« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

勝つため?それとも楽しませるため?

2005/09/29(木)

たいていの場合、アーセン・ベンゲル(アーセナル監督)の話は道理が通っている。
しかし、勝点制度を変更し、各チームがよりたくさんの得点を挙げるのを奨励しようというアイデアは、まったくの的外れである。
アーセンのプランというのは、3−0や5−2といった3点差以上で勝利したチームにボーナスポイントを与えるというものだ。
そうすれば、2−0でリードしているチームも攻撃を続ける気になり、これまで以上の「エンターテイメント」がファンに提供されるようになると言うのである。

このアイデアはどうだろう?
正直言って私は気に入らないし、フランスのこのプロフェッサーにしてはあまりにも短絡的な提案だと思う。
また、サッカーは勝つためにやるものなのか、それとも楽しませるためにやるものなのか、という疑問も感じる。

何年も前だが、イングランドの北東部でサンダーランドが退屈で全くリスクを冒さないサッカーをし、石にしがみついてでも1部残留を果たそうとしていたことがあった。
とりわけ面白みのない試合のあと、1人の記者がサンダーランドのアラン・ダーバン監督に、もっとファンが喜ぶような試合をしようとは思わないのか、とたずねた。
すると監督は「エンターテイメントが見たいのなら、サーカスに行けばいい」と答えた。「私がしなければならない仕事は、サッカーの試合に勝ち、チームを1部に残留させることだ」。

ファンというものは勝者に味方するもの。1994年ワールドカップの決勝で、0−0の引き分け後にブラジルがPK戦でイタリアに勝ったとき、多くのブラジル人が失望したとは思えない。
ドゥンガとマウロ・シルバが中盤にいたこのときのブラジルチームは、際立って創造的でも、楽しくもなかったが、ローマリオという傑出したストライカーがいたし、ベベトという最適な補佐役もいた。
ブラジル代表といえば、常に楽しく攻撃的で、天賦の才に裏打ちされたサッカーが連想される。しかしこのときのメンバーには、栄光の1970年以来手にしていないワールドカップトロフィーを奪還するために、自分たちはより現実的に、より組織的に、よりヨーロッパ的にプレーしなければならないという自覚があった。

現在のアーセナル、そして他のプレミアリーグのチームにとっての癪の種は、チェルシーばかりがいつも、しかも僅差で勝っているということである。チェルシーにはジョゼ・モウリーニョという抜け目のない監督がいるが、この監督は攻撃すべきときと、店じまいをすべきときを心得ている。
大半の監督にとって、完璧な結果とは1−0の勝利なのだろう。
しっかり守り、決勝点を奪い、それからゲームを締めくくる。
時には面白みに欠けるが、チームが勝っていればファンは文句を言わないだろう。
だから、サッカーとは勝つためにやるものであり、喜ばせるためにやるものではない。両方が揃っていれば申し分ないが…そう、1970年のブラジルのように。

固定リンク | | コメント (0)


名匠ロブソン・ポンテ

2005/09/26(月)

これまで何度となく見た光景ではないだろうか?
浦和レッズの“ナンバー10”がゴールを挙げ、チームが勝利を収める。
いや、もちろんエメルソンのことではない。彼はもういないのだから。
私が言っているのは、エメルソンに代わってやって来たロブソン・ポンテである。

ここでハッキリさせておかなければならない。ポンテは横浜F・マリノスに移籍した山瀬の穴を埋めるために移籍してきたのであって、エメルソンから受け継いだのは背番号だけ。ポジションも違う。
事実、数週間前の日曜日、私がレッズの大原グランドへエメルソンを探しに行った時にはすでにポンテは来日しており、レバークーゼン(ドイツ・ブンデスリーガ)からの移籍が決定する直前だった。
エメルソンの代わりのストライカーとして獲得したのはトミスラフ・マリッチだが、レッズのゴールゲッターでありヒーローだった“エメ”が中近東の金持ちクラブへ移った衝撃をポンテが和らげてくれた。

エメルソンもポンテも、大して変わらないのではないだろうか。
エメルソンは瞬発力と爆発力で相手のディフェンスをこじ開ける、いわば正面の窓をぶち破るタイプ。ポンテはより繊細で創造的。ポンテはまるで腕利きの錠前師のように慎重に鍵をこじ開け、裏口から侵入する。
ポンテは移籍以来6試合に出場し、すでに4ゴールを挙げている。これはMFとしてはこの上ない数字。だからこそレッズはまだ優勝争いに残っているのだ。

24試合を終え、ガンバ(勝点47)とアントラーズ(勝点46)の上位2チームが優位に立っているが、レッズも勝点40で3位につけており、まだそれほど離されていない。
レッズの希望は、土曜日に吹田市で行なわれるガンバ対アントラーズ戦が引き分けに終わり、ホームで行なわれる対横浜F・マリノス戦で勝点3を得ること。ただ、勝点32の10位でタイトル争いから脱落したとはいえ、マリノスはさいたまスタジアムの大観衆の前で、プライドを賭けてレッズに立ち向かってくるだろう。
シーズン終了まで残り10試合。すなわちまだ勝点30がかかっている。上位下位を問わず、全てのチームが戦い続ける。

固定リンク | | コメント (0)


モナコ、ベンゲル、名古屋…デシャン?

2005/09/22(木)

数年前、正確には1994年のことだが、私は仕事でアラブ首長国連邦(UAE)にいた。
アブダビスタジアムの記者席に向かう途中、スタンドに見覚えのある顔を見つけた。
最初、顔と名前が結びつかず、アジアサッカー連盟担当の同僚に、スタンドにいるあの上品なヨーロッパ紳士は誰だったかなと聞いた。
同僚が名前を言うと、『ワールドサッカー』誌に掲載されていた記事と写真がすぐに思い出された。
その人物は、アーセン・ベンゲルだった。
ベンゲルは7年間務めたモナコの監督を辞めたばかりで、FIFA(国際サッカー連盟)の主催するコーチングコースの指導者としてUAEにいたのである。
次の立ち寄り先は日本。ベンゲルは私にJリーグのことを尋ね、サンフレッチェのバクスター監督とは知り合いなのだと言っていた。しかし、名古屋グランパスエイトとの交渉に応じるつもりだとは一言も言わなかった! その後のことは、ご存知のとおりだ。

私がこのシーンを思い出したのには、2つの伏線がある。
1つは、日曜日にネルシーニョを解雇した名古屋が、新監督を必要としていること。
もう1つは、モナコを率いていたディディエ・デシャン監督が月曜日に辞任したことだ。
2つの出来事には、何らかの関係があるのだろうか?
あるかもしれないし、ないかもしれない。
サッカー界では何があってもおかしくない。デシャンにヨーロッパ各地から多数のオファーが寄せられるのは確実だが、同じチームで監督を務めたベンゲル同様、彼も気分を一新したいと考えるかもしれない。

1998年のワールドカップ・フランス大会のときのスピーチでベンゲルが語ったのは、Jリーグで自分がいかにリフレッシュできたかということ。フランスに幻滅していた、とも話していた。当時はマルセイユの八百長スキャンダルでもちきりだったからで、日本での滞在はベンゲルに希望と楽観主義をもたらした。その恩恵を受けたのがアーセナルで、それは今も変わっていない。

ベンゲルの場合:モナコ→名古屋→ハイバリー(アーセナルの本拠地)
デシャンの場合:モナコ→名古屋? その可能性はある?

名古屋には、デシャンを獲得するだけの金銭的余裕がある。それは間違いない。また、 名古屋は必死だ。つまり、状況を一変させられる大物監督がどうしても欲しいのである。
天皇杯で2度優勝したほかには、名古屋はJリーグのタイトルを獲得していない。ベンゲル時代に惜しいところまでいったが、ステージ優勝も、ナビスコカップ制覇も果たしていないのである。
おそらく私は、偶然の一致から大胆な結論を導こうとしているのだろう!
しかし、考えてみる価値はある。デシャンには充電が必要だと判断した場合、ベンゲルならきっと、日本に移るべきだと勧めるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


生き残りをかけるレイソル

2005/09/19(月)

ラモス瑠偉のマジックは健在なのだろうか?
その華奢な脚や素早く器用な足ではなく、サッカー頭脳のことである。
柏レイソルには何かが必要だった。ここまで何をやっても結果は同じ、リーグ下位に低迷し、忠実で情熱的なサポーターを苛立たせてきた。

ラモスが早野宏史監督のアシスタントコーチとして“イエローサブマリン”――黄色を身にまとい、常に底をウロウロしている現状のレイソルにふさわしい――に加わったのは、今週のこと。
チームは、この長髪の元日本代表MFの存在が、練習でも、またピッチ上でも選手達に良い刺激を与えてくれるだろうと期待している。
私はここ2〜3年間、レイソルについて良い選手が揃っていて下位に低迷するようなチームではないと言ってきた。そして、それは現在でもそうだ。
にもかかわらず、何もかもがうまく機能しない。監督を代えたり、外国人選手を入れかえたり、さらには経験豊富な日本人選手を呼んでみたり…。それでもレイソルは低迷し続けている。
おそらくこれは技術や能力ではなく、自信やモチベーションの問題ではないだろうか。だからこそ、このチームにとってラモスが貴重な存在になり得るのではないか。

タッチライン上にラモスがいることで選手達は鼓舞され、恐れたり自信を喪失した状態でプレーするのではなく、サッカーを楽しみ、リラックスしてプレーできるようになるかもしれない。
レイソルは調子を取り戻し、FC東京のように順位を上げていくのではないかと思えるときがある。
しかし再び手ひどい敗戦を食らい、元の木阿弥になってしまう。

土曜日には、ラモスとレイソルは首位争いを展開するガンバ大阪をホームに迎える。これは新たなスタートを切るための良いチャンスだ。
23試合を終え、ガンバは勝点47を挙げているが、これはレイソルより23ポイントも多い。
首位を走り、2位以下に少しでも差をつけたいガンバと、15位でわずか2ポイント差に降格ゾーンが目前に迫っているレイソル。

レイソルが人気のあるラモスと契約したのは興味深いことだ。しかし早野監督にとってみれば、有名なアシスタントを得たことでさらにプレッシャーを受けることにもなるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


アラウージョのいないオールスターなんて!

2005/09/15(木)

もういいじゃないか!
これが「オールスターゲーム」?
じゃあ、Jリーグで初タイトルに向け邁進(まいしん)するガンバ大阪の原動力となっている選手はどこにいるんだ?

Jリーグは12日、「2005 JOMOオールスターサッカー」(10月9日・大分)の出場選手を発表したが、そこには、23試合で24ゴールをマークしているアラウージョの名前はなかった。
オールスター出場選手は1チームにつき3名までというルールがある。そのためガンバからは宮本、遠藤、大黒の代表トリオが選ばれ、素晴らしい左足を持った魅惑的なストライカーの出場は叶わなかったのである。
アラウージョの落選を例に挙げるまでもなく、オールスターゲームは今シーズン限りでやめるべきだ。
今年だけではなく以前にも書いているが、オールスターはすでにその役目を終え、「賞味期限」を過ぎているように思える。オールスターというのはサッカー界では異質なコンセプトで、すでにぎっしり詰まっている試合日程をさらに厳しくするといった意味しかなく、選手から見れば、正直言ってあまり出たくない催しになっているのではないだろうか。

今年も、オールスターは日本代表の東欧遠征(2試合予定)の間に組まれているため、ジーコは10月8日のラトビア戦ではベストメンバーを組むことができない。
関係者はこのイベントの開催を――あるいは「開催しないことを」と言ったほうが適切かもしれないが――長期的かつ厳しい視点に立って検討し、そろそろおしまいにしたほうが良いと心から思う。
もちろん当初は、新たなプロリーグに対するファンの関心や共感を喚起するために意味あるイベントだったが、現在、Jリーグは日本のスポーツ文化のなかで確固たる地位を築いている。そしてファンも純粋に、特定のクラブを応援することで競技を楽しむようになっている。まあ、この話はここまでにしておこう。

オールスターゲームは、いつもスポンサーからの手厚いサポートとJリーグの見事な運営によって行なわれている。JOMOには別の形でサポートしてもらうようにすることもできるはずである。
たとえば、バークレイズ銀行が冠スポンサーとなっているイングランドのプレミアリーグ(名称は「Barclays English Premier League」)のように、「JOMO Jリーグ・チャンピオンシップ」といったような冠名によるサポート方法もあるだろう。
あるいは、「JOMOシーズン最優秀選手」なんていうのはどうだろう?
イベントスポンサーになり、「JOMO Jリーグ・アウォード」という方法もあるかもしれない。そう、「JOMOオールスターサッカー」以外のどんなものであっても大丈夫だろう。シーズン終了後に発表されるMVPの有力候補であるアラウージョが出ないことで、オールスターの魅力はさらに損なわれているのだから。

固定リンク | | コメント (0)


完璧なお手本、ガンバトリオ

2005/09/12(月)

今シーズンのJ1でガンバ大阪が好調なワケを説明するのは、難しいことではない。
得点ランキングを見れば、それは一目瞭然だ。
アラウージョは21ゴールを挙げ、ヴェルディのブラジル人ストライカー、ワシントンに6差をつけてランキングトップ(編集注:第22節終了時点。以下全て)。
大黒将志が日本人トップの14ゴールで3位、そしてフェルナンジーニョが5ゴールを記録している。

さらに注目すべきは、3選手とも22試合すべてに出場しているということ。全試合先発フル出場でなくても、常に試合に出られる状態ということだ。
試合数が増え、怪我やイエローカードはある意味避けられないなか、これはガンバにとって大きなプラス要因となっている。
古傷に触れるようだが、エメルソンが出場停止になることなく常に出場していれば、浦和レッズは何勝できていただろうか。
日本にやってくる外国人選手にとって、プロとしての姿勢を示すことは非常に大事だ。ガンバの第3のブラジル人選手、シジクレイがその典型である。

数年前、栃木グリーンスタジアムで行なわれた天皇杯の名古屋グランパスエイト戦でのことだが、私は当時モンテディオ山形に所属していた彼がPKを外すのを見た。
あれは確か1998年。当時日本代表を率いていたフィリップ・トルシエ監督がオリンピック代表候補だったグランパスのストライカー、福田健二を見に来ていた。
こんな例えを持ち出すのはシジクレイには申し訳ないが、彼がいかに長きに渡って活躍しているかという現れ。その勤勉さと高いプロ意識で、彼は今やガンバのトップに登りつめた。

シジクレイとその仲間達は、このまま首位に残れるだろうか?
個人的には、彼らはやってくれるだろうと思っている。シーズン開幕直後、さいたまスタジアムでの浦和戦を見て、私はとても感心した。選手達も初優勝が目前にあるのだとよく理解している。
もちろん、まだ予断は許さない。数週間は混戦が続くだろう。しかし重要なことは、アラウージョ、大黒、フェルナンジーニョの3人が証明しているように、ピッチ上でやるべきことをやり続けることなのである。

固定リンク | | コメント (0)


中田浩二にチャンス到来

2005/09/08(木)

ジーコジャパンの最大の収穫の1つは、加地亮を見出し、育てたこと。
最大のマイナス点の1つは、中田浩二を積極的に起用しなかったこと。
しかし、これからはそうではなくなるかもしれない。というのも、水曜日の夜に行なわれるホンジュラスとの親善試合の先発メンバーに、ジーコが中田浩二の名を挙げているのだ。

4−4−2と3−5−2のどちらのフォーメーションでも守備的ミッドフィルダーは2人必要で、それは浩二の本来のポジションだ。しかしジーコは彼をあまり重用しようとしてこなかった。
トルシエ時代の浩二は、ミッドフィルダーではなく3バックの左サイドではあったが、不動の先発メンバーだった。
だから、ジーコが中田浩二を中盤のエンジンルームに配置し、同じく欧州組の選手で2002年ワールドカップのヒーロー・稲本潤一と並べてプレーさせるのは楽しみだ。
この2人が組めば、稲本が前線に駆け上がったときに中田浩二が守備陣の前で留まるような形になり、攻守のバランスが上手くとれるようになるはずである。

中田浩二は試合をとてもよく読める選手で、チームのテンポとバランスを保てる。また年齢の割に経験も豊富で、マルセイユへの移籍によりその個性はますます際立ったものとなっている。
私は、試合の前後に歴代の鹿島アントラーズの監督たちに何度もインタービューしてきた。そこでいつも出てくるのが、中田浩二だった。
監督たちは前述したような浩二の資質を褒め、“鹿島オーケストラ”の指揮者は中田浩二だと言っていた。
ただし、代表チームのこのポジションは競争が激しい。小野が招集できる状態だったなら、中田浩二は選ばれていなかったかもしれない。
個人的には、守備的ミッドフィルダーの先発は小野と浩二が一番いいと思う。そのときには稲本と福西が控えに回るのだが、この4人はワールドカップの代表選考でも明らかに有利な立場にある。

しかし、ワールドカップはまだ先。選手たちにはドイツのことを考える余裕などまだない。サッカーの常套句を使えば、選手たちは目の前の試合を大切にすべきで、そこで自身の長所をアピールし、そして何より、どんな状況でもコンスタントに高いレベルのプレーができることをみせなければならない。
今回、浩二にチャンスが与えられた。彼ならきっとチャンスをものにするだろうし、日本代表チームはこれからさらに良くなるだろう。

固定リンク | | コメント (0)


宮本と石川の正しい決断

2005/09/05(月)

最近、二人の日本人選手がトレビソ(イタリア・セリエA)への移籍を拒否したという記事を頼もしい気持ちで読んだ。
土曜日には宮本恒靖が移籍を正式に断り、ガンバ大阪残留を決めた。
その3日後には石川直宏が、同じくFC東京残留を決めた。
ここ3〜4年、宮本はヨーロッパへの移籍に興味を持っていたが、今回の移籍話はタイミングが悪いと感じたようである。
あまり考える時間はなかったが、家族のこと、そして直近の将来を考えて大阪に残ることにしたという。
宮本は正しい判断をしたと思う。

ワールドカップ(W杯)は目前。彼は日本代表のキャプテンだ。W杯へ向けての準備では、その中心的な役割を担わなければならない。
その確かなものを、不確かなものと交換する必要など全くないのだ。
セリエAで低迷するチームでレギュラーとしてプレーできずに自信を喪失するかもしれず、イライラがつのり、家族やプライベートライフにまで影響を及ぼしかねない。
一方、ガンバ大阪はリーグの首位争いをしている。ナビスコカップやさらには天皇杯も狙えるだろう。
ツネはガンバで仲間と一緒に優勝したいと語った。それはまた、関西のサッカーの起爆剤となるかもしれない。
ツネは次回を待つという。おそらくそれは来年夏のドイツW杯後。小笠原がそうだったように、W杯は全ての選手にとって自身の質と価値を披露する絶好の機会なのだ。ツネの場合、英語が堪能ということはきっと大きな助けとなるだろう。

一方、石川はどうだろう。
彼の場合はトレビソに移籍したとしても充分納得できただろうと思っている。FC東京は足踏み状態(どちらかというとやや後退していると言うべきか…)。石川がW杯の日本代表に選ばれるチャンスは限りなく低いだろう。
私個人としては、彼が代表に選ばれるのを見たい。彼はペースメーカーにもなれるし、攻撃でもチームに力を与えられるからだ。
しかしジーコ監督の目に留まるチャンスがある限り、そこでプレーし、選出されるよう願いつづけなくてはならない。トレビソに移籍すれば、チャンスは全く消えてしまうかもしれなかった。
日本だって、そう悪くはない。隣の芝がいつも青いとは限らないのだ。

固定リンク | | コメント (0)


苦境に光る、三浦淳宏

2005/09/01(木)

3試合で勝点7。なかには浦和レッズと引き分けた試合もある。
まるで優勝争いをしているチームのような成績。
でも、そうじゃないんだなぁ。これは優勝争いとは正反対の位置にいる、ヴィッセル神戸の成績なのだ。

8月20日のJ1再開以来、ヴィッセルはホームで名古屋グランパスエイトを破り、浦和でレッズと引き分け、その後ホームで大分に勝利した。
勝点19で順位はまだ最下位であるものの、17位の大分と勝点で並び、低迷している他のチームも視界に入ってきた。
この復活の触媒となっているのが、新キャプテンの三浦淳宏である。

先日の夜、駒場スタジアムでの彼のフリーキックをご覧になっただろうか?
ゴールまでおよそ35メートルの地点からの絶品のフリーキックで、全力で蹴り、しかもカーブがかかっているというデビッド・ベッカム並みの右足フリーキックだった。その後もアツの活躍は続き、土曜日にトリニータに勝利した試合でも、レッズ戦ほどスペクタクルなものではなかったがゴールを決めている。
明らかに、アツはキャプテンとして、それからウイングではなく攻撃的ミッドフィルダーとして、自身の役割を楽しんでいるようである。
右利きの左バックだったアツだが、ヴェルディではスランプに陥り、相馬崇人(ここ数試合は体調不良で欠場中)にポジションを奪われてしまった。
アツに必要だったのは新たにチャンレンジする機会で、神戸にはそれがあった。
シーズン当初とは構成ががらりと変わってしまったチームで、アツはピッチの内外でリーダーとなっている。また、ピッチ上での顔ぶれも変わり、バックには金古とマルティン、中盤には遠藤彰弘、前線にはイヴォが入るようになった。

一連の補強は、1シーズンに松永とエメルソン・レオンという2人の監督を唐突に解任したクラブをJ1に残留させるために、オーナーの三木谷浩史が打った最後の策のように思える。
ヴィッセルの3人目の監督、パベル・ジェハークに、これまでの一連の解任劇は気になるかと尋ねたときの、彼の回答が見事だった。
「私で最後になればいいね」。パベルはそう答えたのである。

今シーズンの勝点の目標については、他のチームの状況がほとんど予測不可能だから特に定めていないと語った。そのかわり一戦一戦に集中し、近い順位にいるチームに追いついてゆくつもりなのだろう。
この計画は功を奏しており、アツは中盤でチームを鼓舞する役割を果たしている。
ポジションが変わったせいで、アレックスのバックアップとしてワールドカップに出場するチャンスが減るかどうかは、議論の分かれるところである。ジーコは一度信頼を寄せた選手はあまり変えたがらない。
もっとも、そんなことは今のアツにとってはどうでもいいことなのかもしれない。ヴィッセルが彼を雇った目的、そして彼がすべき仕事は、チームをJ1に残留させることだからだ。
今のところ状況は好転しつつあり、パベルが依然として今季3人目の監督として指揮を執っている。

固定リンク | | コメント (0)


« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »