« ブレーク間近のもう一人の「ONO」 | トップページ | トニーニョ・セレーゾに聞くシーズン展望 »

ジェフの新指揮官 ドクター・ベングロシュ

2002/02/28(木)

 ドクター・ジョゼフ・ベングロシュは、日本での短い滞在中、広報活動には勝利した。
 しかし、これからの課題はさらに困難となる。ジェフユナイテッド市原の前任監督、ズデンコ・ベルデニックの素晴らしい業績が相手となるからだ。
 今月66歳になるベングロシュは、クラブ・チームと代表チームの両方で錚々たる実績を築いてきた。

 2回のワールドカップでかつてのチェコスロバキア代表を指揮し、90年のイタリア大会では準々決勝に導いた。また、ヨーロッパ選手権でも2度、チェコスロバキア代表を指揮し、1976年のベオグラードでは、スデニック・ネホダ、マリアン・マスニー、アントニン・パネンカといった名選手達を擁して大陸王者にもなった。

 クラブ・チームでは、1990年代にアストン・ビラ、フェネルバチェ、グラスゴー・セルティックスなどを指揮し、現在は千葉県のローカル都市で、洗練されているとは言い難いJリーグのチームを指揮しようとしている。

 ジェフユナイテッド市原の監督に就任してから数日後、この人当たりの良いスロバキア人の監督は一群の報道陣との懇談で、これから指導する選手達の名前とニックネームをよどみなく並び立てた。
 「来日前に選手のことは予習していました」とベングロシュは認める。

 「昨年末、監督就任を要請されたとき、何人かに相談しました。そのなかに、ジェフユナイテッドでプレーしたことのある、イワン・ハシェクもいました。もちろん、彼のことは良く知っていますから。ハシェクは、行くべきだって言ってくれました。良い人々がいる良いクラブだ、と」
 「決心したら、ジェフにチームの詳しい資料を送ってくれるように頼みました。仕事を始めるときに、名前をしっかりおぼえておけるように」

 ジェフユナイテッドは昨シーズンの総合順位で、Jリーグの強豪である鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田に次ぐ3位という称賛に値する成績を収めたものの、スロベニア人監督のベルデニックは、選手獲得に金をかけている割には成績が今一つの名古屋グランパスエイトに移籍してしまった。

 そこにやって来たのがベングロシュである。昨年の11月下旬、ベングロシュは日本に滞在しており、アジア・サッカー連盟とUEFAが共同で開いていた上級コーチング・コースを指導していた。
 「昨シーズン、チームは好成績を収めました。私は継続を好むタイプの監督ですので、変更のための変更はしようとは思いません」
 「サッカーではつねに期待が高くなりがちですが、私がお約束できるのは、真面目に、一所懸命、プロとして仕事をするということです。チームには良い成績を収めて欲しいのですが、何位になるかは予測できません。拮抗したチームばかりの戦いですから」

 現時点ではジェフに日本代表の選手はいないが、ワールドカップに出場する選手はいる。スロベニア人のセンターバック、ゼリコ・ミリノビッチと韓国人のストライカー、崔龍洙(チェ・ヨンス)である。
 5月31日のソウルでのキックオフへカウントダウンが進むなか、この二人が代表選手に選出されるのはほぼ確実だろう。

 「ワールドカップは選手にも、国にも、共催する両国にとっても重要な行事であり、ワールドカップ前のリーグ戦について選手がどのように感じているかは、わかっています」とベングロシュはさらに語った。
 「クラブでのハードなトレーニング、ハードなプレーをワールドカップの準備と両立させなければなりません。クラブでのプレーが代表チームへの良い準備となることを、選手は理解しなければなりません」

 Jリーグの新たなシーズン、ベングロシュの最初のテストの場となるのは、日曜日、昨シーズンのJ2チャンピオン京都パープルサンガとのホームでの試合である。
 選手達が監督のように余裕と目的意識を持てれば、ジェフはベルデニックの輝かしい業績のあとも、順位表の上位に居続けることができるだろう。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。