« ブラジル人選手からの悪しき影響 | トップページ | 歴史を刻んだバロン »

変わらなければいけない天皇杯

2001/12/30(日)

 天皇杯とは本当に真の王者を決める為の物なのか、それともそろそろ再編を考えなければならない物なのだろうか…。
 もちろん、それは前者であるべきなのは間違いないが、この12月の大会を見ているとどうも後者のように思えてならない。

 今年で81回目を迎える日本サッカー協会の最大イベント、天皇杯はイングランドより贈られたトロフィーをめぐって毎年行われる。
 しかし、日本の天皇杯と本家イングランドのFA杯が似ているのはその1点だけだ。イングランドのFA杯は全英はもちろん世界中からショックと驚き、そして熱い情熱をもって注目を浴びる。

 一方天皇杯はどうだろう?
 どうやら誰もあまり気にしていないようだ… 出場するチームでさえも…
 長いリーグ戦が終わった後、全国で行われる予選を勝ち抜いて各県から1回戦を闘う為にチームが集まる。
 所謂トップチームと呼ばれるチームはイングランドと同様、3回戦からの参戦となるが、大学チームと対戦する事も珍しくない。

 今年は16のJ1チームのうち、6チームが3回戦で早々と敗退した。それを誰もが悔しがるでもなく、選手自身でさえも早めのクリスマスと正月休みで、来シーズンのトレーニングが始まる1月中旬までの良い骨休めだと考えているらしい。
 Jリーグ以外からは、佐川急便がただ1チームが4回戦に進出した。彼らの4回戦の対戦相手は来季からJ2落ちするセレッソ大阪で、アマチュアチームがベスト8入りする可能性もあると思われた。

 果たして全国のサッカーファンはアマチュアチームの快進撃への期待に胸を躍らせただろうか?
 否である。 名古屋近郊の豊田スタジアムで行われた試合にはたった2,042人しか集まらなかったのだ。 この集客の悪さが天皇杯のもう一つの問題点だ。

 1回戦から決勝までのスケジュールは天皇杯の始まる前には決められ、会場もサッカーをより宣伝する為に全国で行われる。
 それぞれのラウンド後の抽選も行われる事なく、イングランドのように、マンチェスター・ユナイテッドか、マンスフィールド・タウン?会場はオールド・トラッフォードかフィールドミル?と、テレビやラジオの前で次の対戦相手がどこかと息を呑むファンの姿もない。

 日本のそうしたトーナメント組み合わせの方法は時として奇妙な状況を生む。2〜3年前だっただろうか、ヴェルディとフロンターレの間で行われた初の川崎決戦はなんと遠く離れた熊本で行われたのだ。
(偶然にも、彼らは今年の準々決勝で対戦、東京スタジアムで行われたにも関わらず、収容人員の50,000人に対して観客数はたった8,000人だった。)

 また、今年の準決勝の浦和レッズはホームスタジアムの埼玉スタジアムでセレッソ大阪と対戦した。日本サッカー界の頂点を決める大会でこうした会場選定が行われていいものだろうか。

 唯一天皇杯が救われているのは、決勝が1月1日に行われている事だろうか。1月1日は日本のスポーツ界にとって最も重要な日だ。だからといって天皇杯がもっと注目され、もっと意味のある大会になるよう、一から見直す必要がある事には変わらない。
 なんと言ったって、別の皇室行事が皇居で行われる為、天皇陛下のお出ましもないではないか。

固定リンク | | コメント (0)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。