されたにすぎないのだ。私は今でも3−4−2−1こそ日本がとるべき道だと思っている。そうすればジーコは中盤に6人の選手を配置でき、基本的に守備陣が5人(バックの3人と中央のミッドフィルダー2人)、攻撃陣も5人(ウイングバックの2人と2人のシャドーストライカー、それからもちろんセンターフォワード)というバランスの良い構成が可能になる。

ジーコは、最初の10分は良いプレーができていたと指摘していたが、まさにその通りだった。同じポジションにいた小野と小笠原の仕事は相手ディフェンダーに時間を与えず、プレッシャーのかかった状態にし、クリアするのが精一杯だと思わせること。
俊輔が復帰すれば同じ仕事をするのだろうけれど、2人のシャドーストライカーは前線で効果的な守備もしなければならず、大変な役割ではある。
伸二が後ろに下がったほうが良いと思う、もう1つの理由は、最近の故障から復帰したあと、長期的に体調を維持できるのかどうかということが、やはりジーコと浦和にとっての懸念となるに違いないからだ。

ワントップの後方の2人の攻撃的ミッドフィルダーは、中村や小笠原、さらには大久保や中田英寿のほうが良いとジーコが考えた場合、小野は中盤の底のミッドフィルダーのポジションを中田(英寿と浩二の両方)や稲本、福西、阿部、遠藤、それから今は長谷部(できれば今野も)と争わなければならなくなる。
クラブや代表における伸二の過酷なスケジュールを考え、彼が頑張り過ぎないよう、急ぎ過ぎないよう、願おうではないか。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。