« マリノスの見事な補強手腕 | トップページ | 柳沢のウイング起用 »

優勝杯への大きなチャンス

2002/04/27(土)

東京発(4月27日):ワールドカップが近づいてきた。それは弱小チームにとってはナビスコカップ優勝という願ってもないチャンスが出てきたという事だ。
ナビスコカップ予選は今週土曜日から始まる。16のチームが4つのグループにわかれ、5月12日にかけて総当たりのリーグ戦を行い、それぞれのグループの上位2チームが9月に行われる準々決勝に進出する。

弱小チームにとってのチャンスとは、強豪チームはベストメンバーで戦えないと言う事だ。例えば、鹿島アントラーズやジュビロ磐田の主力選手達は、来週のキリンカップの日本代表としてスロバキア、ホンジュラスとの試合に備えチームを離れている。
弱小チームにとっては、強豪チームを破ってベスト8に進出する大きなチャンスなのだ。

アントラーズからはGK曽ヶ端準、MF中田浩二、小笠原満男、そして、FW鈴木隆行、柳沢敦の5人が、そしてジュビロからはDF田中誠、MF服部年宏、福西崇史が、また昨年のナビスコカップ覇者の横浜Fマリノスに至っては、DF中沢佑二、松田直樹、MFトリオの奥大介、中村俊輔、波戸康広が代表チームの参加の為に出場できない。
こうした主力選手達の欠場は、ガンバ大阪やベガルタ仙台といったチームを優勝候補に押し上げる事になるに違いない。

今シーズンJ1へ初の昇格を果たしたベガルタ仙台は快進撃を続け、7試合を終わった段階でリーグ3位という好成績を残している。
ベガルタ仙台は土曜日にグループAの1回戦を鴨池競技場でジュビロと対戦するが、出場できないのは日本代表候補で、ここまで5ゴールをあげている山下芳輝の一人だけである。

現在4位のガンバは代表チーム主将の宮本恒靖が出場できない。しかしチームの柱である宮本が不在でも、戦力的にはナビスコカップを制する力は充分持っている。

浦和レッズからは代表チームに呼ばれた選手はいない。現在得点王で絶好調のブラジル人プレーヤー、エマーソンに率いられ、グループDを勝ち抜くチャンスは大きいだろう。

弱小チームにとっては、ナビスコカップで強豪チームを破る絶好のチャンスである。
それこそ1992年にリーグが発足して以来の絶好のチャンスなのではないだろうか。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。