« キング・カズよ!退位はまだ早い! | トップページ | 決断すべきはクラブ。FIFAではない »

俊輔に求められる、速さと激しさへの対応

2005/07/28(木)

結局、中村俊輔の移籍先はセルティックになった。
セルティックのゴードン・ストラカン監督にとっても、俊輔本人にとっても、勇気ある決断だ。
間違いなく、スコットランドとイタリアのリーグでは全く違ったサッカーが展開されている。
イタリアでは、まるでチェスのようにゆったりと戦術的に流れる試合が多くあるが、スコットランドのサッカーは速く、激しい。
だから、俊輔がかの地でうまくやれるかどうか心配で仕方ない。彼は圧倒的なスピードがあるわけでもなければ、フィジカルがずば抜けて強いわけでもない。
中田英寿がスコットランドあるいはイングランドに移籍するというのなら、彼なら心配いらないよと自信を持って言えるだろう。
でも、俊輔はどうだろう?
はっきりとは分からない。

そうはいっても、レンジャースとのグラスゴー・ダービーで俊輔がプレーする姿を想像するだけでもワクワクする。
グラスゴー・ダービーにはもちろん、単なるサッカーの試合では終わらない、とても深い背景がある。セルティックがグラスゴーのカソリックの人々を代表しているのに対し、レンジャースはプロテスタントを代表しているのだ。
ダービーのときには街中が息をひそめ、勝ったチームのファンは次のダービーまで人生を謳歌できる。
プレーは重厚で、速く、そしてタックルがあらゆる角度から飛び、試合展開にはよどみが全くない。

俊輔が直面するもう1つの違いは、レフェリーがプレーを流すケースがはるかに多いことだろう。セリエAを退屈なものにしている、あのイタリア・スタイルのホイッスルからリスタートという場面があまりないのだ。
とにかく、俊輔には頑張ってもらいたい。
順位表の真ん中あたりをうろうろし、セリエA残留だけを目指していたレッジーナとは違い、セルティックでは少なくとも優勝トロフィーを手にするチャンスが得られる。
イタリアを出るのは良いことだし、スコットランドのサッカーに対応できれば、俊輔のプレーの質は必ず上がるだろう。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。