« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

1ステージ制が大成功した年 〜 2005年回顧 〜

2005/12/29(木)

日本のサッカー関係者は、素晴らしい成功を収めた2005年のピッチ内外の出来事を誇りを持って振り返ればよい。
国内では、1ステージ制のJリーグが大成功を収め、将来に向けての礎となった。
海外では、2006年ワールドカップ本大会への出場を楽々と決め、来年6月のドイツおよび国内での盛り上がりが大いに楽しみな状況だ。

次に、全体を見ると、日本ではサッカーの人気がとても健全な状態にあり、Jリーグの観客数も、J1は堅実な数字を維持、J2でも増加の傾向にある。また、代表チームは、ホームでならどのようなチームと試合をしても(たとえば、チャドやマカオが相手でも)、スタジアムを満員にできる人気を保っており、青のユニフォームを愛するファンの気持ちは、今や国のシンボルとして世界中で認知されるようになった。

昨年の今頃は、J1での1ステージ制導入が予定されるなか、悲観的な見方があったのも確かだ。ファンは、2回の短距離競争ではなく、1回の長距離競争を見たいのだろうか? 応援するチームが優勝戦線から脱落してもチームを応援し続けてくれるのだろうか?
こうした懸念は十分理解できるものだった。1996年の1ステージ制は、観客数という点からは成功とは言えず、次の年に取りやめとなってしまったからだ。

しかし、2005年には、Jリーグのファンも試合内容と同じように成長しており、PK戦や延長戦、ゴールデンゴールやホーム&アウェーのプレーオフといったわざとらしい仕掛けのない、正統的なリーグ戦に対応できるようになっていることが立証されたのだ。
言い換えれば、シーズン最後の日に、33試合も戦ったあとで(!)、5つのチームにまだ優勝の可能性があるという状況が生まれたのは、変革を行なおうとしたJリーグの勇気が報われた証だ。
これは信じられないようなシナリオだった。幸運なことに、私は、あの「スーパー・サタデー」の等々力において、ガンバが感動的かつ劇的な状況で優勝を勝ち取ったのを見た。
また、バンコクでは、スタジアムへの入場を許された少数の人間の1人として、日本が北朝鮮を破り、ドイツ行きの切符を掴むのも見ることができた。後半の最後に大黒が2点目のゴールを決め、「野人スタイル」で歓喜し、走り回った、あの瞬間をどう表現すればいいのだろう!

Jリーグ・アウォーズについては、アラウージョのMVP受賞は文句のつけようのないものである。33試合出場で33ゴールという活躍は、不安定なディフェンスという欠点を補って余りあるもの。アラウージョがブラジルに戻り、大黒がフランスでプレーするため、来シーズンのガンバは一から出直さなければならない。

2006年のJリーグが、2005年ほどの大成功を収められるかどうかは難しいところだが、ワールドカップが今よりさらに多くの関心を集め、より多くのヒーローを生み出すため、国内の試合内容もさらに進化を続け、Jリーグが日本のスポーツ・シーンを支える重要な要素となる、と私は信じている。

固定リンク | | コメント (0)


“バック・トゥー・ザ・フューチャー”未来へ向かうヴェルディ

2005/12/26(月)

映画館やテレビで新旧の名作が上映されるクリスマスから正月にかけてのこの時期は、映画ファンにとっていつも楽しみな季節だ。
映画で言うなら、さしずめラモス瑠偉を新監督に迎えたヴェルディのお気に入りは“バック・トゥー・ザ・フューチャー”だろう。
これは全く予想外の展開ではない。ラモスがシーズン途中で早野監督のアシスタントとしてレイソルに迎えられた時から、すでに噂はあった。
私は正直、彼がそのひらめきとやる気、またサッカーの知識と経験でレイソルをJ2降格から救ってくれるだろうと思っていた。
残念ながら、それは叶わなかった。そして彼はヴェルディをJ1へ復帰・再生させるべく新たな挑戦をすることになった。

ラモス監督にとって、これは決して簡単なことではない。ワシントンは浦和に移籍してしまっていないし、おそらくチームに潤沢な資金はない。
必然的に、来季の読売ランドには多くのニューフェースが集まってくる。ヴェルディ川崎のスターとして活躍したラモス監督は、彼らをチームとして一つにまとめていかねばならない。
来シーズンのJ2は13チームで4ラウンド、各チームが48試合を戦う。ラモス監督がチームを再生する時間はある。
ヴェルディをトップチームに復活させるには、1シーズン以上かかるかもしれない。経営陣も、彼に一晩で奇跡を起こさせようとは期待していないだろう。
ヴェルディには剛と柔のバランスが必要だ。彼のビーチサッカー代表監督としての経験は、有利というより不利になる。二つはまったく異種のスポーツだからだ。
日本でコーチとして名を挙げる素晴らしいチャンスを、ラモスは得た。そして今、ヴェルディは彼の経験と影響をこれまで以上に必要としているのだ。

固定リンク | | コメント (0)


英国人には残念な、ブラジルづくしの年の暮れ

2005/12/22(木)

1人の英国人として、2005年の暮れはあまり楽しくはない。
今朝、テレビのスイッチを入れると、あらゆるチャンネルのスポーツニュースでブラジルが話題になっているのだ。
まず、ロナウジーニョが2年連続でFIFA年間最優秀選手を受賞した。
次に、日曜日のFIFA世界クラブ選手権の決勝でリバプールを破ったサンパウロが地元に帰り、トヨタカップのお披露目をした。さらに、サンパウロのGKロジェリオ・セニがMVPとしての活躍を評価され、市の「名誉市民」になった――しかも、この名誉を授与した市長は、サンパウロのライバルであるパルメイラスの熱烈なサポーターだというではないか!
ああ…。そして締めくくりは、先日勝利した試合でバルセロナの一員としてプレーし、スペインリーグがウィンターブレイクに入る前にチームが首位を確保するのに貢献した、ロナウジーニョの姿だった。

だからそう、英国人にとってはどうしても楽しい1日ではなかった。まもなく2006年になり、6月にはワールドカップがあるというのにだ。
ロナウジーニョが最優秀選手を再び受賞したことには、文句はない。だって、彼のプレーはランバードより、エトオよりも見事だったのだから。ロナウジーニョは、現時点では、この星でもっとも魅力的な選手。数年前、マンチェスター・ユナイテッドは彼を獲得するためにどうしてもっと頑張らなかったのだろう。

次にサンパウロについて。まあ、たくさんの人が、横浜でリバプールに勝てた(1−0)のはラッキーだったと言っている。コーナーキックの数はリバプールの17に対してサンパウロは0。リバプールは3つのゴールを取り消された。それから、ルガーノのジェラードに対する荒削りなタックルは退場に値するものだ。
勝敗を決するのは、ゴールの数。コーナーキックの数ではない。リバプールのゴールを取り消したとき、審判は適切な位置にいるように見えた。ただ、3度目はとてもきわどいものだった。それから、ルガーノはレッドカードをもらってもおかしくはなかったが、もし右サイドに流れてきたジェラードに対するあのファウルで実際に退場になっていたら、多くの人が驚いただろう。
そう、サンパウロのディフェンスは素晴らしかった。良いフルバックが2人いて、良いキーパーがペナルティエリアを支配していた。

私は、ベニテスは選択を誤り、用心しすぎて、その代償を払う結果になってしまったのではないかと思う。前半の1分に、ジェラードが右から送ったクロスに合わせたヘディングシュートをモリエンテスは決めておくべきだったが、シュートミスはサンパウロにとって救いだった。ブラジルのチームはまず守り、それから攻撃した。まさに、シンプルなサッカー。
ブラジルが他のライバルたちに対して大きな心理的優位を保ったまま、2006年を迎えるのは間違いない。それでも私は、イングランドがドイツで優勝する可能性もそこそこあるのではないかと感じている。

固定リンク | | コメント (0)


双方にとって不可解な小野とレッズの動向

2005/12/19(月)

小野伸二が良い選手であることは、誰もが認めるところである。しかし、浦和レッズが彼を日本に呼び戻そうとしているのは、少々不可解だ。
小野がヨーロッパを出たいと思っているのなら、なおのこと理解に苦しむ。

小野の現在のポジションは明らか。今はケガが回復し、来年6月のワールドカップでプレーできるかどうか様子を見ている状態だ。
ここで言うケガの回復とは、試合に出場できるようになるまでの回復である。
グループリーグ最終戦、ブラジルと対戦する時点まで突破の可能性を残すには、日本は精神的にも肉体的に強くなる必要がある。それというのも、最初の2試合で、タフで闘争的なオーストラリア、クロアチアと戦わなければならないからだ。

レッズにしてみれば、ケガから回復途中の小野を助けたいのだろう。これは素晴らしいことだと思う。小野がケガから完全に復活すれば、チームは日本最高のサッカー選手の一人と契約できるということだ。
とはいえ小野にとっては、浦和に復帰するということは明らかな“後退”だ。

私は以前から、小野にとってフェイエノールトはスペインやイングランドのより大きなチーム、より大きなリーグへの足がかりに過ぎないと思っていた。
彼がケガを避け、ここまで出場機会を奪われることがなかったなら、そうなっていたはずだ。
事実、彼の移籍を準備していたと明かしたフェイエノールトにとって、今回のケガは本当に余計なものだったのだ。ひょっとすると、彼がヨーロッパで自身の可能性を開花させる機会はもうないのかもしれない。

体調万全の小野は見ていてとても楽しい選手。それだけに、彼自身にとって、チームにとって、そして日本のサッカーにとってこれは非常に残念なことだ。
現時点では、小野のレッズ復帰は間違っていると私は思う。彼にはまだ時間がある。ケガを治し、ヨーロッパでのキャリアを続けることだ。
ロッテルダムででは、ないだろうけれど…。

固定リンク | | コメント (0)


2006年に甲府市に行く、新しい理由

2005/12/15(木)

来シーズン、レイソルとヴァンフォーレがそろってJ1でプレーできないのというのは、もったいない気分だ。
こんなことを言う理由は主に両チームのファンにある。プレーオフの2試合の雰囲気は、どちらも、まさに「ファン・タスティック」だった。
小瀬陸上競技場では、レイソルがレイナウドの見事なヘディングシュートで先制すると、覚えているだろうか、アウェーのファンはジーンズの上半身を裸にして忠誠心を示したのだ(シャツを脱ぎ捨てたのは男性ファンだけだったのは指摘しておきたい。ただし、記者席からは離れた場所だったし、とくに照明が消えている間ははっきりとは見えなかったけれど)。

なんにしろ、冷え込みのきつい山梨県で、レイソル信奉者の心意気を示した素晴らしいショーだった。ホームチームのファンは良く心得ていて、「Curva Kofu」の周囲にしっかりと密集していた。
プレーオフの「前半」が終了したにすぎないにしても、甲府のファンも結局、2−1の勝利のあとは狂喜した。
そのシーンと雰囲気は、昔の日々を鮮やかに思い出させてくれた。イングランド・FAカップの1回戦、ノンプロのリーグのクラブがプロの下部リーグに所属しているクラブを破ったときは、こんな感じだった。
ノンプロのリーグのチームには肉屋やパン屋、あるいはロウソク立てを作る職人もいたかもしれないが(ここで言うノンプロのリーグとは、フットボール・リーグの傘下にないリーグのことだ。プレミアシップができる前には、4つのディビジョンのリーグが共通の全国的なプロリーグの傘下にあった)、彼らが、良い給料、良い待遇を受けているライバルを相手に大番狂わせをやってのけることがあった。

第2戦では、千葉県の冬の太陽の下、甲府のファンは元気いっぱいゴール裏に集まり、青と赤の色彩はまるでFC東京のサポーターのようだった。
第1戦では、かつて大宮アルディージャでプレーしていた大柄のセンターフォワードのバレーが動きの遅いレイソルのディフェンス陣を大いに混乱させていたが、今回の彼は手が付けられない状態だった。
バレーはなんと6ゴールを決めたのだが、レイソルのディフェンスの間を駆け抜ける姿は、10点だって取れそうなくらいであった。素晴らしいフィニッシュもいくつかあり、とくにゴール前で上手くボールをコントロールし、南の前で絶妙なチップ・シュートを決めた1点目、それから全力のシュートをゴールの上部に決めた3点目は目を見張るものだった。2点目のゴールは、本当のところ、PKを与えるべきではないと思ったが、それもバレーには関係のないことだ。

私は、「No Reysol No Life」のあとに「Without Reysol Where We Go?」と書かれた、レイソルの横断幕が大好きだ。
英語教師のようなことは言いたくないが、「Without Reysol Where We Go?」のところは、誰かが”do”を入れるのを忘れたのだろう。「Without Reysol Where Do We Go?」のほうがよろしいが、レイソルのファンや出資企業の日立にとっては、いまさらどうでもいいことなのだろう。
我々みんなが知っているように、レイソルはJ2に降格し、甲府がJ1に昇格する。
2006年には、城跡や武田神社以外にも、甲府市を訪れる、素晴らしい理由ができるのである。

固定リンク | | コメント (0)


徳永の選択はFC東京

2005/12/12(月)

先日、徳永が結局FC東京と契約を結んだという記事を読んで、私は少なからず驚いた。
バレンシアや鹿島アントラーズ入りが噂されていたこともあり、正直、その可能性は低いと思っていた。
最近マカオで行なわれた東アジア選手権で彼と話した時、私は、FC東京など眼中にないという印象を受けた。事実、鹿島の名を挙げたのは徳永自身だったし、闘争心溢れる名良橋の代役にピッタリだと私も思った。
バレンシアについては、正式契約するのではと考えていた人もいるし、12月に2週間ほどトレーニングに行き、そして日本に帰ってくると考えていた人もいるようだ。
しかし結局、彼は極めて妥当な選択をし、早稲田大学に在籍しながら非常に良くプレーしていたFC東京と契約を結んだ。

徳永は才能に満ち溢れた万能選手だ。FC東京では、複数のポジションをうまくこなしていくだろう。
しかし、彼の“ガスマン”(東京ガスはFC東京のスポンサーである)入団は、現在の右サイドバック・加地の将来に疑問を投げかけることになる。
ここ数週間、右サイド強化を図るガンバへ加地が移籍するのではという噂がある。
今シーズン失点が多く、ディフェンスの強化が急務であることが明白なガンバということもあって、つじつまが合う。
また、ガンバとゴールについて語るとなると、フランス2部リーグのグルノーブル移籍が濃厚の大黒のことも外せない。
おそらくグルノーブルは好条件を大黒に提示するだろう。彼にとっても、ヨーロッパ移籍の素晴らしい機会になるだろう。しかし、タイミング的にはあまりにも間が悪い。

ドイツワールドカップまであと6週間しかないのだ。大黒は間違いなくジーコ監督率いる23名の代表メンバーに入ってくるだろう。日本に残留すれば代表のすべてのトレーニングマッチに参加できるし、ガンバでプレーすることで良いコンディションを維持できる。
もしフランスへ行くことになれば、フランスの生活様式に合わないかもしれない。言葉だって難しいし、何より、先発出場の保証さえないかもしれない。それに、グルノーブルだって代表の親善試合の度に大黒を出したくはないだろう。
となると、ジーコ監督の“レーダー”から彼は消えてしまうかもしれないのだ。
そう、あの大久保のように…。

ガンバは大黒に複数年契約を提示した。私は、彼はガンバに残るべきだと思っている。そしてワールドカップでプレーし、得点を挙げる(ブラジル戦がいいな)。それから、より高給で、グルノーブルよりも良いチームへ移籍する。そうすれば、ガンバにもより多くの移籍金が入るというものだ。
これで全員がハッピーになるのではないだろうか。

固定リンク | | コメント (0)


勝利と優勝をもたらしたストライカー

2005/12/08(木)

友人に完璧なクリスマス・プレゼントを贈りたいとお考えの方には、「A Miscellany of Football(サッカー雑文集)」がおすすめだ。
これは、Past Times of Oxford発行の小型の本で、表紙に書かれているとおり「サッカーファンが喜ぶ、気の利いたセリフ、ためになる話、名言」が満載である。
名言のなかには、アストン・アストン・ビラとダービーカウンティで監督を務めたジョン・グレゴリーの言葉も入っている。
「ストライカーは勝利をもたらすが、ディフェンダーは優勝をもたらす」というのがそれだ。

ただし、これはガンバ大阪にはあてはまらない!
ガンバの場合、まったく正反対。リーグ戦34試合で58ゴールも許したのに、幸運にも84ものゴールを挙げ、その結果、勝利が次々と転がり込んできたのだ。
だからガンバでは、ストライカーが勝利をもたらし、さらに優勝をももたらしたのである。

12月20日のJリーグ・アウォーズの夜、アラウージョがJリーグMVPに選ばれると私が考える理由も、そこにある。33試合で33ゴールという記録は文句なし。土曜日の等々力での2ゴールは、見ているだけで楽しくなるものだった。
最初のゴールは、フェルナンジーニョとのワン・ツーのあと、左足でボールをカーブさせ鮮やかにファーポストの内側に決めたもので、キーパーにはどうすることもできないシュート。また、2点目のゴールは、生粋のストライカーらしく、どんぴしゃりの時間に、どんぴしゃりの場所に完璧なタイミングで走りこみ、至近距離から決めたものだった。

マン・オブ・ザ・マッチやシーズンMVPを選ぶとき、私は、決勝ゴールや複数のゴールを挙げた選手を避けがちだ。それでは安易すぎる。それよりも私は、もっと堅実で、あらゆる局面でチームに貢献した選手、派手でなくともチームに不可欠な働きをした選手を好むのである。
おかしな選考基準だと思われるかもしれないが、たとえば、レアル・マドリードなら、ベッカムでも、ジダンでも、ラウールでも、ロビーニョでもなく、やっぱりエルゲラ! 彼は私好みの選手で、いつも素晴らしい仕事をしている(アルゼンチンのハビエル・サネッティも同じようなタイプの選手)。

しかし、2005年のJリーグではアラウージョ以上に賞にふさわしい選手は考えられないし、来シーズン、彼がガンバでプレーしないのはとても残念だ。
エスパルスからアラウージョを獲得するという決断をした人物は、それが誰であれ、大いに賞賛されてしかるべきだ。アラウージョがいなくてもガンバが優勝したとは、とても思えない。
それとは別に、ガンバがあんなにたくさんのゴールを許した理由を探すのも難しいことではない。寺田がヘディングで決めたフロンターレの1点目を見れば明らかだ。ガンバのディフェンスはコーナーキックの時、すでにフリーでヘディングするチャンスを寺田に与えていた。その時は、ボールはバーの上を越えたが、その後すぐにまたフリーになるチャンスを与えてしまい、今度は寺田がチャンスをものにしたのである。

ディフェンスのミスはあったが、ガンバは立派なチャンピオン。34試合を終えた後の順位表はうそをつかないのだ。
アラウージョには、さらにたくさんのトロフィーが与えられるだろう。得点王と、そして、おそらくMVPのトロフィーが…。

固定リンク | | コメント (0)


ヴェルディよ、現実とJ2での戦いに立ち向かえ

2005/12/05(月)

土曜日(12月3日)に行なわれるヴェルディのJ1最後のホームゲームが盛り上がらない理由は、何ひとつない。
ヴェルディは何週にもわたって低迷しつづけ、先週の土曜日にJ2降格が決まった。
全員(選手、役員、そしてサポーターも)が陰気に悲嘆に暮れるより、むしろ、ヴェルディ魂と自信を新たに築き直すことだ。そして、終わってしまった過去にとらわれることなく、新たなチャレンジを見つめるべきなのだ。

来季、ヴェルディは初めてJ2でシーズンを過ごす。そして皮肉にも、新たに改善されたアジアチャンピオンズリーグへの初出場が決まっている。
だが、残念がってばかりはいられないし、過去の栄光を盾にJ2は楽勝だなどと楽観視していてはいけない。
34試合を終えた順位表は、嘘をつかない。ヴェルディはJ2に落ちるべくして落ちたのだ。彼らはその結果を真正面から受け止めるべきだし、さらにその結果を糧とすべきなのだ。選手たちの涙など見たくない。握りしめた拳(こぶし)、ファイティングスピリット、そして来季への希望こそが見たい。
アジアチャンピオンズリーグの場も、彼らを鍛えてくれることだろう。特に韓国チャンピオンと対戦することは、J2でシーズンを過ごす彼らにとって大きな利益になるはずだ。

個人的には、ヴェルディの衰退には驚いている。
シーズン開幕当初、私はヴェルディを優勝候補のダークホースとして名前をあげた。マリノス、アントラーズ、そしてジュビロのような明らかな優勝候補ではないが、全てがうまくハマれば可能性は十分あったはずなのだ。
私がヴェルディをダークホースと考えたのは、前のシーズンの天皇杯優勝、加えてワシントンと戸田の獲得したことによるものだった。
ワシントンのことはヨーロッパや日本のいくつかのチームが狙っていたが、ヴェルディが獲得レースに勝利した。ワシントンの(プレー)態度やそのゴールの数に、クラブは満足しているだろう。

戸田は、特にミッドフィールドでヴェルディが必要としていた芯と経験をもたらすだろうと思っていた。小林慶行や小林大悟は、技術はある。しかし必要とされていたのは、キーンやビエラ、スーネスのような闘志溢れる選手だった。私は戸田こそピッタリだと思ったのだが、彼は早々にアルディレス監督の信頼を失い、フラストレーションに満ちたシーズン終了と共にヴェルディを去るようだ。
とはいえ、ヴェルディは全てを失うわけではない。平本と森本がチームに残れば、来季はJ2最強の攻撃力を誇ることになる。

しかし何より重要なことは、一時代を築いた誇りと情熱を再び見つけることだ。
これは教えてもらうことではなく、来シーズン選手自身がしなければならないこと。そう、再びトップチームに返り咲くために…。

固定リンク | | コメント (0)


すべてのプレッシャーはセレッソに

2005/12/01(木)

土曜日はどうなるのだろう?
いつもと同じように、Jリーグ・ウォッチャーには魅力的なオプションがいくつも用意されている。
しかし、今週の土曜日、シーズン最後の土曜日は、特別だ。
実際、5つのチームにまだ優勝の可能性があるという、信じられないような状況になっているのだ。

最近でも、優勝争いが最後までもつれたシーズンは何度かある。たとえば2003年のセカンドステージでは、久保がホームの磐田戦で最後の最後にゴールを決め、マリノスの優勝が決まったが、各チームが33試合を終えてこのような状況になったことはない。
今回はセレッソが主導権を握っている。セレッソは2位のガンバに勝点1差をつけており、ホームの長居スタジアムでFC東京と戦う。
FC東京に勝つのは容易なことではないだろう。ホームチームにはありとあらゆるプレッシャーがかかるだろうし、長居も――そうなって欲しいのだが――めずらしく満員になると予想されている。

セレッソは、過去にも同じような立場に立ったことがある。5年前のファーストステージは、ホームでの最終戦で川崎フロンターレに勝たなければならなかった。延長戦での勝利に与えられる勝点2(古いシステムが廃止されて、良かったと思いませんか?)でも十分だったが、負けてしまい、マリノスが国立競技場でどんでん返しのファーストステージ優勝を祝ったのである。
今回、セレッソはプレッシャーに対処できるのだろうか? どうなのか判断しがたいところではある。今季ここまで、セレッソにはまったくプレッシャーがなかったからだ。しばらくの間はガンバとアントラーズのマッチレースだったが、誰も気づかぬうちにセレッソが優勝戦線に浮上し、現在は優勝に最も近い位置にいるのだ。

優勝の行方は、自力優勝の権利を持っているセレッソ次第ということになる。
もしセレッソが失敗し、引き分けあるいは敗れるとしても、ガンバは等々力で川崎フロンターレに勝つために十分なモチベーションと決意を持って戦えるだろうか?この質問への答えも、やはり分からない。ここ数試合の敗戦で、ガンバは自信ではなく、疑心暗鬼のかたまりになっているに違いない。
セレッソと2差の勝点56の位置には、まだレッズがいるし、アントラーズもジェフもいる。
レッズはビッグスワンでアルビレックス新潟戦。アントラーズがホームに迎え撃つのは、またも悲惨なシーズンとなり、今回もJ1残留のためにプレーオフを戦わなければならないレイソル。ジェフはホームで名古屋と戦う。

33試合を消化した時点でこのような状況となるのはきわめて異例のこと。Jリーグのプランナーも、1996年以来の1ステージ制のシーズンがこれほどドラマチックな結末を迎えるとは予想していなかっただろう。
こうなったのも、思い切って2ステージ制を廃止したから。できれば2ステージ制はもう見たくない。

とはいえ、問題が1つある。Jリーグには、優勝トロフィーとそのレプリカがいくつあるのだろう? 土曜日には、優勝チームに授与するために5つの別々の都市で、5つのトロフィーを用意しておかなければならないのだ!

固定リンク | | コメント (0)


« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »