« 『小笠原に恋して』 | トップページ | グランパス新監督が望む、玉田の復活 »

優勝候補のレッズ、そして数チームが後を追う

2006/02/27(月)

最後の最後、土壇場でガンバ大阪が接戦を制し優勝を遂げた、2005シーズン最終戦のようなドラマを、Jリーグは今年も再現できるだろうか?
最終節を残して5チームに優勝のチャンスがある。こんなシーンにお目にかかることはないだろう。しかし、かと言って、イングランドのチェルシー、イタリアのユベントス、スペインのバルセロナ、そしてドイツのバイエルン・ミュンヘンのような、いわゆる“スーパーチーム”、ダントツの独走でタイトルを手中に収めるようなチームはない。

先日、ジェフのイビチャ・オシム監督と話をした。彼は、8〜9チームはコンスタントなプレーで上位争いをし、そして、そのうち3〜4チームが優勝争いをするだろうと予想しているらしい。
昨季はガンバが勝点60で優勝し、レッズ、アントラーズ、ジェフ、そしてセレッソが同59と、わずか1ポイント差の中に5チームがひしめいていた。
今季はと言うと、さらに2つの優勝経験チームがタイトル争いに加わるだろう。
「今、横浜とジュビロが非常にいいね」。オシムは言った。「当然だけどね」。

(ガンバ大阪の)西野朗監督もオシムと同じ考えだ。彼は、レッズとマリノスが今年のガンバにとって最大の脅威になると考えている。
西野監督は、昨季のマリノスとジュビロはアジアチャンピオンズリーグ(CL)の影響が大きすぎたと感じている。両チームは6試合多く戦い、ミッドウィークの試合のために広い大陸を行ったり来たりしなければならなかったからだ。
アジアCLに関わったことが、彼らに肉体的、そして精神的負担を与えたことは疑うまでもない。今年12月に開催されるFIFAクラブ選手権(FIFAクラブワールドチャンピオンシップ)への出場権を得られるとは言え、(横浜F・マリノスの)岡田武史監督はアジアCLに参加しなくても良いということにホッとしていることだろう。
岡田監督は余計なストレスや面倒とは無縁のJリーグチャンピオンとして、FIFAのこのイベントへの出場資格を獲得することを選びたいだろう。

私は以前、ガンバが優勝するだろうと予想したが、今回はそうは予想しない。
彼らはアジアCLに出場しなければならないだけでなく、昨季驚異の49ゴールを叩き出したアラウージョと大黒がいないのだ。
昨季、ガンバにタイトルをもたらしたのは彼らの攻撃力。守備力ではなかった。マグノ・アウベス、播戸、そしてフェルナンジーニョのFW陣の攻撃力は、2005年のFW陣のそれとは程遠い。右サイドの加地、そして明神がミッドフィールドの中央を抑え、おそらくディフェンスはよりタイトになるだろう。

優勝の最有力候補は、小野、ワシントン、相馬、そして黒部を新たに迎え入れたレッズだ。
しかしオシム監督が言うように、1つのチームが独走するようなことにはならないだろう。私もそう思う。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。