« W杯に向け大久保がアピール | トップページ | 2度目のトルシエ・ジャパンはありえない! »

キリン杯の敗戦で守勢に立たされるジーコ

2005/05/30(月)

選手として、ジーコは攻撃の天才としてその名を馳せた。
しかし金曜日、彼は守備的な一面を垣間見せた。
UAE戦では見事なまでに相手の作戦にはまり、選手たちは守りきれずにカウンターで試合を決するゴールを奪われた。残念である。
試合後の記者会見でジーコは、チーム全体を、そして特にある1人の選手をかばった。
彼はさらに、この微妙な時期にはチームをサポートし、選手たちを励ましてくれるようメディアに要請した。こんなことを言えば、例えばブラジルのような熱狂的サッカー大国ではごうごうの非難とあざけりを受ける。

1人の選手がメディアからの非難の的にされていた。
それは誰か?
易々とラインを突破され、ゴールを許してしまった坪井をはじめとするDF陣だろうか?
緩慢な動きでそれほど鋭くもないシュートに対応できず、アングルもカバーできずにゴール隅にボールを蹴り込まれてしまった川口?
いや、それは鈴木隆行だった。彼は日本代表に選出されて以来ずっと、代表としての資質について色々と取り沙汰されてきた。
そこでこの機会に、私の鈴木についての見解を書いてみようと思う。

いま現在、彼はフォワードラインをリードするベストプレーヤーだ。ボールに対するカバー力、ディフェンダーを引きつけてチームメートにオープンスペースを作る能力は、チームのカギでもある。
金曜日はあまり調子が良くなかったが、長身でタフなバーレーンディフェンダーに対抗するには、やはり彼が必要になるだろう。
彼のサポートとして、大久保嘉人がいればなぁ…。しかしジーコはこの火の玉ストライカーを招集しようとしない。これまでにもこのコラムで述べてきたが、大久保はハングリーで、アグレッシブで、強烈なスコアラーだ。彼を招集しないのは監督のミスだろう。どうやらジーコは大久保のことなど忘れてしまったらしい。

私は、鈴木批判の尻馬に乗ろうとは思わない。彼は何度となく、自身の価値を証明してきているからだ。
金曜の夜、決定的なチャンスにヘディングシュートを右に外して同点にできなかったチームの新たなヒーロー、大黒を非難する人は1人もいなかった。ただ、大黒はこのミスをくよくよ考えることなく、また貪欲にゴールを狙っていくことだろう。
ただひとつ、誰もが賛同するのは、バーレーンでの次の一戦は非常に重要で難しいものになるだろうということだ。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。