« ベンゲル的洞察 | トップページ | 前進あるのみ!チームを牽引する宮本 »

"ケルンの奇跡"は奇跡なのか?

2005/06/23(木)

さあ、今夜の準備はできていますか?
“ケルンの奇跡”は起こりえるのだろうか?
ひょっとすると、起こるかもしれない。とくに、ブラジルのカルロス・アルベルト・パレイラ監督の発言が本当で、コンフェデレーションズカップの重要な日本戦でロナウジーニョやカカーといった主力選手を温存するようなら、何が起こるかは分からない。

もっとも、誰が出ないかは問題ではない。ブラジル代表は誰が出てきても、みな良い選手なのだから。
私には、日本が克服すべき最大の障害はメンタル面の問題で、サッカーそのものではないように思える。
ブラジルが素晴らしいのは分かっているが、彼らだってスーパーマンではない。このことは、先日ブラジルを破ったメキシコが証明してくれた。
だから、日本がこのことを心に刻んで試合に臨み、その歴史と、おなじみのカナリア・イエローのシャツへの畏怖を忘れてプレーすれば、良い試合になるのではないだろうか。

勝てるかって? う〜ん、それは分からない。まず何より、ブラジルに得点させないようにしなければならない。これは困難な課題だ。
ブラジルが1度ゴールを決めれば、日本は2度、ゴールを奪わなければならなくなる。そして日本は、ゴールを量産するようなチームではない。ですよね?
それに重要なのは、ブラジルは引き分けで準決勝に進出できるけれど、日本は勝利が必要であるということ。実際、これは日本にとって悪いシチュエーションではない。
ブラジルは少しばかりリラックスして、引き分け狙いのプレーをするかもしれない。そうなれば、日本にも終了間際にパンチを不意打ちするチャンスが生まれる。決めるのは、もちろん、大黒だ。
このシナリオはありえない話ではない。だから日本は冷静かつ組織的にプレーし、0−0の状態をできるだけ長くキープしなければならない。勝利のゴールを狙うのはそれからだ。
日本があまりに早い時間にゴールを奪えば、寝ていたブラジルを起こし、怒らせることになり、仕返しを受けるハメになるかもしれない!

もっとも、今夜ケルンで何があっても、欧州王者のギリシャに1−0で勝ったことにより、コンフェデレーションズカップでの日本の戦いぶりは成功とみなされる。ギリシャ戦での日本のパフォーマンスは見事で、大柄で小回りの利かないギリシャをパスと動きで寸断していた。
ユーロ2004で優勝した時も、ギリシャはあの程度だったのだろうか?
そんなことはないだろうけれど、ギリシャはワールドカップ予選のリーグ戦でも良い試合ができず、その不調ぶりは日本戦でも証明された。
ギリシャは不調で、日本も見事なまでにチャンスをモノにできなかったが、それでも日本の成長は見てとれた。
ギリシャ戦の勝利は日本サッカーの歴史でも最大級の成果として評価されなければならない。コンフェデレーションズカップはワールドカップに次いで2番目に大きい、FIFAの大会だ。

だから、今夜の試合を前にして、私からファンの皆さんへのメッセージは次のようになる。「リラックスして楽しもうよ」。
日本が勝利を収め、強豪ブラジルには絶対に勝てないのだという思い込みを葬り去ることを心から願っている。

*編集注
 このコラムは6月22日に書かれたものです

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。