« 今野の“ボローニャでの成功”に1票 | トップページ | FIFAの“観客なし”の裁定は行き過ぎ »

1万ゴール目は誰だ?

2005/04/28(木)

中村直志と人生最高の海外旅行。さて、この2つの間にはどんな関係があるでしょう?
まあ、現時点では、関係はない。
しかし、ここ数日で関係が出てくるかもしれない。名古屋グランパスエイトのこの魅力的な選手が、J1リーグの通算10,000ゴール目を決めるかもしれないからだ。

今後数節の日程を研究していたら、金字塔のゴールを決めるかもしれない選手として、どういうわけか、中村の名前が浮かび上がってきた。
理由は、こうだ。
先週末のゲームが終了した時点で、Jリーグ発足(1993年)以来のJ1通算ゴール数は9,922。あと78ゴールで記録が達成されるわけだ。
今シーズンは、7節終了時点で183ゴールが生まれている。平均すると、1試合2.91ゴール。
この傾向が続くと仮定すると——もちろん、ガンバがFC東京を5−3で破ったような試合もあるだろうが——10,000ゴール目が生まれるのは5月4日の第10節ということになる。
そう…、今週の木曜日や次の日曜日じゃあ早すぎる。エメルソンがゴールの挙げ方を思い出さない限りは…。
Jリーグも、この日にお祝いの準備をしておくと良いだろう。

その日の予定を見ると、開始時間が遅いのはグランパスがホームに大分トリニータを迎える試合で、中村が歴史的なゴールを挙げるのにうってつけだ。
もちろん、的外れな予想かもしれない。しかし、色々な可能性を考えてみるのはまったく楽しいものである。
もしも当たったら、人生最高の休日をどこで過ごそう?

みなさんご存知のように、Jリーグでは10,000ゴール目を決める選手を予想するコンテストを実施している。すでに10万通以上の応募があり、100人以上の選手の名前が挙がっているという。
一番人気はエメルソンで、大黒将志(G大阪)、キング・カズ(神戸)が続いている。
1等——ゴールを決めた選手ではなく、予想を的中させたファン1名に贈られる——は、500万円相当の旅行。幸運な当選者は、好きな場所に、好きな人数で行く旅をオーダーメイドできるのだ。
エントリーの締切りは4月30日(土曜日)。その時には、木曜日の試合が終わっているので、少しは予想もしやすくなっているかもしれない。
さあ、頑張って予想しよう。そうそう、みなさん、おみやげを忘れないでね!

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。