« 前進あるのみ!チームを牽引する宮本 | トップページ | 自分を責めるしかないアルパイ »

鹿島に追いつくのはどこだ?

2005/06/30(木)

長い中断期間がもうすぐ終わり、Jリーグのファースト・ディビジョンが土曜日に再開する。
それぞれのチームがキャンプを行ない、調整試合を戦い、移籍話も活発だったから、まるでシーズンが始まる時のような、そんな感じがしませんか?
しかしもちろん、J1はすでに12節を消化しており、22節を残した状態。
つまり、鹿島アントラーズが勝点9差をつけてトップに君臨しているとはいえ、まだまだ先は長いのである。

ニューカッスル・ユナイテッドのファンとしての過去の辛い経験から、私は、シーズン当初に大差をつけて首位に立っていたチームがあっけなく崩れるケースがあるのを知っているのだ!
だから、第2集団にいるチームのファンには、自分のチームを見放さずにいて欲しいと思う。チャンピオンになるまでの長い道のりには、信じられないような、驚くようなことがたくさん待ち受けているからだ。

先日の外国スポーツライター協会の会合で、ゲスト・スピーカーを務めたマリノスの岡田武史監督は、1チームの独走状態になってしまうと観客数は減るのだろうか、という質問を受けた。
「あなたは、マリノスが鹿島に追いつけないと考えてらっしゃるのですか?」岡田監督は笑って答えた。
「優勝争いが2つか3つのチームに絞られれば、それ以外のチームのファンのなかには、シーズンの途中で興味をなくす人もでるでしょう」と岡田監督は続ける。
「しかし今は、1チームだけが大きくリードしていて、追いつく可能性のあるチームもいくつかあるという状況です」。

まさしく、アントラーズが頑張り続けられるかどうかが注目の的となっている。鍵になるのは、キャプテンの小笠原満男がチームに残るかどうかだろう。
噂によると、イタリア・セリエAのラッツィオが彼をローマに呼びたがっているそうだが、そうなれば、小笠原の抜けた大きな穴を埋めるのは不可能だろう。

では、鹿島に追いつけるのはどのチームか。
まあ、マリノスはそのなかの1つには数えられるだろう。アデマールと安貞桓(アン・ジョンファン)に代わる新たなストライカーの獲得に苦戦しているとも耳にしたけれど…。
ドイツでプレーしているアイウトンやルイゾンとも交渉しているそうだが、具体的なニュースはまだない。

浦和レッズはこれから調子を上げ、諦めることなくチャレンジしてくるだろう。また、ガンバ大阪にもチャンスはあるはずだ。
ガンバはあらゆるポジションに良い選手が揃っているが、特に攻撃陣はフェルナンジーニョ、アラウージョ、大黒と人材が揃っている。また、その後ろを支えるメンバーも強力で、宮本、シジクレイ、遠藤、そのほかにも経験豊富な選手が数多くいる。だから、ガンバを忘れるわけにはいかない。
良い選手が多いジュビロ磐田もうまく再スタートを切れるかもしれない。

さて。アントラーズを追いかける戦いが土曜日に再開する。私は、アントラーズがペースを落とし、これからの数週間で一気に混戦模様になると考えている。
そう、次の中断までが勝負なのだ!

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。