« 冷静さを保つオフト監督 | トップページ | 鹿島の暗雲を晴らす本山の代表復帰 »

はかなく消えた、ガンバ優勝の夢

2003/09/04(木)

 土曜日、柏でガンバ大阪の戦いぶりを見られて良かった。
 今になって、私には、なぜガンバがチャンピオンシップに届かないのかがわかってきた。
 シーズン開幕前、私はガンバが2つのステージのうちの1つをとり、プレーオフでも勝つと真剣に思っていた。
 次のような、優勝を裏付けるファクターがあったからだ。
・ 宮本が率いる、経験豊かな3バックのディフェンス陣。
・ 変幻自在な5人の中盤。とりわけ、右サイドに新外国人選手チキアルセ、左サイドに新井場が控える両サイドが強力。
・ 両サイドのチキアルセと新井場から、ブラジル出身の長身選手、マグロンにクロスが供給される。
 マグロンはヘディングで直接ゴールを狙ってもいいし、ペナルティエリアでどん欲にチャンスを待っている吉原にボールを落とすこともできる。

 どうです、わかりやすいでしょう?
 しかし、ガンバは優勝とはほど遠い、下から数えたほうが早い位置でファーストステージを終えた。
 2人の新外国人選手、チキアルセとガレアーノは戦力を大幅に向上させると予想されていたが、予想通りにはならなかった。
 昨シーズン、私は、ファビーニョは中盤の底で遠藤とコンビを組み、精力的で気の利いた仕事をしていると感じていたのだが、そのファビーニョを解雇してまで獲得したガレアーノも、今シーズン半ばで解雇されてしまった。
 チキアルセは、右サイドで期待されていたような、突進力と運動量を未だ披露できないでいる。
 そのため柏では、西野監督は当初の3−5−2のシステムを断念して、3−4−3のシステムを採用し、橋本と二川がそれぞれ中盤の右サイドと左サイドを務めた。
 宮本、キャプテンの木場とともに3バックの一翼を担い、ガンバ優勝のカギを握る選手の1人と見られていた山口は、中盤の中央に押し出され、遠藤とコンビを組んだ。また、實好がディフェンスの右サイドに入った。
 マグロンが故障のため欠場していたので、「ガンバのゴン」こと中山が最前線に位置し、吉原が右サイドから、大黒が左サイドからサポートしていた。

 ガンバのプレー内容は、ひどくはなかった。ひどいことはまったくなかったが、セカンドステージで優勝できるほどの力があるとも思えなかった。
 ガンバの選手には、ためらいや自信のなさそうなプレーが目立ち、まるで自分たちも勝つとは思っていないかのようであった。
 ガンバは、ピッチの左右を自由自在に駆け回って来た遠藤がきれいに決めて先制したが、印象的な働きをしていた柏の玉田が見事なシュートを決め、ゲームは振り出しに戻った。
 リカルジーニョがガンバ・ディフェンス陣の中央を破ったあとのこぼれ球を、格好のポジションにいた玉田が、ペナルティー・エリアの端からゴールの下隅に左足で会心のシュートを決めたのである。
 おそらく、ガンバは良くなっているのだろう。終盤にゴールを許して負けるかわりに、1−1のドローで踏ん張ったのだから。
 しかし、シーズンは目論み通りには進んではいない。なにもかもが変ってしまっているのを見ても、それは明らかだ。
 サポーターは、フラストレーションを感じていることだろう。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。