« FIFAの大きな一歩 | トップページ | 今年こそレッズだ »

ジェフ・ファンの皆さま、もう少々お待ちを

2003/10/30(木)

 ジェフユナイテッド市原の監督、イビチャ・オシムは、全15節のうち11節が終了した時点でのセカンドステージの順位表を見て、内心喜んでいることだろう。
 ジェフは4位で、トップとはわずか1ポイント差だが、セカンドステージで優勝する可能性があるチームだと思っている人はそうは多くない。
 ファーストステージの王者の横浜F・マリノスとナビスコカップの決勝戦に進出した浦和レッズが本命の2チームと考えられており、その評価は順位表のトップにいる東京ヴェルディ1969よりも高いようだ。
 まさにオシムが望んでいた状況である。

 ファーストステージの第14節、ジェフが清水エスパルスに惨敗したあと、私は日本平で彼と長い、長いおしゃべりをした。
 セカンドステージを見越して、オシムは、自分のチームにはあまり早い時期にトップに立って欲しくない、と語った。ジェフの選手たちはプレッシャーに対処できないと考えていたからだ。
「トップに近いポイント差で4位か5位につけていられたらと思うんだ」とオシム。
「そうすれば、最後の2試合で優勝に向けてスパートをかけられるからね」
 上位のチームがいずれも勝利できなかった先週末の試合が終了した時点で、ジェフは終盤に追い込みをかけるのに完璧な位置にいる。
 ヴェルディとマリノスが勝ち点20で、レッズとジェフが19。さらに少しの差でFC東京が勝ち点17の5位につけている。

 もっとも、ジェフの残り試合の相手も見てみなければならない。
 ナビスコカップの中断後の11月8日、ジェフは低迷する京都パープルサンガと西京極で戦う。
 翌週も、順位表のトップより最下位に近いチームとホームで戦う。相手は、セレッソ大阪である。
 その後、最後から2番目の試合はホームでの大分トリニータ戦。
 もしジェフが上記の3試合のうち1つでも落とすことがあれば、オシムにとって大きな失望となるだろうが、本人は当然全勝で勝ち点9を奪うつもりでいることだろう。
 シーズンの最終戦は優勝を賭けた大一番になる可能性が高いが、11月29日、ジェフは味の素スタジアムでヴェルディ相手にアウェーのゲームを戦う。
 京都、セレッソ、ヴェルディ…この対戦相手はジェフに有利に働くかもしれない。

 土曜日のジュビロ戦で崔 龍洙(チェ・ヨンス)が挙げた終盤の同点ゴールは、スタンドにいた熱烈な市原ファンの涙を誘ったことと思う。
 そして、たぶん、涙を流す機会はまだ何度かやって来るだろう。
 嬉し涙か、悔し涙か?
 結果はすぐに明らかになる。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。