« ジーコが抱える"人選"という難題 | トップページ | 小笠原と玉田のアピールは功を奏する? »

長い1年の第一歩

2005/01/31(月)

新たな1年がスタートする。日本代表は土曜日に横浜国際総合競技場で行なわれる対カザフスタン戦で、その幕を開けるのだ。
大柄で頑強、そして経験もあり、大崩れすることのないカザフスタン代表は、ジーコ率いるチームを苦しめることになるかもしれない。
チームに自信をつけさせるためにも勝ちたいところだが、ジーコはスコア以上に、スムーズなプレーをチームに求めるだろう。
日本代表にとって今年は慌ただしい1年になるが、今はまだとりたてて慌てる必要はない。
シーズン最初の試合で張り切りすぎて、寒い冬に怪我をしてしまっては元も子もない。2月9日に控えているワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループBの初戦、北朝鮮戦をはじめ、今後の試合に支障をきたしてしまう。

金曜夜に行なわれた公式練習後に語ったとおり、ジーコは90分の間にできるだけ多くの選手を使い、彼らに調整をさせるだろう。
右ひざを故障している宮本はもちろん欠場するが、彼は来週水曜日にさいたまスタジアムで行なわれるシリア戦には出場できるかもしれないと語った。
ディフェンスの中央は松田が引き受け、マリノスでのチームメート、中澤がキャプテンを務めることになる。
中澤はキャプテンに適役だろう。彼は何と言っても私の大好きな選手の一人であり、また日本サッカー界の顔だ。
私は“カイザー・ツネ”に中澤がキャプテンに指名されたことについて尋ねてみた。
「賛成ですね。性格も良いし、強い。良い選択だと思います」。
彼はそう語った。

鹿島からの移籍が決まった中田浩二は現在移籍手続きのためにマルセイユにいるから、代わって遠藤が福西と共にミッドフィールドの中央に入る。
練習では、チームは非常にスムーズに機能していた。ジーコは対カザフスタン戦で、選手たちにこうしたプレーを求めるだろう。
旧ソビエト連邦の国々はどこも見くびることができない。チームのすべきことをきちんと理解できている対戦相手に対してゴールラッシュを期待したりせず、静かに見守ってもらいたい。
今回の試合は北朝鮮戦という大舞台に向けての一歩にすぎないのだから。

*このコラムは1月29日(午前)に書かれたものです

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。