« 降格は世界の終わりではない | トップページ | すべてのプレッシャーはセレッソに »

ありがとう、ジョージ・ベスト!

2005/11/28(月)

美しい秋晴れの東京。太陽は明るく輝き、そしてひんやりと心地よい朝。
しかし同時に、とても寂しい朝となった。数時間前、ジョージ・ベストが59歳で亡くなったという知らせが飛び込んできたのだ。
アルコール依存症に、彼はついに勝つことができなかった。そしてそれは、彼のあまりにも早すぎる死へとつながってしまった。

BBCワールドでは、ノンストップで彼への追悼番組を放送している。当然のことなのだろうけれど、現時点で彼のことを取り沙汰すのはあまりにも不適切で不公平に思えてしかたない。
ジョージは、そのプレーで人々の記憶に残るのだろうか?それとも、その贅沢三昧の私生活でだろうか?
もちろんサッカーがなければ、彼にセレブとしてのライフスタイルはなかった。

日本の若い読者の多くは、ジョージ・ベストを知らないだろう。そしてこれから、彼のことなど聞いたことがないという人が増えていく。サッカーは、日本ではまだまだ新興スポーツなのだ。
ジョージはサッカー選手であると同時に、エンターテイナーだった。彼は速く、バレリーナのようなバランス感覚を持ち、そして何より勇気があった。彼がボールを持つとディフェンダーは恐れおののいた。立ち向かってくるディフェンダーを、彼は思いのまま手玉にとったものだ。
時にそれは、まるで闘牛を見ているようだった。ジョージがケープをまとい剣を手にし、戦いに疲れ果てた雄牛がまるで早く殺してくれと言わんばかりのよう。

ジョージ・ベストがまだマンチェスター・ユナイテッド(マンチェスター・U=イングランド)に所属していた頃、私のホームタウンチーム、ハリファックス・タウンと対戦したことがある。
それは、ワトニーカップと呼ばれるプレシーズンの大会。ワトニーカップは前シーズンに各4つのディビジョンで最も得点を挙げた4チームによって行なわれていたが、廃止になって久しい。
70年代前半、あの強豪マンチェスター・Uがハリファックスの質素なシェイスタジアムに来たのだ。その日は雨。私たちの前に立っていた1人の女性が傘を差したので、後ろの男性たちが「前が見えない」とひと悶着おきたっけ…。
当時、男たちは傘など持ち歩かないものだった。雨に濡れることを気にするほどヤワではない。彼らは雨をよけるためにハンチング帽をかぶり、さらにタバコが濡れないようにした。何せ、彼らは試合中ずっとタバコを吸っていたのだ。
そしてもちろん、皆立って試合を観ていた。当時は、座席シートなどは金持ちのためのもの。真のファンは雨の日も雪の日も吹きっさらしのテラスに立ち、寒さを堪えるために足踏みしながら観戦し、最後の5分は、試合終了と同時に駐車場やバス停にダッシュできるようゲートの前で観ていた。

とにかく、なんとあのジョージ・ベストがシェイスタジアムに来た。そして、さらに彼はPKを外したのだ。それこそ30年以上も前のこと。私の記憶が正しければ、彼はあまりにも緩く蹴りすぎ、ハリファックスのGKに容易にキャッチされてしまった。
彼のチームメートで、名ウィングだったウィリー・モーガンが得点を挙げたが、試合はハリファックスが2−1で勝った。なんという大番狂わせだっただろう!

イギリスの誰もが、“5人目のビートル”と呼ばれたジョージ・ベストの生涯を、引退した後も追いかけてきた。多くの人が彼を助けようとしたが、結局できなかった。
そう、今日はあまりにも悲しい土曜日だ。皆さんには是非、テレビのニュースを見てもらいたい。そして、買えるものならビデオを買って見てもらいたい。彼はそれほど優れたサッカー選手だったのだ…。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。