« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

逆境の日本代表

2004/07/29(木)

重慶でのアジアカップ。日本選手に対する中国ファンのヤジはきっと皆さんの耳にも入っただろう。
土曜日の夜のタイ戦でのヤジはとりわけ騒々しく、試合前の国歌の音もかき消されてしまいそうであった。
それほど頻繁ではなかったものの、タイが攻撃を仕掛けるたびに観衆が大騒ぎした。
そして日本がボールを持つと、観衆がブーイングを浴びせかけ、日本選手のミスを誘おうとした。
総じて言えば、確かに楽しくはないだろうけれど、日本選手にとっては良い経験である。
Jリーグはとても友好的な雰囲気のなかで行なわれており、選手が群衆からの敵意に直面することはほとんどないため、今回は強い精神力を養う機会になるだろう。

中国ファンのひどい振る舞いを見るのは、私にとって、これが初めてではない。
1989年、イングランドを離れて香港で仕事を始めた直後、ヴェルディ(当時は読売)がアジアクラブ選手権で香港に遠征し、南華体育會と試合をした。
2万8000人の収容能力しかなかった改築前の国立競技場は満員。ファンは日本人選手に対して思いやりを見せることはなく、罵声を浴びせ、ベンチに向かってプラスチック製のボトルやさまざまな物を投げつけていた。

次に南華体育會の試合を取材した時には、中国人が、同じ中国人を敵視するのを見た。この時は、遼寧省で行なわれた大連戦であった。
その夜、南華体育會は0−1で敗れはしたものの、2戦合計(ホーム&アウェー)の結果で上回り勝ち抜けが決まった。
茶髪で、ポップスターのような格好をしている裕福でわがままな南方の同胞を、大連サポーターは快く思わなかった。
まず始めに、彼らはスタジアムに火をつけた。試合終了のホイッスルが吹かれると、スタジアムのあちこちでゴミを燃やす炎が上がった。それから彼らは、香港の選手たちをホテルに搬送するミニバスに襲いかかった。
香港では、報道陣がチームと一緒に移動することが許されていたので、飛来物がバスの窓を叩くなか、私はずっとうずくまっていた。警察が隊列を組んでいたが、何もしてはくれなかった。

試合前には、南華体育會のボスが、選手たちと、彼にとっては英国からのゲストである私をカジノに連れて行き祝勝会を催すと約束していた。
しかし、海辺のホテルに戻ったあと、我々はホテルから外に出ないようにという勧告を受けた。街中に姿を見せれば、怒った大連のファンに取り囲まれる危険があったからだ。
このような経緯があるので、人々がサッカーのフーリガン的なものを「英国病」として紹介する時、私はそれを「中国病」と呼ぶことにしている。
日本の選手たちも、今、この現象に気づいているところだ。

固定リンク | | コメント (0)


中田の移籍は前向きでなく横向き!?

2004/07/26(月)

ヨーロッパの2003−04シーズンが終了する時が、中田英寿にとってイタリアを飛び出し、新天地へと移る時だと私は思っていた。
だから彼がフィオレンティーナと契約したと聞いた時、私は非常にがっかりした。
もちろん中田にとっては新しいチームであり、フィオレンティーナの盛衰をめぐる話はおもしろいが、それは日曜の午後、スタジアムに半分しか観客の入らないセリエAの泥沼でもう1シーズン過ごすことを意味する。
周りから聞こえてくるのは、中田はイングランド、特にロンドンへ行きたかったらしいということだ。
ペルージャで1年半、ローマでも1年半、パルマで2年半、そしてボローニャで半年の合計6シーズンをイタリアで過ごした彼には転換期が来ていた。

私はスター選手とトップリーグでの経験を必要とする新興チーム、クリスタル・パレスに彼が加わることを想像していた。
中田のスタイルはプレミアリーグで要求されるものにピッタリだし、彼はこのチームが求めているものを与える事ができたはずだ。
彼には強靭な体力があり、速いペースでもプレーできる。またスタミナもあり視野も広い。そして、期待されているほどは得点を挙げていないが、彼には得点力もあり、何よりもチームメートの得点をアシストする力がある。
英語も流暢に話せるのでチームに溶け込むのも早かっただろう。

一体何が彼のイングランド移籍を阻んだのだろう?
恐らくはイングランドのチームが日本人選手の獲得を決めかねたのだろう。アーセナルで1年、フルハムで2年と、3年たった今も稲本は果たして「当たり」だったのか「ハズレ」だったのかはっきりしない。
また金額面の事もある。
中田の移籍金については、それほど高いものではない。しかし彼の年俸は高く、この点が彼に興味をもっていたいくつかのチームを遠ざけたのかもしれない。

中田は現在27歳、フィオレンティーナと3年契約を結んだ。すなわち引退するまでイタリアに残留することもできる。
サッカー以外にも興味があり、自分自身のサッカー人生後の将来についても準備を進めているほど賢い彼が、そういう年齢までサッカーをするとは私には思えない。彼は仮に明日引退することになったとしても、過去を振り返ることなく歩いていけるタイプの人間だ。
イングランドへ移籍すればきっと大成功だったろうし、個人的にはとても残念である。華やかなプレミアリーグの舞台で彼がプレーすることを見る日は永遠にないかもしれない。

固定リンク | | コメント (0)


機が熟した中澤のヨーロッパ移籍

2004/07/22(木)

 新たな日本人選手がヨーロッパでプレーする日も、そう遠くはなさそうだ。
 これまでヨーロッパに渡った選手は、ミッドフィルダーかフォワードに限られていた。
 おそらく次にヨーロッパでプレーする選手はディフェンダーで、中澤佑二が有力だろう。
 そのプレーを見れば見るほど、中澤にはヨーロッパのクラブがふさわしいと感じるし、すでにドイツのクラブが興味を示しているようだ。

 ディフェンダーにとってもっとも重要な仕事は、もちろん、守ることである。
 中澤は、空中戦でも、地上戦でも、この仕事を見事にこなしている。ディフェンダーとしては完ぺきな体型で、背が高く、バランスもとれている。
 ボールを持っている時は、いつもリラックスしていて、余裕があり、守備の時は体の使い方が巧い。これは、フィリップ・トルシエが選手たちに言いつづけ、そして成功したプレー方法で、あらゆる局面で相手に体を寄せ、自由にプレーをさせないというものである。
 また、ジーコの3バックのディフェンスの左サイドから前線に攻め上がって行く姿も印象的である。
 中澤は攻め上がる時と、自重すべき時を知っているので、彼に限っていえば、自分のポジションをがら空きにして攻め上がり、相手チームに右サイドを突破されて慌てて駆け戻るといったことは全くない。

 2002年ワールドカップのチーム作りを進めていた時、トルシエは、日本のディフェンダーは他の国のディフェンダーにも身長や体重では引けをとっていないのだから、体が小さくて、華奢な日本人はヨーロッパでは通用しないという理屈はもはや通用しない、とよく話していたものだ。
 さらに、プレーが素晴らしいだけでなく、中澤は外向的な性格をしている。マリノスの岡田武史監督は昨シーズン、自身のMVPとして中澤を選び、両ステージ完全制覇の過程で、中澤は自然にリーダー的な存在になっていったと語った。
 もし中澤が中国のアジアカップで好調を維持すれば、移籍への道が開かれ、日本人ディフェンダーとして初めてヨーロッパでプレーする選手となるかもしれない。

固定リンク | | コメント (0)


高原に固執しすぎた日本サッカー協会

2004/07/19(月)

不運にも高原直泰がアテネ五輪の代表から外れたことは、そう驚くことでもなかった。
それよりも私が驚いたのは、金曜日に代表メンバーを発表するまで日本サッカー協会が長い間待ちつづけたということである。
結果として、日本は18人の代表メンバーのうちオーバーエイジ枠としては、GK曽ヶ端と、MF小野伸二の二人のみを選んだ。

私にはなぜ日本サッカー協会が高原のメンバー入りをめぐってそこまで迷ったのか理解できない。
彼が健康上深刻な問題を抱えているのは明らかであり、彼が2度目の肺動脈血栓塞栓(そくせん)症の診断を受けた時点で、協会は彼を代表候補から外すのが妥当であったと思う。
これは5月末の事だった。そして私は常々、高温乾燥気候で呼吸も楽でないアテネで彼をプレーさせるのは非常なリスクを伴うと考えていた。
もし高原が健康だったなら、予選を通して攻撃の核を欠いていた日本代表の山本監督にとって彼はパーフェクトなチョイスであったろうと思う。

代わりに高松が選ばれたが、彼はあくまで交代要員であり、平山についても然りであると私は思う。
もし高原が健康だったなら、山本監督のフォワード残り3人のチョイスは、平山を除く田中、大久保、そして高松だったであろう。
現状、山本監督は高松・田中のコンビもしくは、高松・大久保のコンビで先発させることになり、平山は空中戦要員として途中出場となるであろう。
正直言って、この攻撃陣では強さにかけるのではと思う。

高原が病気であると診断された時、私は山本監督がもう一人のフォワードを選ぶものと思っていた。このコラムでも前に述べたが、鈴木隆行でもオリンピック代表チームに経験あるターゲットマンとして貢献できただろうと思う。
ただし、協会が彼にオリンピックスピリットを見せるよう、またダイビングを止めるように要請してくれれば、だが。

フォーメーションは中盤にプレーメーカーを置かず、田中、高松、大久保のFWラインを置く3−4−3システムが良いのではないかと思う。
ディフェンスとミッドフィールドには質の高い選手が多いが、それでもこのチームには新しいセンターフォワードが必要であろう。
日本サッカー協会は高原にあまりに固執しすぎた。数週間前に代案を用意しておくべきだったと私は思うのだ。

固定リンク | | コメント (0)


キリンカップで大きな自信を得た日本代表

2004/07/15(木)

 火曜日の夜、横浜国際競技場でキリンカップ優勝を決めた日本代表は、大いなる自信とともに、木曜日、中国に旅立つ。
 とはいえ、3ヶ国の大会で優勝したことは私にはさほど印象的ではなく、むしろセルビア・モンテネグロを1−0で破った内容に感銘を受けた。
 日本の相手チームを見ていると、どうしてもユーゴスラビアと言いそうになってしまう。連盟会長となったドラガン・ストイコビッチの姿が見えるので、なおさらである。

 ユーゴスラビアは、その技術レベルの高さから、かつて「ヨーロッパのブラジル」と言われていた。
 ユーゴスラビアの選手は、とても背が高く、とても強く、時にとても荒っぽいプレーをした。
 こうした特徴が、かつても今もこのチームをとても手強い存在にしており、相手チームがこのチームを破るには勇気が必要とされている。
 火曜日の夜、日本はこの勇気を見せてくれた。
 日本代表は体力面での試練に堂々と立ち向かい、セルビア・モンテネグロをゴール付近に近寄らせなかった。その結果、川口はロングシュートを防ぐだけでよかったのである。

 もっとも、正直言うと、鈴木隆行の見苦しいプレーは好きではない。
 私はいつも、鈴木はダイバーで―同時に有益なターゲット・マンでもあるのだが―、ゴールのチャンスがない時には、ほとんどの場合軽い接触で倒れて相手ディフェンダーを不愉快にしていると思う。
 そうしてフリーキックを得られる時も、そうでない時もあるが、私には、こうした振る舞いはいたずらにトラブルを招いているだけのように思える。
 厳格なレフェリーなら、彼にイエローカードを出すかもしれないし―そのせいで、中国のアジアカップではチームに迷惑をかけるかもしれない―、あるいは相手ディフェンダーが鈴木のプレースタイルに癇癪を破裂さえ、このフォワードを傷つけようとするかもしれない。

 今回は、セルビア・モンテネグロに対する鈴木の作戦だったのかもしれない。セルビア・モンテネグロは、冷静さを失うことで有名だからだ。こうした気質のせいで、ストイコビッチはJリーグでたくさんのイエローカードやレッドカードを受けた。技術は申し分ないのだが、気性には欠点があるのだ。
 試合の終盤、セルビア・モンテネグロのリベロのペトコビッチが、日本の左サイドで背後から柳沢にファウルをお見舞いした。柳沢がプレーを続けられたことは幸いというべきで、ペトコビッチにはイエローカードが突きつけられた。

 とにかく、日本がこの厳しいテストに合格したことを祝福したい。
 日本代表が、アジアのライバルたちに対してもこのような集中力と気迫を見せつけ、さらに中国で戦う相手チームに対して無礼な態度を示すことがないように期待しようではないか。

固定リンク | | コメント (0)


日本代表が得た3つの希望

2004/07/12(月)

苦あれば楽ありと言う。
これは、金曜夜に広島ビッグアーチで行なわれたキリンカップ、対スロバキア戦に臨んだ日本代表のためにあるような格言である。

ジーコ監督のチームには中田英寿、稲本、小野、そして高原といった経験ある選手が欠けていた。
そして新たに久保が怪我のため辞退した際には、日本代表は得点力に欠けるのではないかと思われた。
対スロバキア戦、彼らは3得点(うち2ゴールはフォワードによるもの)を挙げ、これらの予想が間違っていたことを証明してみせた。

日本の最初のゴールはセットプレーのエキスパートと言われるMF福西の、まさに彼らしいゴールだった。Jリーグの選手なら、福西はコーナーキックやフリーキックの際には厳しくマークしなければならないことを誰もが知っている。それくらい、彼のヘッドはニアポストでは危険なのだ。
それを充分承知していなかったスロバキアは福西をノーマークにしてしまい、俊輔のコーナーキックから、彼のヘッドによるゴールを許してしまった。これは福西にとってはイージーゴールであったが、負傷欠場の稲本や小野に代わって中盤を務める彼に大きな自信をもたらすことだろう。

中村は日本の2点目にも貢献した。鈴木への絶妙なパスでスロバキアのディフェンスを翻弄し、鈴木はいかにも彼らしい右足で得点を挙げた。
ここでも久保の代役としてチャンスを得た鈴木が結果を出し、ジーコ監督の期待に応えた。
ジーコ監督がテクニカルディレクターを勤めた、鹿島アントラーズにかつて所属していた柳沢が挙げた日本の3点目には、彼も満面の笑みを浮かべた。
彼のゴールは決して華麗なものではなかったが、彼のゴールへの執念と判断力については疑うまでもない。
MF三浦淳宏のプレッシャーがスロバキアの不用意なバックパスを呼び、そして柳沢をドリブルでかわそうとしたゴールキーパーの凡ミスを招いた。
メッシーナ所属の柳沢は彼の役目に徹し、ボールを奪いそして無人のゴールにボールを押し込んだ。
柳沢はこれまでも日本代表のために素晴らしいゴールを挙げてきた。今回のこのゴールはそうしたゴールではないが、サンプドリアで不完全燃焼のシーズンを過ごしてきた彼にとっては大きなゴールであった。

福西、鈴木、そして柳沢のゴール・・・。それはジーコ監督指揮下の日本代表チームが自信を深めていき、監督自身も選手達に対する理解を深めていくにあたっての良い兆しである。
もしかすると、我々がキーマンだと思っている選手達はそれほど重要ではないのかもしれない。

固定リンク | | コメント (0)


私のオールスター不要論

2004/07/08(木)

 1993年の発足当初、Jリーグにはとても「アメリカ的な」雰囲気があった。
 ゴールデン・ゴール、PK戦での決着、引き分けなしのルール…。それから、もちろん、オールスター戦だ。
 何年もかけて、Jリーグはわざとらしい仕掛けのほとんどを廃止しつつあり、そうした方針は運営全体にも反映されるようになっている。
 たとえば、来シーズンからはJ1の参加チーム数が18になり、2シーズン制も1シーズン制に変更される。
 勝った場合の勝点が3で、引き分けの場合が1という通常の勝点システムは現行通り保たれるので、2005年シーズンのJリーグは世界のサッカー界のメインストリームにある他のリーグと同じような形態となる。
 Jリーグがこの新しいフォーマットを採用し、日本でも増加しつつある真のサッカーファンの声に応えようとしている点は大いに評価したい。

 私が気になるのは、次に着手すべきものである。
 これは個人的な意見であり、多くのファンが驚くかもしれないが、私なら、毎年恒例のオールスター戦を廃止するだろう。
 サッカーの世界では、このコンセプトはとても異質なもので、意味も重要性もあまりないように思える。
 私は、日曜日の新潟の試合をテレビで観たが、3−3のドローであったにもかかわらず、退屈だと思った。
 選手にとっては、ファーストステージ終了後のウィークエンドはオフのほうがありがたかっただろうし、各チームの監督たちも選手を休ませたかったことだろう。
 MVPの石川を筆頭に、何人かのオリンピック代表選手がピッチに登場した。ひょっとしたら山本監督は、石川、田中、闘莉王、今野らが接触プレーに巻き込まれないようにと考えていたかもしれない。山本監督はしかめっ面でゲームを見ていたに違いない。このような無意味な試合で中心選手がケガでもしたら、控えめに言っても、迷惑この上ないからだ。

 それはA代表の選手も同じである。
 先日の鹿島でのアントラーズ対ジュビロ戦の後、藤田俊哉と話したのだが、そのとき藤田は、体調は絶好調時の7割程度に過ぎないと言っていた。キリンカップとアジアカップが間近に迫っているなか、そんな俊哉がビッグスワンでプレーしているのは、私にとっては驚きであった。
 もっとも、藤田は広い心を持った男だから、きっとファンを失望させたくなかったのだろう。カシマでも、ジュビロがロスタイムに失点して敗れた後にもかかわらず、藤田は時間を割いて、スタジアムの外でアントラーズファンにサインをしていた。

 Jリーグはいつもと同じように派手なイベントを催し、大手スポンサーと大観衆を魅了したが、私には、オールスター戦は予定がぎっしり詰まったシーズンには余分であるという印象は拭えなかった。

固定リンク | | コメント (0)


理解に苦しむ久保のキリンカップ代表選出

2004/07/05(月)

代表監督を務めるという事は色々な理由で難しいものである。
一つは、高給の選手たちを代表チームに出してくれるクラブチームとの信頼関係を築かなければならない事である。
今週の久保竜彦の場合を例にとってみよう。

彼が故障している事は周知の事実だが、それでもジーコ監督は彼をキリンカップ代表チームに選出した。
横浜F・マリノスが、故障中の右膝を休ませるためにも彼を代表から外してもらいたいと日本サッカー協会に要請した後だというのに、だ。私にはジーコ監督が何故彼を選んだのか理解できない。
木曜日の朝、久保の選出を知らされたマリノス側は驚き不快感をあらわにした。
膝の調子によっては、キリンカップでは先発メンバーとして使わないとジーコ監督は語ったが、それでも2週間くらいは休ませるべきだったのではないだろうか。

6月9日のワールドカップ予選でインドを7−0で破った後、マリノスの岡田武史監督は、久保には2〜3週間、ファーストステージ終了までの休養が必要だと言い続けてきた。
さらに岡田監督は、彼が100%の状態に戻らないのであれば、中国で行なわれるアジアカップでもプレーさせないとさえ言っていた。

ジーコ監督のやるべき事は、マリノスの要望を受け入れ、久保にしばしの休養を与える事だった。
キリンカップはしょせん、7月9日にスロバキア(タイと並んで世界ランキング61位)と、13日にセルビア(同44位、ただし侮れる相手ではない)と対戦する親善試合なのだ。
それにフォワードは他にも、2002年ワールドカップのFWコンビ、鈴木と柳沢、巧みで華麗なレフティー玉田圭司、そしていつも元気一杯の本山雅志の4人がいる。すなわちジーコ監督には、選手やコンビネーションについてまだ色々な選択肢があるということである。

マリノスの発表では、久保はどちらにしても代表を辞退するということである。選手たちは日曜日に広島に集合し、月曜日の朝からトレーニングを開始する。
恐らく久保は広島へ行き、プレーできる状態ではないというメディカルチェックの結果を提出する事になる。しかしそれよりも、7月7日に二人目の子どもを出産する予定の奥さんのいる故郷、福岡に彼を行かせてやる方が理にかなっていると思う。

ジーコ監督は、これまでの試合でいくつもの重要なゴールを決めてきたこの元サンフレッチェのフォワード、久保のゴールに頼れる事がわかっている。
ただ、今回のこの彼の選択は一体誰のためなのだろう。ジーコ監督自身?久保?それともマリノス?

固定リンク | | コメント (0)


さよならサンパイオ、Jリーグの偉大なる奉仕者

2004/07/01(木)

 サンフレッチェ広島のファンが一心不乱にブラジルの国旗を振り、「サンパイオ、サンパイオ」と歌っていた。
 この光景は、なんと駐車場の中。しかも、土曜日の午後のジュビロ磐田戦が終わって、かなり経ってからのことである。
 その男、セザール・サンパイオは、最後にもう1度だけファンに控えめに手を振り、待たせてあったタクシーに乗り込み、夕暮れのなかに消えて行った。
 Jリーグは、偉大なる奉仕者を失った。

 現在36歳のサンパイオは、J1で最後となる、156試合目の試合に出場した直後であった。
 この中盤の達人も年齢には勝てず、スタミナやスピードも、かつては展開の速いJリーグに充分対応できていたが、最近はそうもいかなくなった。
「前半はまあまあだった。」
 試合後、サンパイオはそう話した。
「でも後半は、一生懸命走り回ったのに、ボールに触れなかったんだ」

 誠実な人間であり、サッカー選手である、彼らしい正直な告白だった。
 横浜フリューゲルスから柏レイソルに移り、最後は広島でプレー。彼の日本での選手生活を通じて、私にとってサンパイオは信頼できる紳士であった。
 最初に彼に会ったのは、1995年のタイ。アジアサッカー連盟のイベントで、フリューゲルスがタイ・ファーマーズバンクと試合をした時だった。
 サンパイオはクラブにやって来たばかりで、彼とともに、1994年ワールドカップ優勝チームのミッドフィルダー、ジーニョ、さらに長身のセンターフォワードのエバイールもフリューゲルスに入団していた。フリューゲルスはこのトリオを獲得するために1,000万ドル以上を払っていた(数年後の破綻も不思議ではないか!)。

 サンパイオは古典的な守備的ミッドフィルダーだった。エネルギーを節約して頭を使い、タイミングの良いタックルで相手チームの攻撃を分断すると、直後に短い、クレバーなパスを出してカウンター攻撃の糸口となった。
 彼のプレーは、おしゃれでも、スペクタクルでも何でもなかった。基本的なことを、とてもうまくこなした。簡単にプレーしているように見えた。

 サンフレッチェのファンは、J1昇格を勝ち取った際の彼の働きぶりに感謝していた。ファンは、ヤマハスタジアムに「Obrigado」(オブリガード:ポルトガル語で「ありがとう」の意味)と書いた大きな横断幕を掲げ、何人かは緑とカナリアイエローのブラジル国旗を振っていた。試合後、サンパイオは、サンフレッチェ・ファンの暖かさに感極まった様子であった。

 サンフレッチェの小野剛監督は、日本の若手選手たちは試合や練習で、そして彼の規律正しいライフスタイルを見て、ピッチの内外のサンパイオから学ぶことができたと言う。小野監督の言葉を引用すれば、サンパイオは完ぺきなプロフェッショナルだった。
「彼は、言葉では言い表せられないくらい多くのことを与えてくれました」と小野は言う。
 サンパイオは自分のチームのためだけでなく、ブラジルの国民のためにも、日本で大きなことを成し遂げたのである。
 Obrigado!(ありがとう!)

固定リンク | | コメント (0)


« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »