« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

オランダで大きく成長した平山

2006/01/30(月)

1月27日発:日本のサッカーファン10人に、好きなストライカーは誰かと尋ねたなら、おそらく10通りの答えが返ってくることだろう。
中澤がいるディフェンス、中田英寿、中村、そして小野がいるミッドフィルダーと違い、日本には、誰もがすぐに思い浮かべるズバ抜けたフォワードがいない。
だからこそ、今なおワールドカップ日本代表FWの座は確定しておらず、平山相太にチャンスを与えようかという動きも出てきているのだ。

平山は現在、オランダ1部リーグのヘラクレスでプレーし、得点を挙げている。
ヨーロッパに移籍して以来、この痩身のストライカーは、アテネオリンピックの頃の未成熟でアンバランスだった頃から大きな進化を遂げている。
今ではバランスも良くキレも増し、空中戦でも地上戦でも得点を挙げている。

オリンピック予選の頃、彼を取り巻く報道は馬鹿げた熱気を帯びていた。ベンチに座っている時でさえ、テレビ各局は彼ばかりを追いかけていた。そんななか、私は彼の能力や可能性について心に留めていた。
正直なところ、プロリーグでの十分な経験もない彼は、オリンピック代表になるには早すぎると感じていた。
ハンドやオフサイドなどもよく犯していたし、時にあまりにも不器用にさえ見えた。だから、彼がプロの道ではなく筑波大学進学を決めた時には、平山の短いキャリアは終焉を迎えたように感じた。
それだけに、平山がヘラクレスと契約したのを知った時は非常に嬉しかった。そして、彼がプロ生活の中でどれだけ成長したかは誰もが認めるところだ。オランダリーグのコーチ陣、そして選手達の中での毎日の練習は、彼のサッカーを大きく成長させたし、今やチームメートやファンからも愛されているようだ。

このコラムを書いているいま現在、彼は7ゴールを挙げている。この調子を維持しつづけられたなら、例えば、2月末に行なわれるボスニア戦でドイツへ行くジーコ監督が、平山に注目する可能性は高い。彼がいるのはドイツからそう離れた場所ではないし、トレーニングキャンプに参加させ、そのプレーをじっくり見る事は、誰に悪影響を与えるわけでもない。
平山が代表に招集された場合の私の唯一の心配は、メディアが再び彼に過剰なスポットライトを当てることだ。
そんな光景は見るに忍びない。

固定リンク | | コメント (0)


またも判明した、エメルソンの偽り

2006/01/26(木)

昔と同じように、エメルソンの最近のニュースも…偽りに関するものであった。
大げさに倒れ込み、大ケガを負ったかのように転げまわり、相手選手を退場に追い込もうと必死になる。あの、エメルソンのピッチでの姿を見ていた日本のサッカーファンにとっては、今回のニュースは驚きでも何でもないのかもしれない。
ゴールを量産してくれるから、レッズファンやコーチ陣はこうした行動には目をつぶっていたが、結局、エメルソンはファンやコーチをも欺き、昨シーズン、クラブを見捨ててカタールに移籍したのだ。

今回は、当局がついに彼の偽りに気づき、リオデジャネイロ空港から中東に戻ろうとしていたところを逮捕した。
パスポートには1981年9月6日生まれと記されていた。これは2000年2月、コンサドーレ札幌に入団した際にJリーグに登録したのと同じ生年月日である。
ブラジルの当局は事情を事細かに調べ、出生証明書の本来の生年月日が1978年12月6日になっているのを発見した。言い換えれば、エメルソンは私たちに信じ込ませていた年齢より3歳サバを読んでいたのだ。

(これを聞いて)みなさんは驚いただろうか?
いや、そんなわけはない。私も驚かなかった。
私はいつも彼の公の年齢を疑っていて、ナビスコカップの試合のメンバー表に掲載されている名前の横にアスタリスクが付けられているのを見ては笑いが止まらなかったものだ。
このアスタリスクは、ナビスコカップのニューヒーロー賞の資格がある選手を示していた。つまり彼も23歳以下だというわけだ。もっとも、私はこの賞にエメルソンを選ぶつもりはまったくなかった――全試合でダブル・ハットトリックを達成しても選ばなかっただろう。

エメルソンの実年齢は27歳。2000年のシーズン開始時にコンサドーレに入団したときは21歳だった。
不思議なのは、ブラジルへの出入国を頻繁に繰り返していた彼が、なぜ今になって逮捕されたかということだ。出入国管理局に密告した者がいたのだろうか?
それに、彼はなぜ出生証明書を改ざんしたのだろう? 年齢制限があるレベルのブラジル代表としてプレーするチャンスを、より多く得ようとしたのだろうか? 中東の湾岸で今のような富を築く期間をさらに延長させようとしたのだろうか?

もちろん、日本での得点記録は有効である。ゴールの記録と年齢は関係ない。とはいえ、みんなが彼の実年齢を知ったのは確かである。

固定リンク | | コメント (0)


W杯日本代表ジグソーパズル、真ん中は中田だ!

2006/01/23(月)

1月29日から宮崎で行なわれる今年最初の代表合宿に向け、Jリーグの選手たちが準備を始める。いよいよ、ドイツワールドカップ(W杯)に出場する日本代表メンバー23人への絞り込みがスタートするのだ。
読者の皆さんや私のような人間にとっては、これはゲームのようなもの。誰を残し、誰を外すのか、アイデアや視点を議論するのは楽しいものである。
しかし、選手たちにとってはもちろん真剣勝負。W杯の代表に選ばれることは人生を変えるほどの体験だし、選出された選手は、その後のキャリア、人生の中でその名声を楽しむことができる。

私のリストのトップに来るのは、やはり中田英寿だ。彼は先週末のブラックバーン戦でプロ初の退場処分を受けた。しかしイングランドでの報道によると、この出来事が逆にボルトンファンの間で彼の人気を高める結果になったという。
それは彼のチームへの貢献とミッドフィールドのライバルたちとのポジション争いに対する意欲の現れだ。レッドカードも、頻繁にもらう――例えばアルパイのように――のでなければ、悪いことばかりでもない。

最近、中田を見れば見るほど、ジーコは中盤の“ボランチ”として彼を必要とするだろうと思うようになった。
中田は天性の攻撃的プレーヤーだ。しかし、今やチームの支柱となるまでに成熟し、成長した。
4−4−2、あるいは3−5−2、ジーコがどちらを採用するにしても、私なら中田をミッドフィールドの中央に配き、チームの指揮を執らせる。
オーストラリアやクロアチアのようなチームと対戦するとき、彼の経験はより重要なものとなる。中田はゲームをより後方からコントロールできるだろう。

仮に、中田がより前の方でプレーするとなるとチームから孤立し、ピッチ上で最も重要な中盤において指揮力の低下を招くのではないだろうか。
俊輔、小笠原、そして松井大輔。ジーコには攻撃のオプションは他にたくさんある。しかし守備陣は、そうはいかない。
小野伸二がどの程度回復するのか、また中田浩二の調子がどうなのかは誰も知りえない。ただ、ウェストブロムの稲本の出場機会が最近増えているのは朗報だ。ドイツへ向けてキレも良くなり、準備できることだろう。

23人の代表メンバーについては、またお話しする機会があるだろう。しかし現時点では、私はミッドフィールドの中央には中田英寿の名を記そうと思う。
うーん。さあ、残りは22人だ…。

固定リンク | | コメント (0)


アジアカップ予選をめぐる問題

2006/01/19(木)

近頃のアジアサッカー連盟(AFC)はどうなっているのだろう?
まず、2005年アジア年間最優秀選手の選考がお笑いだった。AFCは、クアラルンプールでの夕食会と授賞式に参加できない選手を選考対象からはずしたのである。その結果、サウジアラビアの…えぇ〜と…なんとかいう名前の選手(もう忘れちゃった)が年間最優秀選手に輝いた。

それから、2007年アジアカップの予選がおかしなことになった。
ドロー(抽選)が行なわれる前から、私は、ワールドカップ(W杯)出場が決まったアジアの4チームが来年のアジアカップ予選を戦うのは、ドイツでの本大会が終わってからにすべきだと考えていた。これら4チーム――日本、イラン、サウジアラビア、韓国――が、今年の前半をW杯の強化期間に充てるべきなのは、まったく当然のことだ。
しかし、日本が3月1日にサウジと対戦することが決まると、日本サッカー協会(JFA)はこの試合の実施に全面的に賛同。欧州でプレーする選手を全て中東に招集して真剣勝負ができるのでW杯の良い準備になるという見解を示した。

その後、サウジが日本の同意なしに、アジアカップ予選を9月1日まで延期してほしいとAFCに要請した。日本との試合の代わりに、サウジはセルビア・モンテネグロと親善試合を行なうという。
AFCはこの要請を聞き入れ、その結果、3月1日の日本の試合相手がいなくなってしまった。最終的な原因は、アジアの統括団体の不手際にある。

しかし、「キャプテン川淵」が助けに来てくれた!
日本は、3月1日にドイツでボスニアと対戦できるよう調整しており、そのときはW杯で戦うスタジアムを使いたいとJFA会長が明らかにしたのである。
いくつかの理由から、これは賢い対応であると言える。
第一に、ボスニアはクロアチア同様、かつてのユーゴスラビアの一部。W杯ドイツ大会の2戦目の相手と似たようなスタイルでプレーすると思われる。
次に、ヨーロッパで試合をすれば、そこで活動する日本人選手の体内時計の調整が最小限で済む。
第三に、昨夏のコンフェデレーションズカップに続き、日本代表が改めてドイツを「感じる」ことができる。

そして、大会が近づく時期にヨーロッパの土地で勝利すれば、日本選手にとって大いなる自信となる。
つまり、日本代表は今回の残念な出来事をチャンスに変えることができるのである。
それにしても、この大切な時期にW杯出場4ヶ国(新規加盟のオーストラリアは除く)にさらなる負担を強いるようなAFCのアイデアにはまったく感心できない。

固定リンク | | コメント (0)


今でも鈴木には資質が十分ある

2006/01/16(月)

鈴木隆行が、再びヨーロッパのスポットライトを浴びている。レッドスター・ベオグラードが獲得を狙っているというのだ。
先年と同じレベルではないと言っても、このような有名なヨーロッパのチームから望まれるということは、一部の日本のサッカー通を驚かせるものかもしれない。しかしこれは、彼の資質を証明しているとも言える。
“隆行ファン”の私は、ジーコが彼を2006年ワールドカップ(W杯)の日本代表に選んでくれるであろうことを熱望している。
彼は素晴らしいチームプレーヤーだ。疲れ知らずでラインをリードし、ノンストップで走りディフェンダーを疲労させ、チームメートのためにスペースを作る。また、FKを獲得する術をよく知っている。こうした戦術は、私はどうしても好きになれないのだが、現代サッカーに必要不可欠となっている。

今日では、多くの試合がこうしたセットプレーによって決している。隆行がFKを獲得し、俊輔が蹴る。ドイツでは何が起こるかわからない。
批評家たちは、55試合で11ゴールという日本代表でのゴール率を指摘する。ストライカーとしての合格ライン“3試合に1ゴール”に程遠いと言うが、ゴールを挙げることは彼の主の役割ではないのだ。
私にとって、鈴木のゴールは“ボーナス”に近い。そして2つの素晴らしいゴールが脳裏にすぐ浮かぶ。
最初のゴールは2002年W杯の日本代表が挙げた最初のゴールだ。ベルギーの1点リードから1−1の同点に追いついた、あのゴールだ。
2つめは2004年、オマーンでのゴール。俊輔の左クロスをヘッドで押し込んだ、その試合唯一のゴールとなった決勝点だ。予選の決勝ラウンド進出を決定付けた、極めて重要なゴールと言っても良い。

彼はベルギーで活躍できなかった。それは事実だ。しかし、肉体的にも精神的にも、ヨーロッパでやっていけるだけのものは持っているし、フォワードラインに大きな影響を与えられると思う。
W杯まで数ヶ月となったいまの時点で日本を離れることは、彼の代表選出のチャンスに影響があるだろうか?
ジーコは彼のことを熟知しているし、代表の青い(アウェー用はアイボリー)ユニフォームを身に付けた彼が頼れる存在であることも知っている。個人的には、影響はないと思っている。
鈴木が再びヨーロッパを目指すことは、誰も責められない。彼は29歳。おそらく今回が、このレベルで自身を試す最後のチャンスとなるかもしれないのだから。

固定リンク | | コメント (0)


高校サッカーの悪しき兆候

2006/01/12(木)

月曜日(9日)に国立競技場で行なわれた高校サッカー選手権の決勝は、全体的にはとても楽しいイベントだった。
知的で創造的な攻撃サッカーが見られたし、競技場の雰囲気と熱気がさらに花を添えていた。
しかし準決勝と決勝には、若干の憂慮すべきことがあった。

まず、このレベルのこれまでの試合よりはるかに多くのダイビングが見られた。私が日本で高校サッカーを初めて見たのは1998年のことだが、FKやPK目当ての小賢しいプレーをしない選手たちの姿がとても印象的だった。正直にプレーしている選手たちが新鮮に見えたものだ。
トップ・レフェリーのレスリー・モットラムも当時、私と同じように感じており、選手たちがダイブをするようになるのはプロになってからだと話していた。現在のサッカーには、多額の金銭が絡んでいるのである。

本年の高校サッカー選手権。大会が佳境にさしかかると、ダイブという点に関しては高校生もJリーグの選手もほとんど違いがないようだった。
ドリブルしていた選手が、激しくもフェアなタックルでボールを奪われると、つんのめって空中で体をひねったり回転させたりするのだ。幸いなことに、レフェリーも注意深く対処し、ゲームをそのまま流していた。すると、件(くだん)の選手は自分で立ち上がるのである。

また、タックルを受けたあとに倒れたままでいる選手があまりにも多いとも感じた。彼らはさっと立ち上がってゲームに戻るのではなく、サポーターの声援が起こるのを待ち、それからふらふらと立ち上がる。

以前にも書いたが、イングランドではフットボールは男のゲームとみなされている――つまり、男は痛そうな素振りをしない。それは相手に弱みを見せることになるからである。言い換えれば、いつまでも文句を言い、 ケガをしたふりをしているのを見ると、相手ディフェンダーは「敵のフォワードは軟弱なやつだ」と考えるのだ。
フォワードがタックルをものともせず平然としていると、ディフェンダーは厄介な相手だと感じる。

将来的には、高校サッカーのレフェリーには特別な配慮を持って試合に臨んで欲しい。
現在のサッカーには姑息なプレーがあまりにも多いが、若い年代の試合から、そのようなプレーを罰するようにしなければならない。
コーチもサッカーの精神を守る義務を負っている。FKをもらおうとするような行動は慎むよう、選手たちを教育すべきである。それはベンチから見ていて分かるはずだし、適切なタイミングで自分の選手を物静かに叱るのは当然の行為。
今後、若者たちには芝居がかった振る舞いではなく、サッカーだけに集中してもらいたい。みんな最初はとても立派なのだが、悪いことほど上達が速いのである。

固定リンク | | コメント (0)


小笠原に与えられたチャンス

2006/01/09(月)

日本に帰るか、それともイングランドに残るか?その結果に関わらず小笠原満男はウェストハム・ユナイテッドで日本人選手の評価を上げてくることだろう。
アントラーズのプレーメイカーは、ただいま東ロンドンのチームでトライアル中。アラン・パデュー監督を早々に感心させたようだ。

小笠原の渡欧は一時的なものとみられているが、この世界では何が起こるかわからない。
彼はヨーロッパでプレーしたい。そして、ウェストハムには資金がある。
しかし、だからといってすぐに小笠原と契約するという訳ではない。プレミアリーグは世界的にも魅力があり、チームは世界中から選手を選べるのだ。
そして日本人選手は大きな問題を抱えている。そう、彼らは日本で高額の年俸をもらっており、代理人は相当額の契約を要求するということである。チームへの移籍金、契約金、さらに年俸や諸経費を加算していくとかなりの額になってしまう。

小笠原は、プレミアリーグで十分生き残っていけると思う。頭の良い選手だし、自分のことくらいうまくやるだろう。タックルは中田英寿ほどハードではないが荒っぽいプレーにも対応できるし、必要とあらば彼自身も恐れることなくハードなプレーをする。
イングランドでプレーするのに必要とされる能力も、精神的強さや体力的資質も持ち合わせている。
プレミアリーグではJリーグや代表の時ほどボールを持つ時間はなく、彼は多少なりともカルチャーショックを受けることだろう。
ボールを持ちすぎると相手ディフェンダーに潰されるし、イングランドではレフリーも試合の流れを止めることは少ないうえに、ケガをしていない選手にグズグズさせたり試合を止めたりさせることはない。

彼に合うチームにさえ入れれば、小笠原は成功できる。プレミアリーグに慣れるには、ウェストハムはほど良いレベルのチーム。彼は真剣だし、より高いレベルでプレーするチャンスを与えられるべきだ。何とか実現すれば良いなと思う。
今週の小笠原のトレーニングを見た後、ハマーズのパデュー監督は日本人選手の“活力”と“態度”についてコメントした。
小笠原はこれらをしっかり持ち合わせている。しかし彼はピッチでもっとこれらを見せていかなければならない。チームメイトに話しかけ、時には叫びながらコミュニケートしていく必要があるだろう。
言い換えれば、彼は静かすぎるのだ。基本的な英会話を早く学び、自身の考えを伝える自信を持つことが、海外での彼の可能性を実現するためのファーストステップ。
これは彼にとってサッカーをプレーする以外での最大の試練になるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


すべての道はドイツに通ず 〜 2006年プレビュー 〜

2006/01/05(木)

今年は、前半はもちろんのこと、ひょっとすると後半もサッカーファンの話題の中心になるものがある。
そう、2006年ワールドカップ・ドイツ大会である。大会は、6月9日にミュンヘンで開幕し、7月9日にベルリンで幕を閉じる。
日本にとって重要な日は6月12日、18日、22日の3日間。それぞれの日にグループFで同組となったオーストラリア、クロアチア、ブラジルと試合を行ない、上位2チームに許されるベスト16進出を目指す。

ジーコも、この4年の任期の最後にタフな決断を下さなければならないことはよくわかっているだろうし、これからは、最終的に23人に絞られる日本代表候補のあらゆるプレーが精査、議論されるようになるだろう。
ヨーロッパでプレーしている選手たち、特に小野伸二の体調そして試合勘については、いまだ多くの疑問符が付く状況。ジーコは今後数ヶ月の経過を忍耐強く見守るしかない。
私には、この問題はジーコにとってさほど憂慮すべきものではないように思える。というのも、ジーコはその時点で使える選手を選ばなければならないわけだし、調子の良くない選手がいれば、メディアやファンにとっての「ビッグ・スター」であっても、選考からふるい落とさなければならないからだ。
それに、交代選手に十分な選択肢がないわけでもない。ジーコは、在任中にピッチ内のさまざまなポジションでたくさんの選手を試してきた。目下のところ、ジーコはフィールドプレーヤー20人のうちの17人をすでに決めている様子。代表に選ばれるかどうか微妙な立場にある選手にも、今後の数ヶ月でアピールするチャンスが残されている。

とはいえ、最大の問題は、「日本はこのグループを勝ち抜き、セカンドラウンドに進めるのか?」ということである。
私は、日本はとても厳しいグループに入ったと思っている。ブラジル、オーストラリアの両チームは、私の意見では、ドロー(抽選)の各ポットで最も当たりたくないチームであったからだ。シード国以外のヨーロッパのポットでは、日本はオランダとの対戦は回避できが、しかしクロアチアも厳しい相手だ。
というのも、クロアチアは予選10試合で7勝3分けという成績を残しており、スウェーデンをホームとアウェーの両方で破っているのだ。しかも、予選の同じ組にはブルガリアとハンガリーがいたのである。

日本が次のラウンドに進出するチャンスを得るためには、少なくとも1つの勝ちと1つの引き分けが必要であり、カイザースラウテルンでサッカールー(オーストラリア代表の愛称)と戦う緒戦が、まさにすべての流れを決めるだろう。
F組ではブラジルとクロアチアの勝ち抜け(上位2チーム)が有力視されているため、日本とオーストラリアは最初からすさまじいプレッシャーのなかでプレーしなければならないのである。
しかし、日本が自分たちの強み――スピード、機動力、速いパス回し、組織力および規律――を発揮すれば、体が大きく、身体能力に優れたオーストラリアやクロアチアを苦しめることができるかもしれない。私が、上手くやれば日本が1勝できると言うのは、ネガティブになっているからではなく、ただ現実的になろうとしているからである。
こんな風に考えるようになったのは、ジーコのチームのタレントではなく、相手チームの戦力をもっぱら評価したからである――特にヒディンク監督率いるオーストラリアを過小評価してはならない。
日本がセカンドラウンドに進出できたなら、就任当初のあらゆる問題や混乱を帳消しにして、ジーコに任せたのは成功だったと評価してよいだろう。

もっとも、ワールドカップの前には2007年アジアカップの予選があるし、3月の初めにはJリーグも開幕する。今回のJリーグのシーズンも、長く、中断期間の多いシーズンとなるが、天皇杯で優勝し、さらにゴールマシーンのワシントンの入団が予想される浦和レッズが、現時点では2006年のJ1リーグ優勝の本命となっている。
J1に昇格するヴァンフォーレ甲府そしてJ2に参加する愛媛FCも歓迎したい。両クラブの参加により、サッカーがより多くの地域で根付き、受け入れられるようになり、Jリーグの人気がさらに高まるようになるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »