« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003年11月

胸を張れ、ジェフ・ファン

2003/11/27(木)

 日曜日の午後に市原スタジアムで観戦した気分は、ハッピーでもあり、悲しくもあった。
 悲しかったのは、ジェフがトリニータと1−1で引き分けたため、ジェフユナイテッド市原のセカンドステージ制覇の可能性が事実上消えてしまったからだ。
 ハッピーだったのは、試合終了後に熱心なファンが選手たちを暖かく受け入れる姿を見たからだ。選手たちはできる限りのことをしたが、この日、この1年を通じて、何かが足りなかった。

 残り1試合の時点で、ジェフのステージ制覇の可能性は、数字上まだ残されているものの、複数の試合の結果がすべて都合の良いようになった場合にという、奇跡に近い確率である。
 したがって、優勝争いは基本的に3つのチームに絞られることになる。まず、ジュビロ磐田。次に、土曜日にジュビロと戦う横浜F・マリノス。それから、鹿島アントラーズ。アントラーズは、土曜日に埼玉で浦和レッズとナビスコカップ決勝戦のリターンマッチを戦う。ジュビロ磐田にとっては悪くない組み合わせだ、と私は思っている。
 日曜日に勝ち点3を取っていれば、ジェフも混とんとした優勝争いに加わっていたのだが、残念ながらそうはならなかった。
 ジェフは前半にリードを許したが、後半に崔龍洙(チェ・ヨンス)がこぼれ球を決め同点に追いつき、以降は勝ち越しゴールをひたすら追い求めた。

 ジェフの問題は、私の感じたところでは、早い時間帯からパニックになり、必死に攻撃を仕掛けすぎたところにあった。
 「韓国の鷲」こと崔龍洙が同点ゴールを決めた時、まだ28分も残っていたのに、ジェフはまるでロスタイムのような戦いぶりで、大分にカウンター・アタックのチャンスを与えてしまっていた。
 この時のジェフで感心したことが1つあるとすれば、このようなことをチーム全体の姿勢として貫いたことである。チーム全体で云々というのは、監督やテクニカル・ディレクターが好んで使う、いわば常套句のようなものであるが、きわめて大切なものである。
 特に、阿部をはじめとして、見事にゲームをコントロールしていた佐藤、両サイドの坂本と村井、2人のストライカーの背後でプレーする羽生が構成する、5人の中盤では、チームとして機能することが基本となる。

 私は阿部が大好きだが、日曜日は大事な時のパス出しが正確ではなかった。
 また、さすがの崔もプレッシャーを感じていたようだ。前半には、これまでの崔なら決めていたはずのチャンスをもらっても、驚いたことに、自分でシュートを打とうとせず、パスを出す相手を探していたくらいだ。
 監督のイビチャ・オシムは、このようなことが起るのではないかと危惧していたそうで、ジェフはこうした重要な試合で勝てるチームにはなっていなかった、と語った。
 これは、ファーストステージとセカンドステージに共通して見られた、今シーズンのホームゲームでおなじみのパターンである。
 ただし、ささやかではあるがパワフルな応援を受け(とりわけ寒くて、風の強いコンディションのなか)、今シーズンのジェフは持てる戦力以上に勇敢な戦いぶりを見せてくれた。
 ジェフのファンは失望などせず、自分たちのチームを誇りに思って欲しい。

固定リンク | | コメント (0)


ゴン効果

2003/11/23(日)

ジュビロ磐田のベンチがあわただしく動き出し、味の素スタジアムを埋めた数千の観客も素早く呼応した。
中山雅史がまるで現代の剣闘士のようにピッチに上がる準備を始めると、この試合で最高の歓声が上がったのだ。

81分に前田遼一に代わって中山がピッチに入った時、ジュビロは東京ヴェルディに0−1でリードされていた。
数秒後には、アレクサンダー・ジヴコビッチの右コーナーからのセンタリングにロドリゴ・グラウが合わせ、美しい同点弾で1−1に追いついた。ヴェルディのディフェンダーたちは皆、ゴンを見ていたに違いない。そしてこのブラジル人FWの事をすっかり忘れていたのだろう。
その6分後には、西野泰正の低いクロスがアンラッキーな三浦淳宏に当たり、オウンゴールで2−1となった。
ヴェルディにとっては無情といっても良いが、多くのオープンスペースを作っていたジュビロにとって、この勝利は当然の事であった。

試合後の取材は中山の話題に集中した。
彼にとって、これが5月以降初めての出場であったし、彼の登場によってわずか数分で0−1から2−1と逆転勝利を収めた。
2試合を残して、ジュビロ磐田にとってはまさに絶妙のタイミングですべてがうまく回り始めているように見える。
前節、仙台戦の試合終了間際のペナルティーで1−0の勝利を挙げたのも幸運であったし、今回の三浦のオウンゴールもまた然りである。

試合後、私は藤田俊哉に代わって左サイドMFに入り、チームでのプレーを楽しんでいるジヴコビッチと話した。
「そう言えば試合後に、2点入ったのは中山がピッチに入った後だったと気がついたんだ。これは何かあるかもしれないよね」
親友のアルノ・ヴァンズワム(現在アルノはオランダリーグのNACでプレーしている)と、いまだに携帯でよく話すというジヴコビッチはそう言った。
「彼はチームにとって大事な存在だ。いつも我々にプラスのエネルギーを与えてくれる。ハードなトレーニングをこなしてきた彼にとっても良い事だよ」
「3ヶ月もピッチから離れて、彼はフィジカルトレーニングと筋力トレーニングをクラブハウスでやってきたんだ。今日の試合結果は彼にとって当然の結果だし、我々も彼のために勝ったんだ」

まさにジュビロによる素晴らしい逆転劇であったし、この勝利の影にゴンの存在があった事は疑うべくもない。
今シーズン彼は長い間欠場してきたとは言え、ゴンはまだ健在だ。

*このコラム(原文)は11月21日に書かれたものです

固定リンク | | コメント (0)


劇的だったエムボマの代表招集

2003/11/20(木)

 一度は代表でのキャリアは終了したと思ったのに、パトリック・エムボマは瞬く間に代表に復帰した。
 日曜日、東京ヴェルディ1969とジュビロ磐田のJリーグの試合が終わった直後に、どんでん返しはあった。
 私と、東京の別の英字新聞の記者の2人は、試合後エムボマにインタビューを行った。
 目的は、終わったばかりの試合の感想と、水曜日に大分で行われる日本対カメルーンの親善試合に対するコメントをとるためであった。
 その時点では、エムボマは代表のメンバーではなかった。カメルーン代表のドイツ人監督ヴィニー・シェーファーが彼を選ばなかったからだ。
 当然、エムボマは動転し、落ち込んだ。カメルーン代表は1つの家族のようなもので、6月のコンフェデレーションズ・カップでチームメイトのマルク・ビビアン・フォエが死亡してからは、チームの絆はかつてないほどに強くなっていた。

 私はエムボマに、君の代表でのキャリアは終わったのだろうか、と訊ねた。
「おそらくね」と彼は答えた。
 そのとき、エムボマの携帯電話が鳴った。
 電話の相手はシェーファーで、大分で代表に合流するようにとの要請であった。インタビューを始めた時、大分まで行って試合を観るつもりはない、とエムボマは言っていた。自宅でテレビ観戦をするつもりだったらしい。チームの部外者としてそこにいるのは、あまりに悲しすぎるから。

「コメントを変更したいんだけど」
 シェーファーとの会話を終え、エムボマはそう言った。
「僕の代表でのキャリアは、まだ終わってはいない!」
 ホッとしているようでもあったし、誇らしげでもあった。
 エムボマは、前の週にリヨンで行われた、フォエの家族のための慈善試合でカメルーン代表のメンバーたちと一緒にプレーしたが、これがカメルーン代表としての最後の試合になるかもしれないと感じていた。

 カメルーンの選手たちが、大分でエムボマと一緒にプレーしたいと望んだのは明らかであった。選手たちがシェーファーにそう要請し、シェーファーが自分の代表招集を決めたのだ、とエムボマは言っていた。
 選手たちにもそれぐらいの力があることが、証明されたのだ。
 エムボマには、自分の経験とプレーを通して、まだまだカメルーン代表に伝えたいことがあり、自分の存在が水曜日の試合のちょっとしたスパイスになるかもしれないとも感じている。
 日本のディフェンス陣は、そんなことにはなって欲しくないだろうけれど。

*このコラム(原文)は11月18日に書かれたものです

固定リンク | | コメント (0)


ジーコ監督がバレーボールから学んだこと

2003/11/17(月)

皆さんはフジテレビの女子バレーボールワールドカップをご覧になっているだろうか?
もちろん私も見ており、思うに視聴率も良いのではないだろうか。

ワールドカップが開幕した2週間前、私は代々木体育館で2試合を観戦した。そして、特に対韓国戦の勝利には非常に感動した。
とりわけ私の目を引いたのが、日本選手のコート上での行動である。
チームワークの素晴らしさはもちろんだが、それ以上に全てのプレーヤーが常にお互いを励ましあい、指示を叫び、そしてその指示をしっかり聞いている。
ある時などは、監督がコートサイドに出ているにも関わらず、キャプテンは周りの騒音のために指示が聞こえなかったほどだ。すぐ隣にいたというのに。

これはサッカーのコラムではなかったかって?
要は、水曜日に大分で行われる対カメルーン戦のメンバー発表の記者会見が月曜日に行われたが、その席上でジーコ監督がこの二つのスポーツを比較していたのだ。
日本代表にはコミュニケーションが欠けているのでは、というある記者の質問に、自身も仙台で行われたキューバ対ブラジルの試合を観に行き、コミュニケーションのレベルに感心していたジーコ監督は、日本代表もバレーボールから学ぶ点が多いとコメントしていた。
私もこのジーコ監督のコメントには全く同感である。(私が彼に同意するのはたぶんこれが初めてだ)

2日後の水曜日、私はU−20日本対U−20オーストラリアの試合を観に国立競技場へ行った。日本は後半早々にペナルティーキックを与え、0−1で負けてしまったのだが、もっと点差を開けられていてもおかしくない試合だった。
前半には、頭越しにロングボールを入れられた場面で、GK川島とディフェンダーの間で明らかにコミュニケーションがとれていないことが多かった。
ゴールキーパーとディフェンダーが同じボールに突っ込み、混乱を招く。当然、キレの良いチームがこの弱点を突くことになる。

思い起こせば、私がイングランドの草サッカーで日曜日の朝プレーしていたローカルチームの方が、今回のU−20日本代表よりもコミュニケーションがとれていた。
そういった状況では、ゴールキーパーは公園の反対側へ、いや、町の反対側へさえも届くように「キーーーーーパーーーーー!」と叫びながらラインを飛び出し、誰もが邪魔をしないようにして、ボールを受けるかクリアしたものだ。

きちんとコミュニケーションがとれることがサッカーの基本である。日本の選手達はピッチ上でお互いに声をかけあい、もっと積極的に、もっと情熱的に、そしてもっと感情を露わにしても良いと思う。
そう、あの女子バレーボールの選手達のように。

 *本コラム(原文)は11月15日に書かれたものです。

固定リンク | | コメント (0)


エメルソンとビスマルク、代えるべきか、代えざるべきか?

2003/11/13(木)

 週末のJリーグ、2人の監督は、明らかに異なった哲学を持っているように見えた。
 私が言っているのは、浦和のハンス・オフトとヴィッセル神戸の副島博志のことで、リーグ最終戦に出場停止処分になる危険性があった選手がこれに関わっている。

 まず、浦和から。
 ブラジル人のエース、エメルソンは、イエローカードを2枚累積した状態で、土曜日、ホームでのヴェルディ戦に臨んだ。つまり、ヴェルディ戦でもう1枚イエローカードをもらえば、すでにセカンドステージで1度出場停止処分を受けているエメルソンには2試合の出場停止処分が科されることになる。
 エメルソンは、「いかにもエメルソン」というスタイルで、5−1で勝利した浦和の先制点と2点目を決めた。しかし、2−0でリードしていたハーフタイムの直前、ヴェルディのペナルティーエリア内でペナルティーキックを得るためにダイブを試みた。
 結果は言うまでもない。エメルソンには、セカンドステージで通算6枚目のイエローカードが与えられた。そのため浦和は、エメルソンの力がもっとも必要となるリーグ戦の残り3試合のうち2試合で彼を欠くことになったのだ。
 試合後、私はオフトに、2−0になった時点で、イエローカードを防ぐためにエメルソンを代える気はなかったのかと質問した。
 オフトは、君の考え方は消極的すぎると言った。「2−0では、ゲームはまだ決まったわけじゃないし、ヴェルディが後半早々に得点して2−1となった状況は、我々にとって困難なものだった」とオランダ人の監督は言った。
「私はギャンブルを好まない。合理的ではないからだ」

 次に、土曜日の駒場スタジアムから日曜日の味の素スタジアムで行われたFC東京対ヴィッセル神戸の試合に目を転じてみよう。
 関係する選手はビスマルク。ヴェルディとアントラーズのかつてのスター選手は、ヴィッセルを降格の危機から救うためにやって来たのである。
 ビスマルクも、累積のイエローカードを2枚抱えた状態でゲームに臨んだが、ヴィッセルが0−4でリードされていた69分過ぎに、副島はビスマルクを交代させた。
 交代の理由は、すでに勝敗の決まった試合の終盤でビスマルクがイエローカードをもらって1試合の出場停止となるのを、副島が望まなかったということにつきる。
 副島の采配は興味深く、現実的であった。彼は、1−4で敗れたのは運がなかったせいだと考えたのかもしれない。

 FC東京の見事な攻撃的サッカーも讚えるべきだが、私にとってのホームチームのベストプレーヤーは、ゴールキーパーの土肥洋一であった!
 土肥は芸術的なセーブをいくつか見せた。特に、FC東京が先制点を奪うために攻勢に出ていた前半の活躍は見事であった。
 試合序盤にはシジクレイの強烈なシュートをセーブしたほか、ビスマルクのフリーキックを掌で巧妙にバーの上に弾き出した。

 もし私がヴェルディ戦のオフトの立場だったなら、2−0の時点でエメルソンを交代させて出場停止処分を逃れようとしただろう。一方、ビスマルクは、ヴィッセル神戸の主力選手として今度の週末にまたピッチに登場する。

固定リンク | | コメント (0)


ヴェルディの投資に応えたエムボマ

2003/11/10(月)

東京ヴェルディ1969がパトリック・エムボマと契約するのは大きなリスクだと感じていたJリーグファンは手を挙げて欲しい。
そう、私もその一人である。
今シーズン初め、エムボマが日本に帰ってくるというニュースを聞いた時、私は少なからず驚いた事を白状しよう。
ここ数シーズンパルマで、そして短期間ではあったがサンダーランドでそれほどプレーしていなかったし、32歳の彼がヴェルディのためにシーズンを通して働けるのか疑問だったからだ。
しかし、ヴェルディとエムボマは私を含めそうした疑問を持った人たちが間違っていた事を証明してみせた。

今週末、セカンドステージ第12節を前に、ヴェルディは11試合で勝ち点20をあげ首位に立っている。そしてエムボマは19試合に出場、13得点をあげチームの得点王だ。
ジュビロのロドリゴ・グラウが首位に立つ得点ランキングでは6位。グラウはエムボマより多い25試合出場で17得点と、その差はわずかに4ゴールだ。
ガンバ大阪に在籍していた1997年の28試合で25得点という記録には届かないものの、カメルーンのスター、エムボマはこの結果には満足できるだろう。
ヴェルディはと言えば、もちろん得点力だけで彼と契約したわけではない。
ヴェルディグリーンをまとい素晴らしい働きをしたエジムンドに代わる、経験豊富で精神的支柱となれるリーダーが必要だったのだ。

金曜朝、読売ランドでのヴェルディの練習を見ていたが、なぜエムボマがヴェルディにとって重要なのかよく分かった。
彼はとにかくサッカーに夢中だ。そしてこれが同じサッカー文化の中で育ってこなかった彼のチームメートにも伝わっているに違いない。
通常のグランドの1/4のサイズで行う練習試合でさえも、エムボマのゴールに対する喜びは一見の価値がある。
ボールがゴールに吸い込まれネットに当たる音がした後、エムボマはワールドカップで得点を挙げたかのように右手を空に突き上げ走ってみせたり、喜びのあまりグランドにパンチする仕草をする。
どちらのポーズも、見ていてとても楽しい。なぜなら、そこに彼のサッカーに対する、そして得点を挙げることに対する純粋な喜びを見出せるからだ。

私は彼に全シーズンを通して活躍できる体力があるとは思えなかった。そして、確かに彼は数試合欠場している。しかし、彼はこの契約が単にヴェルディのためと言うよりJリーグのために素晴らしいことだったという事を証明してみせた。

日曜日正午から午後1時にかけて、エムボマはチームを代表して「江戸開府400年記念イベント in たちかわ」に参加し、夕方にはかつてのチームメート、マルク・ビビアン・フォエの家族のためにリヨンで火曜日に行われる慈善試合に出場するためフランスへと向かう。

*本コラム(原文)は11月7日に書かれたものです。

固定リンク | | コメント (0)


田中達也ワンマンショー

2003/11/06(木)

 21歳の誕生日を前にして、浦和レッズのストライカー、田中達也はJリーグの顔となった。
 11月27日に21歳になる田中は、浦和が鹿島アントラーズを4−0で破って感動を呼んだ、月曜日のナビスコカップ決勝戦の前後に、大会の個人賞を総なめにした。
 まず決勝戦の前日、田中はこれまでの活躍により大会のニューヒーロー賞の受賞者となった。
 決勝戦のあとにはMVPにも選出されたが、これも文句のつけようのないものであった。

 爆発的な能力を持つブラジル人ストライカー、エメルソンとコンビを組む田中は、スピード豊かで、ダイナミックな浦和の攻撃の要である。浦和の攻撃陣は、準決勝の第2戦で清水エスパルスを粉砕したが、月曜日には鹿島を相手に同じことをやってのけた。
 先制ゴールは、鹿島のゴール前で秋田豊と曽ヶ端凖の虚を突いた山瀬功治の素晴らしいジャンピング・ヘッドであったが、右サイドから田中が左足で上げた危険なクロスボールに合わせてのものだった。
 エメルソンが決めた2点目のゴールは、平川の絶妙のパスに合わせた、見ごたえ充分のシュートであった。
 後半早々のこのゴールで、実質的には勝負は終わった。私には、アントラーズに2−0から巻き返す力があるとはどうしても思えなかったからだ。

 その後、田中が3点目の鮮やかなゴールを決め、レッズの勝利を決定づけた。左サイドでボールを受けた田中は、切れ込みながらディフェンスを2人かわし、得意の右足から放ったシュートは曽ヶ端の守るゴールの隅に突き刺さった。
 このゴールは、スピード、ボール・コントロール、自信、ゴール感覚という、田中の持てる資質がすべて凝縮されたものであった。代表監督のジーコも、今年の初めには、オリンピック代表とA代表の掛け持ちはあまりさせたくないとは言っていたが、田中を早くA代表で見たいと思っていることだろう。
 この点には注目して欲しい。今の田中は絶好調だ。カメルーン戦と、来月初めに控える4か国対抗の東アジアサッカー選手権で、その持てる実力を存分に発揮するのをぜひ見てみたいと思うのだ。

 月曜日は、レッズにとって素晴らしい1日であった。ただし、監督のハンス・オフトが、クラブの社長が来シーズンは彼に監督を続けさせる意思がないことを第三者から知らされたのを理由に、辞任を表明したのは残念であった。
 田中が今シーズン飛躍的に進歩し、ブレークした代表的な選手であることが、月曜日の試合で万人の目に明らかになった。

固定リンク | | コメント (0)


今年こそレッズだ

2003/11/03(月)

月曜日のナビスコカップ決勝にむけて緊張と興奮が高まっていくなか、私は東京・国立競技場で浦和レッズが鹿島アントラーズを下すと強く感じている。
両チームは昨年の決勝でも対戦し、その時は小笠原満男のドライブのかかったシュートでアントラーズが1−0で勝利した。
鹿島に比べ、大一番の経験が明らかに不足していた浦和は、試合結果に異存はなかっただろう。

しかし今シーズンは違う。浦和が優勝候補と言っても良いくらいだ。
私がこのように言うのは不思議に思われるかもしれない。なぜなら1993年のJリーグ発足以来、彼らは3大カップ戦のいずれにも勝った事がないからだ。
ただ、今回のナビスコカップでの浦和、特に2−0で勝利したアウェーでの準々決勝第2戦の対FC東京戦、そしてアウェーでの0−1の敗戦を覆した準決勝第2戦、対清水エスパルス戦での6−1の快勝には非常に感心させられた。
オランダ人コンビ、ハンス・オフト監督とビム・ヤンセンコーチに率いられた浦和は、駒場で意気消沈したエスパルスを粉砕した。
ブラジル人点取り屋エメルソンは、パートナーの田中達也が清水のやる気を消失させた前半の2ゴール後、後半早々にハットトリックを達成した。
その夜のレッズには緊張感と信念が感じられた。私にはそれが決勝で消え去るとは思えないのだ。

アントラーズもまた準決勝、対ジュビロ磐田戦での勝利で個性を発揮した。しかし俊足の本山雅志は手術を受け欠場、また平瀬とフェルナンドは出場停止だ。
トニーニョ・セレーゾ監督率いるこのチームはギリギリの状態である。鹿島の経験豊富なディフェンス陣とレッズの若いフォワードの戦いは素晴らしいものとなるだろう。

5万5000枚のチケットは昨年より15分早く、わずか15分で完売した。そしてインターネットでは8万円で売買されている。
これは勝利に飢えたレッズファンにとっては安いものだ。私は月曜午後に彼らが失望しないと信じている。
私の予想は、2−1で浦和の勝利だ。

固定リンク | | コメント (0)


« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »