« “99年ワールドユース組”から脱皮する播戸 | トップページ | 復調に向けて模索する田中 »

最高の選手、中田英寿の日本代表でのポジションは?

2004/09/30(木)

読者の皆さんのほとんどは、中田英寿がいまでも日本で最高の選手であるという意見に同意するのではないだろうか。
小野伸二こそが最高だと言う人もいるかもしれない。その意見ももっともで、中田と小野の二人はヨーロッパでもその実力を認められ、際立った存在となっている。
しかし、多彩な才能を持つ中田の不在は日本代表チームに影響を及ぼすのだろうか?
今回はとても興味深い状況となっており、明らかにジーコは、10月13日にマスカットで行なわれるオマーンとの大事なワールドカップ予選に中田を急いで再招集する必要はない、と判断したのである。

ジーコの就任当初、私は、この新任の、経験不足の代表監督はあまりにも中田に依存しすぎると感じていた。
中田はキャプテンとプレイメーカーと実質的な副監督の役割を一度にすべてこなしていた。実際、中田のほうがジーコよりたくさん指示を出している代表練習もあったほどだ。
主力選手に頼るというジーコの方法は、前任のフィリップ・トルシエがなんとしても避けたいと考えていたシナリオであり、日本はチームとして機能しない状態であった。
トルシエにとっては中田も1選手に過ぎず、チームでの価値は松田や森岡、中田浩二と同じ、つまりは戸田と明神の関係のようなものであった。

中田がいない時のほうが、ジーコ・ジャパンはチームとしてまとまっているように見えるが、それは負担がより均等に分散されるからである。
また、フォーメーションも4−4−2から3−5−2に変更された。日本選手はこのスタイルのほうがはるかにプレーしやすいように見える。
中田の存在を少し脅威に感じる選手もいるかもしれない、という考えもあるだろう。ピッチでの中田は強烈な個性を発揮するからだ。
もちろん、これは中田が悪いのではない。選手は自信をもってプレーし、必要な時にコミュニケーションをとり、チームを鼓舞しなければならないのである。

日本が引き分けでアジア最終予選に進出できるオマーンでの試合は、中村が復帰し、3−5−2のフォーメーションのプレイメーカーを務める。
中田が脚の付け根のケガから完全復調すれば、ジーコはチーム最高の選手であり、キャプテンである彼をどのように遇するのだろう?
以前にも言ったことだが、もしジーコが3−5−2のフォーメーションを維持することを望み、さらに俊輔をプレイメーカーに、小野と稲本を守備的ミッドフィルダーに、アレックスを左ウィングに起用し続けたいのであれば、中田に残されたポジションは1つしかない。加持の代わりの右ウィングである。
パルマでの中田の2シーズン目は、本人は中央に近い位置でのプレーを望んでいたものの、悪くはなかったので、私は日本代表の右ウィングでも中田は立派な仕事ができると思う。
しかし、それは先の話。
オマーンでは、日本は最終予選進出に必要な引き分けを得るだろう。私の予想は、0−0だ。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。